Advertisement

londonsummerhouse1

 

日々の仕事に追われた時間から週末は、ガラリとOFFの時間をセカンドハウスでゆっくりと過ごしたい。

だったらこんな家はいかがでしょう?

ロンドンの郊外にあるサマーハウス。今週は海の日の祝日で2連休、3連休の方も多かったのでは?

夏のまっさかりな暑い週末、かた田舎の涼しい避暑地にある家でのんびり過ごす。

いつもとなんら変わらない大切な人との時間。

けど環境が違うだけで感じる…”極上の、のんびり時間”

 

 

詳細は以下から。

 

 

ロンドンの郊外にあるサマーハウス。ホワイトの外観と内装が夏を感じる。周りの緑も青々。

interior1

 

 

玄関を入ってすぐのリビング&ダイニング?なんだかご近所さんが、ぷらりと来ておしゃべりしたりしたいスペース。

ブルーとホワイトとストライプの配色がサマー。

何気なくシャンデリアも、ひまわりなのが遊び心を感じる。

interior21

 

 

ひとつひとつのキャンドルに火をともして使う照明。普段は手間を考えるけど、のんびりな空間ならではの癒しの照明。

interior31

 

 

ロッキングチェアーに揺られて昼寝。アンティークならではの”きしみ音”が心地良さそう。

interior4

 

 

こちらはメインリビングへの入り口。ドアとフロアは自然な色の木目をチョイス。

暖かさとカントリーな雰囲気に。

interior6

 

 

洗濯場兼、洗面台。どことなくアンティークさを残しつつ、使い勝手が良さそう。

interior7

 

 

古い木のチェスト。ここで昼寝をするのは現在何代目だろう。

interior8

 

 

ゲストルームのベッド。サーモンピンクとホワイトの配色が安心感を与える。

interior9

interior102

 

 

ゲストルームからの眺め。ロミオが登ってきそうです笑。

interior112

 

 

子供部屋。小さなスペースだけどリトルプリンセスには最高の隠れ家♪

interior12

 

 

子供部屋にそなえつけの暖炉スペース。夏の間はおもちゃ置き場に。

interior13

 

 

バルコニーから緑の景色を眺め、鳥の声に耳を預ける。

都会では聞こえない音が聞こえてくる。

interior141

 

 

ラジオから聞こえる天気予報は晴れ。明日までは、ここに居られる。よかったな。晴れで。

interior15

 

[参照元 : Desire to Inspire]