チュートリアル

181~192件(全327件)

article placeholder

フォトショップで幻想的にぼんやり光る文字を作る方法

今回ご紹介するのは、つきの光に照らされてぼんやりと輝いている様な文字を作る方法をご紹介します。フォトショップのレイヤースタイルを使うだけで作成することができるので、一度作って「レイヤースタイル」を保存しておけばいつでも使うことができて便利ですよ。
article placeholder

フォトショップで暗闇に光り輝く3D文字を作る方法

今回は、暗闇で光輝く3D文字を作る方法をご紹介します。3D文字は「Xara3D」という気軽に3D文字を作ることのできるソフトウエアを使いますが、今回はサンプル文字を用意していますのでそちらを使用してもらえば誰でも簡単に光り輝く効果を作り出すことができますよ。
article placeholder

フォトショップで炎が出ている文字を作る方法

今回のチュートリアルは、フォトショップで高温の炎が文字から出ているエフェクトを作る方法をご紹介します。手順はいつもより長めですが、ハイクオリティーな文字を作成することができます。自分の思い通りの文字で作成することが可能ですのでいろいろなデザインに応用することができますよ。
article placeholder

フォトショップで本物以上のナンバープレートを作る方法

今回は、フォトショップで本物とそっくりなナンバープレートを作る方法をご紹介します。このチュートリアルでは自分の作りたい文字をナンバーにすることが可能です。簡単なステップのみでデザインすることができるのでフォトショップ初心者のひともぜひチャレンジしてみてください。
article placeholder

フォトショップでシルエットからダイナミックな光が差し込む方法

今回はシルエットからダイナミックな光が差し込む方法をご紹介します。これを覚えれば自分のデザインしたロゴを使ってデザインすることも簡単にできます。フォトショップの「フィルタ機能」を使うことによって、ユニークなライティング効果を得ることができますよ。
article placeholder

フォトショップで本物そっくりの道路標識を作る方法

今回のチュートは、フォトショップで町のいたるところに立っている道路標識を本物そっくりに作る方法をご紹介します。背景の青空もフォトショップで作りますし、一度作り方を覚えてしまえば、どんな形や色の道路標識でも簡単に作ることができるようになりますよ。
article placeholder

フォトショップで爆発しているカラフルな文字を作る方法

今回は、暗闇で爆発しているカラフルな文字をフォトショップで作る方法をご紹介します。ステップ通りに進めていけば、自分の好きな色の文字を作成することができます。自動的に効果を加えてくれるフォトショップの「フィルタ機能」を多用していますので、フォトショップ初心者のひとにもおすすめのチュートリアルです。
article placeholder

フォトショップで布生地にバッジを縫いつける方法

今回のチュートリアルは、洋服などのファブリック生地にバッジを縫い付ける方法をご紹介します。特に難しい部分もなく基本的なやり方だけなのでフォトショップ初心者の方にもおすすめです。どんな形状のバッジでも作ることができるので自分の好きなロゴなどでも挑戦してみてください。
article placeholder

フォトショップで緑の芝生に文字を描く方法

今回のチュートリアルは、フォトショップで緑の芝生に文字を描く方法をご紹介します。芝生の画像などは一切使わずに、すべてフォトショップのみで作ることができ、どんな文字でも描くことができますよ。特に難しい技術は必要としないので、Photoshop初心者のひとにもオススメしたいチュートリアルです。
article placeholder

フォトショップで黄金に輝く3D文字を作る方法

今回のチュートリアルは、フォトショップで黄金に輝く3D文字を作る方法をご紹介します。画面から飛び出てくるような効果はインパクト大ですが、簡単なステップのみで完成させることができますよ。太字のフォントであれば、うまく表現できると思いますので皆さんも試してみてください。
article placeholder

フォトショップでハイレベルなライティング効果を作り出す方法

今回のチュートリアルは、Photoshopのレイヤースタイル「光彩」などでは表現することができないハイレベルなライティング効果を作り出す方法をご紹介します。どんな背景に合わせる事ができるので、デザインをする際に覚えておくと効果的なインパクトを与えることができます。
article placeholder

フォトショップで水滴で出来た文字を5分で描く方法

今回のチュートリアルは、5分でフォトショップで簡単に水滴が付いたような文字を描く方法を紹介します。本当に水滴で作られているのでは思うほどよく出来ており、水滴の形や大きさなども自分の好みどおりに作ることができますよ。