interview with

Daniel Semanas

ブラジル人グラフィック・デザイナー、ダニエル・セマナスの魅力にせまる特別インタビュー

オリンピック開催までもう少しのブラジルを拠点に活動する、グラフィックデザイナー ダニエル・セマナス(Daniel Semanas)。多くのクライアントを抱えながら、個人の制作活動にも積極的な彼の仕事術についてインタビューしました。
繊細なディテールを大事にする、手書きスケッチを得意としたスタイルは、彼の少年時代に世界的一大ブームとなった、日本のマンガやアニメ文化の影響を大きく受けているそう。アニメーション動画を早くから取り入れることで、手書きとアニメーションといったユニークな組み合わせが、独自の世界観を描いています。
そんなダニエルさんの、働き方や愛用しているツールなどを聞きました。


PhotoshopVIP へようこそ。これまでにも何度も質問されていると思いますが、あなたの経歴について教えて下さい。

こんにちわ、まずこのインタビューをありがとう。
私は、1987年にブラジルのサントス(英: Santos)で生まれました。小さな頃よりいつも絵を書いたり、漫画を見るのが大好きだったので、イラストレーターになると決めることは、あまりむずかしい決断ではありませんでした。また幼少期からイラストやアニメーションに関係する仕事に就きたかったこともあり、多くの時間をデザインスキル向上に費やしてきました。
大学ではグラフィックデザインを専攻し、アニメや漫画以外のスタイルを学ぶきっかけとなった、多くのアーティストや友人に出会いました。大学卒業後は、研修生としていくつかの小さなデザインスタジオで働いていましたが、広告デザインのディレクションで知られている Cisma(vimeo.com/cisma)から突然声が掛かり、多くのコンテンツ制作を依頼されたことで、私のグラフィックデザイナーとしてのキャリアがはじまりました。

未発表の新作アートワーク。手書きの自然な温もりを大事にする、細部にまでこだわり抜く作品の数々。

作品を見ていると、面白いアニメーションを利用したものがあります。デザインのインスピレーションや参考にしているものは何ですか?

アニメーションのつくり方をずっと学びたかったのですが、当時わたしの地元にはアニメーションに特化した、専門コースなどはありませんでした。
そのため独学で学ぶしか方法はなく、高校生活の放課後はいつも Flash をつかって、テレビなどから影響を受けた、さまざまなアニメーションの作成にすべての時間を費やしました。そのときに作成した作品はどれもアマチュアですが、どのようにアニメーションを作成するのか基本を学ぶことができたと思います。
その頃のことをいま思い返すと、いつも解決方法を自分で見つけなくてはならず、たくさんのアニメーションを学ぶきっかけになったので、専門コースを取らないという選択は良かった気もします。

独学で学ぶしか方法はなく、高校生活の放課後はいつも Flash をつかって、テレビなどから影響を受けた色々なアニメーションの作成に、すべての時間を費やしました。

作品のなかには、日本の漫画のようなスタイルが見受けられます。どのように影響を受けたのですか。

もちろん!覚えているのは、子供のころに父親が映画 AKIRA のビデオテープを借りてきたのが、日本の漫画とのはじめての出会いで、今でも AKIRA は自分のデザインに影響を与えている作品のひとつです。その当時、あのような描写スタイルは今まで見たこともなく、夢中になってしまいました。
また同時期、90年代のはじめはブラジルで日本のアニメが一大ブームとなっており、まずはじめが聖闘士星矢で、国民的フィーバーが長い間続きました。
ブラジルのこのブームによって日本文化への扉がひらき、天空戦記シェラトや幽遊白書、そのあとにドラゴンボール、ポケモン、エヴァンゲリオンなども大好きでした。子供の頃にこれらの漫画に影響を受けたことが、間違いなくアニメーションを作成するときのコンセプトにもなっています。

未発表の新作アートワークその2。配色だけでなく、圧倒的なデッサン力が伝わる作品。

これまでにも MTV などの大企業とのコラボレーションを成功させています。素晴らしい作品を作成するのはもちろんですが、その他にデザイナーとして恩恵を受けていることはありますか。

MTV はとても実験的で、制作に関しては完全に自由だったため、新しいアニメーションテクニックを試すよい機会となりました。制作費、開発期間ともにタイトだったこともあり、いつもとは違う考え方で、経費削減を検討したアニメーションを作成するという、とても刺激的な体験となりました。
MTV との契約がきっかけとなり、AnnaBee.log というアニメーションプロジェクトを手掛ける機会を得ることもできました。インターネット中毒の少女のストーリーで、ミニシリーズとしてMTVチャンネルのCMコマーシャルの間に、每日放映されるというチャンスにも恵まれました。
これらのプロジェクトによって、オリジナル作品が広く知られるきっかけにもなったことに、とても感謝しています。

image
Annabee.log

独自のデザイン方法があると思いますが、デザイン制作の典型的な流れはどのように進めていますか。制作中にどんなツールを利用していますか。

デザインプロジェクトでは、まずアイデア出しからはじめます。もしアイデアが良ければ、参考になるインスピレーションを見たり、アイデアの雰囲気にあった音楽を聞きながら、そのアイデアをより煮詰めていきます。このあいだに他のアイデアも考えながら、パソコンでグラフィックを簡単に描き、最終的に手書きするときには、プロジェクトのコンセプトやグラフィックのアプローチ方法を、実践的なものへと仕上げていきます。

アニメーションに関しては、Adobe Flash を利用しています。まずは動きのみを捉えたラフなスケッチからはじめ、この時点ではイラストの完成度はまったく考えていません。
わたしのアニメーションスタイルは一発勝負のことが多く、キーフレームを利用したり、シーン別に計画を練ることはなく、ひとつのフレームを描いたら次、描いたら次と、最後のシーンまで描いていきます。こうすることでアニメーションをより流れるような、自然な風合いに仕上げることができます。
アニメーションを書き終えたら、キャラクターの表情やより細かいディテールを一枚ずつ追加しています。最後に Photoshop または After Effects にすべてのフレーム、シークエンスをエクスポートし、エフェクトや質感を加えていきます。

アニメーションの作成をステップごとにまとめた様子。8個のフレームをつなげ、手書きの自然な風合いを残します。

デザインを制作するときに参考にしているインスピレーションを教えて下さい。

もっとも影響を受けているのが、これまでにも伝えていますが日本人アーティストで、大友克洋や貞本義行、桂正和、鳥山明、CLAMP、松本大洋などです。ほかにも Vanya Zouravliov、Moebius、João Ruas、写真家のTim Walkerなど。

もっとも影響を受けているのが日本人アーティストで、大友克洋や貞本義行、桂正和、鳥山明、CLAMP、松本大洋などです。

今後の活動やイベントについて教えて下さい。

ここ2年間は、はじめて制作する私自身のグラフィック小説 Roly Poly にフォーカスを当てています。K-POP ダンス大会に八百長で優勝した、ギャングの少女たちのストーリーです。同じストーリーを異なるアングルから伝える目的で、それぞれの少女ごとに章が分けています。
最初は Phanta という少女で、彼女はダンス大会に出たいが、そのためにはゲームセンターの裏に隠された、地下秘密ドラッグカルト集団に潜入し、少女ギャングのリーダー Kat のためにドラッグを盗んでこなければいけません。

今回はインタビューを受けてくれてありがとうございました。なにか最後に一言、特にデザイナーを目指しているひとにむけて一言あればお願いします。

こちらこそありがとう。まず真似をしたいスタイルを見つけ、参考にするアートワークを見たり、チュートリアルを試してみることで、役立つテクニックを学ぶのにも最適です。しかし覚えておきたいのは、テクニックはただのツールです。このツールを使って何をするのかが本当のチャレンジです。
ときにはシンプルなスタイルで多くのことを伝えることができます。ツールをできるだけ磨くことで、あなたの見ている世界観をうまく紙の上に表現することができるでしょう。そしてそれらの作品は、きっとユニークで本物となるでしょう。

より詳しい情報は、公式ウェブサイト Daniel Semanas からどうぞ。

SPREAD THE LOVE