Advertisement

11desktopweb

フォトショップなどでのデザインが発達するにつれて、個性的なウェブサイトが多くなっています。

デスク環境をそのままデザインしてしまうテクニックも人気のひとつです。

ウェブデザインの2009年のトレンドを紹介した、「知っていそうで知らない、トップウェブデザイナーになる為の20の方法」の9番目で触れています。

「じゃあ、実際はどんなデザイン?」という質問の答えになりそうなサンプルデザインをまとめた記事「Desk Environment Layouts」を今回はご紹介します。

どのレイアウトもデザインのアイデアになりそうなものばかりです。

今回はその中でも特に印象的なデザインレイアウトをいくつかご紹介します。

レイアウトの全体を見ると統一感があり、インパクト大ですよ。

 

詳細は以下から。

 

System Six Desk Design

システム手帳を机に広げたようなデザインになっています。

周りの背景デザインもフルーツや、さいころなどがあり、遊び心も満点です。

Desk01

こちらが全体レイアウトです。

大画面モニターで閲覧したときのみ表示されるデザインって、なんか魅力的に感じませんか。

f7c854202a0378b3ff8da91171ad3691

 

 

Desk Portfolio

どこか自分のデスクトップにもかぶるのですが、年季のはいった机の上をデザインしています。

影も上手に加えられていて、とても立体感があります。

Desk04

こちらが全体レイアウトです。

本当に机で作業しているような気分になるくらい、リアルにデザインしています。

お好みのものをデザインに加えていく貼り絵感覚もすきです。

portfolio_layout_12_by_pame

 

 

Classical Desk

こちらのレイアウトは、古いボロボロのテクスチャをふんだんに使い、レトロデザインに仕上げています。

少し読みにくい気もしますが、デザイン力には脱帽です。

Desk05

全体図でレイアウトを見てみると、デスクトップに光が反射している様子なんかまで再現されていますね。

覚えておきたいテクニックのひとつかもしれません。

classical_desk_by_icedbeats

 

 

Desk Layout #8

友人との写真など、自分の好きなものをデザインに加えることができます。

ノートを背景画像として、テキストをその上に表示する方法は流行のひとつともいえますね。

Desk08

いつも身近にあるものでデザインしてみました感が、好感持てます。

カセットテープに、レコード盤、自分で書いたグラフィティなどなど。

きっと音楽をこよなく愛している人のページでしょうか。

fubzenshit_rec_by_zmash

 

 

Spring Blog

ブログサイトのデザインも多様化してきています。

見やすいだけでなく、他のサイトとは違う「なにか」を加えることで、自分のブログのブランド化を図ることにもつながります。

Desk09

シンプルだけど、インパクトのあるウェブレイアウトになっています。

ひとつずつの記事も余白をたっぷり開けてあり、読みやすいです。

spring_blog_by_nelzonhun

 

 

Desk Layout #10

黒系のものだけを使ったデザインの一例です。

これまでに紹介してきたものとは少し違い、スタイリッシュでモダンな印象に仕上がっています。

Desk10

男性が好みそうな「黒」で統一されたデスクトップレイアウトです。

自己紹介ページをこのようにデザインすれば、自分のキャラクター性も読者によく伝わるかもしれませんね。

2b34e0232802b3215f07180740be31ad

 

このように今まであまり見かけなかったウェブレイアウトになっていて、参考になります。

これらのデスクトップ系ウェブレイアウトの共通点は、

・ウェブサイトの本文を紙やノートに直接書いているようなデザイン

・身近にある何気ないもの、またはお気に入りのものなど特にルールなし

参照元にはこのほかにもさまざまなデスクトップ環境をデザインしたウェブレイアウトを紹介しています。

よろしかったら、あわせてどうぞ。

 

[参照元 : Desk Environment Layouts – HV Design]