Advertisement

casa-blair-road

 

シンガポールはアジアの中でも有数の景観を大切にしている国だそうです。

Casa Blair通りに並ぶアパートメントは、シンガポール出身のアーティストOng & Ong 氏がデザインを手掛けました。

アジア出身のアーティストだけに、部屋の所々に竹や緑のコーナーが・・・敷地面積は狭いのですが真っ白な壁とウッドの床に、開放的なバルコニーが家の中心にあり、狭さを感じさせません。また屋上のバルコニーにも注目です。

 

 

気になる記事は以下から。

 

 

Casa Blair通りに並ぶアパートメントの外観です。外壁のデザインがとても華やかです。

casa-blair-road-81

 

 

家の中心に位置する開放的な中庭バルコニー。リビングと床の高さが同じです。まさに外のリビング。

足を伸ばしてひなたっぼっこしたら気持ちいいでしょうね。

casa-blair-road-3

 

 

リビングのローテーブルやソファーはブラックをベースに。

グリーンのビーズクッションや飾られたフォトがアクセントになって癒されます。

casa-blair-road-11

 

 

バルコニー内のダイニングテーブル。外で食べる食事程おいしいものはないでしょう?最高のレストランです。

すっきりとシンプルな空間に、植えられたバンブーがマッチしています。

casa-blair-road-2

 

 

中庭をはさんで反対側のスペースはもうひとつのリビングと、キッチンになっています。カウンターのあるキッチンは時にはバーカウンターにもなりそうです。

キッチンとリビングの間にある階段のデザインも目を引きます。

casa-blair-road-10

 

 

こちらは収納スペースと廊下。狭い家には収納は必要不可欠です。

ここにもバンブーの壁紙が。また床のフローリングの板の幅は普通のものより、太めなものが使われています。これだけで部屋が広く見えますね。

casa-blair-road-5

 

 

ロフト部分はベッドルームです。高い天井には光が漏れる小さな天窓も付いています。

casa-blair-road-7

 

 

窓のデザインがどれも可愛い2階の部屋。壁と同じホワイトで塗られた窓枠を使うことで、景色がさらに明るく感じますね。ホワイトは統一感があり、部屋が広く感じさせます。

casa-blair-road-6

 

 

大きな天窓が明るさをもたらすバスルーム。床と近い位置にバスタブが備え付けられています。

ここから見上げる空は気持ちが良いでしょう。ボーっと雲を眺めて…毎日、長風呂してしまいそう。

casa-blair-road-4

 

 

書斎。ウッドの家具があたたかみがありいいですね。

casa-blair-road-121

 

 

こちらは屋上と部屋をつなぐ入り口でしょうか?もしくは小さな隠れ部屋?スリガラスが使用されている事で中の想像が膨らみます。

casa-blair-road-14

 

 

屋上部分のとっておきスペース。左右のライトも低めの位置にあり、いい雰囲気を出しています。土曜の日が沈んだ後はジンライムを作って、大人ののんびり時間を過ごしましょう。

casa-blair-road-1

 

 

casa-blair-road-13

[参照元:Casa Blair Road by Ong & Ong]