Advertisement

 

直訳すると「模型」を意味するモックアップは、デザインの完成イメージをつかむサンプルのようなもの。

 

たとえば、作成したスマホアプリの画面や、商品のパッケージ、Tシャツのデザイン、文庫本や雑誌のカバー。

 

モックアップなしで商品を作成すると、「なんかイメージと違う」といったクレームに発展し、最悪のケースは最初から作り直しということも。

 

そんな事故を防ぐのはもちろん、完成した作品にほんの一手間を加えることで、まるで使っているようなイメージを湧かせやすいというメリットも。

 

今回は、高品質なモックアップ素材を無料ダウンローできる便利サイト17選をご紹介します。

 

 

 

本当は教えたくない、モックアップ素材の無料配布サイトまとめ

Adobe Stock

Adobe Stockの画像

 

無料で取得できるAdobe IDさえあれば、だれでも無料で利用できるAdobe Stock。7万点を超える素材をダウンロードでき、モックアップも多く揃います。

 

他との一番の違いは、フォトショップやイラストレーターなどのAdobe主要アプリ内で、素材の検索から試し使い、加工と補正、ライセンスの取得まで完結すること。

 

チーム作業では、リアルタイムで必要な人とデータ共有ができ、とても便利。

 

Adobe Stock + CCが最強説。組み合わせたメリットがこちら。

  1. 2億7000万点以上の素材が使える
  2. Adobe Senseiによる検索機能で、欲しい素材がすぐ見つかる
  3. Adobe Creative Cloudのソフトとの連携が可能
  4. チーム作業でのデータ共有がリアルタイム
  5. ロイヤリティフリーで使用制限なし
  6. 商用利用可能 – ダウンロードした画像は、サイトやサービスへ自由に掲載OK

 

とりあえずAdobe IDを無料で取得しておくだけでも良いでしょう。

 

Adobe Stockでは、素材10点まで無料ダウンロード、初月無料キャンペーン(期間中にキャンセルすれば無料のまま)を行っています、気になっているひとはこの機会にアドビの世界を体験してみませんか。

 

Canva

Canvaでもモックアップを作成できます。

https://www.canva.com/ja_jp/features/mockup/

 

フォトショップを使っていないというひとは、オンラインで作業が完結するCanvaがおすすめ。モックアップ素材も充実しており、ドラッグ&ドロップの基本操作で、デザインが苦手なひとでも簡単に作成できます。

 

 

Unblast

UnblastのMockupセクションまとめ

https://unblast.com/mockups/

 

圧倒的で抜群のおしゃれさを誇るunblast。あらゆる場所から手動で集められた厳選コレクションは、どれも超リアルで高品質なものばかり。

 

モックアップで困ったときは、まず覗いてみるとインスピーレーションの参考にもなっておすすめ。

 

 

LS Graphics

LS Graphicsの無料モックアップページ

https://www.ls.graphics/free-mockups

 

まるで手にとることができそうなほどリアルに見せる、品質の高さに定評のあるLS Graphics。はめ込みたい画像やイラストを用意するだけで、あとはフォトショップが自動で行ってくれる便利なアイテムがずらり揃います。

 

 

Mock Up World

https://www.mockupworld.co/all-mockups/

 

世界中から集められたモックアップ、その数3000以上。キーワード検索はもちろん、「iPhone」や「ポスター」などより細かいカテゴリから絞り込むことも可能です。

Mockupworldは定期的に素材をアップデート中

 

 

Graphic Pear

浮遊感や透明感をポイントにした特別なモックアップがたくさん、grahpic pearの画像

https://www.graphicpear.com/

 

アルミ缶や透明のボトル、ふわふわと浮いたコンテナ容器など、あまり他で見かけないモックアップのスタイルが特長。無料会員登録することで、ダウンロードできます。

 

 

Pixeden

Pixedenのモックアップは高品質でユニークなものが豊富

https://www.pixeden.com/psd-mock-up-templates

 

老舗モックアップ配布サイトのひとつで、クオリティとオリジナリティをますます重視した素材が多数用意されたPixeden。こちらも無料サインアップすることで、Freeと書かれた素材を無制限でダウンロードできます。

 

 

PixelBuddha

Pixelbuddhaのモックアップ一覧

https://pixelbuddha.net/mockups

 

デザイントレンドをうまく取り入れた素材を、数多く公開しているPixelBuddha。ロゴを魅力的にするモックアップも多く、文字テキストを編集するだけのお手軽さもポイント。

 

 

Blugraphic

Blugraphicのモックアップページ画像

https://www.blugraphic.com/mockups/

 

400を超えるモックアップ素材がフリーで公開されている優良サービス。ここにしかない限定モックアップも多く、まるで写真のような仕上がりを実現できる素材のみが厳選されています。その他にも、センスたっぷりな素材が多数。

 

 

Free Design Resources

https://freedesignresources.net/category/free-mockups/

 

300種類を超えるモックアップ素材が随時アップデートされているので、ブックマークしておきたい道具箱的サイト。

Free Design Resources のモックアップ一覧

 

 

Graphberry

https://www.graphberry.com/category/mock-ups

 

こちらも300個ちかくのモックアップ素材をあつめたコレクションサイト Graphberry。スニーカーやスケートボードの模型など、PSDファイル形式でダウンロードできます。

Graphberryのモックアップ一覧

 

 

Freebiesbug

https://freebiesbug.com/psd-freebies/mockups/

 

iphoneやMacBookといったガジェット系モックアップが多め。ただし、PSDファイル形式以外にもFigmaとSketchファイルがダウンロード可能できるありがたさ。

Freebiesbusではガジェット系モックアップが充実。

 

 

Mckups

https://mckups.com/

 

600を超えるモックアップ素材が揃い、「アパレル」や「家・インテリア」、「パッケージ」、「ポスター」などのカテゴリに整理されていて便利。フォトショップ用PSDファイルが中心。

 

 

Apple Mockups

https://applemockups.com/

 

iPhoneやMac、iPadなどAppleガジェットのモックアップを集め、無料で公開しているライブラリ。PSDやAiなどさまざまなファイル形式を選択できます。

apple-mockups

 

 

Free Mockup Generator

https://mockups.pixeltrue.com/

 

スマホやノートパソコン、デスクトップをつかったモックアップをブラウザ上で作成できるツール。素材をえらんで、スタイルと色を決め、画像を変更すれば、すぐ完成。フォトショップが使えない、という出先など、いざというときに。

オンラインでガジェット系モックアップを作成できるpixeltrueのmockup generator

 

 

Artboard Studio

https://artboard.studio/

 

オンライン上でモックアップを自由自在に作成できる専用ツール。英語バージョンのみですが、基本リストからアイテムをえらんでドラッグ、この繰り返し。アニメーション付きのモックアップが作成できる機能も。ただし、一部は有料ユーザーのみ。

 

 

 

UiPrint

https://uiprint.co/

 

ウェブサイトやアプリのアイデアを紙に手書きしたいときは、プリント印刷可能なスケッチ用テンプレートをダウンロードしてみましょう。10種類から選ぶことができます。

uiprint

 

 

Printable Mockups

https://alexadam.github.io/demos/printable-mockups/index.html

 

ダウンロードしてそのままプリント印刷できる、さまざまなスクリーンサイズに最適化されたモックアップコレクション。

2-printable-mockups

 

 

 

無料ダウンロードできるモックアップ素材、あつめています。

 

これまでに紹介した、高品質で無料のモックアップ素材の一覧はこちら。

 

「乗りもの」に絞ったモックアップ。車体からタイヤ、ホイールまでカスタマイズできます。

完成したデザインをより魅力的にみせる簡単テクのひとつが、モックアップ素材を活用することです。 イラストなどのグラフィックをPhotoshopで差し替え

 

カテゴリ別にまとめた、最近のフリー素材。

2019年上半期ベストモックアップをセレクトしてから、半年近くが経過したことで、ユニークな新作モックアップが数多く登場しています。 https://photo

 

作成したWebサイトやアプリのデザインをスマートフォンの画面にはめたり、ロゴをパッケージに追加したり、よりリアルなイメージで伝えることができるモックアップ。
デザイナーのアイデアを、立体的に展開したリアルな実用イメージで見てみたい。そんなときは、置き換えるだけで、撮影したような本物そっくりな仕上がりで演出できる、Phot
せっかく時間をかけて完成したデザインなら、より魅力的に演出してみませんか。Photoshopの「モックアップ素材」を利用すれば、ほんの少しの作業で、見た目の印象がグ
完成したデザインを適切に展示、披露するのに便利な、無料モックアップテンプレート素材をまとめてご紹介します。Photoshopで利用できるPSDモックアップは、スマー
※ 2019年2月25日追記: 2019年用の最新フリーモックアップをまとめた別の記事を公開しています、クオリティがぐんとアップして無料アイテムを揃えています。
ブランディング向けプロジェクト案件に便利な、無料ダウンロードできるパッケージ用モックアップ素材を一覧にまとめています。 https://photosh

 

モックアップ素材の編集方法について詳しく紹介しています。

苦労して完成させたデザイン、せっかくならより魅力的に演出したいもの。しかし、面倒なデザイン編集作業もしたくない。 そんなときは、作品イメージをはめ込む

 

 

作業効率アップにはAdobe Stockがおすすめ

実際のところ仕事では、ライセンスの取得やファイルの共有のしやすさに加え、「周りがアドビのツールを使っている」などの理由から、Adobe Stockを利用する機会が増えています。

 

フォトショップ上で素材を探し、気に入った素材を試しづかいで加工し、ボタン一発でファイルを共有。OKサインが出たらそのまま購入、という無駄のない流れ。

 

商用ライセンスつきなので、安心してつかえますし、とにかくライセンスを取得した画像の差し替えや、リアルタイムでのファイル共有など、普段よく行う作業だからこそ効率化したいところです。

 

いまなら最初の1ヶ月は無料で利用でき、素材10点のダウンロード付き。期間中にキャンセルすれば無料のままで、費用は一切かかりません。Creative Cloudも7日間の無料体験トライアルで、すべてのアプリを利用できるチャンスです。

 

 

サムネイル@ : Notable – The Wine Bundle – CreativeMarket