Advertisement

colourisesg

 

古い白黒写真をディープラーニングの技術を使い、自動でカラー化してくれるウェブサービス「ColouriseSG」が公開されていたので、今回はご紹介します。

 

このサービスを利用すれば、ボタン一つクリックするだけで、お好みのモノクロ写真をオリジナルの色使いで表現することができます。

 

 

ColouriseSGとは?

 

ColouriseSG は、2019年1月に開催されたハッカソンイベントに参加したGovTech Singaporeによって開発された、白黒写真の自動カラー化ツールです。

 

カラー化したい白黒写真をアップロードすると、ほんの数秒で自動的に写真に色付けを行ってくれます。ただし、この色付け作業でのポイントは、もっともらしい色で画像を生成するため、カラー化された画像が正確に色を表現していることを保証するものではありません。また、このサービスは現在も開発が続けられているベータ版のため、うまくカラー化できない写真もあります。

 

colourisesg-sample

 

 

ベータ版のサービスですが、それでも色の再現精度はかなりのものと言えるでしょう。では、実際に以下に用意したモノクロ写真をカラー化してみましょう。

hannes-wolf-93075-unsplash

‘Heart of the Andes’ by Hannes Wolf. Image via Unsplash

 

そして、こちらがカラー化された写真との比較画像。肌の色はもちろん、メガネのフレームや髪の毛一本一本まできれいに色が再現されているのが分かります。

colorized-image-comparison-1

 

 

19世紀の終わりに起こった世界的な大不況(英: Great Dispression)時に撮影された、有名な写真も見事にカラー化することができました。

colorized-image-comparison-4

‘Destitute pea pickers in California. Mother of seven children. Age thirty-two. Nipomo, California’. Image via Library of Congress

 

 

その他にも古い白黒写真をカラー化したサンプル例は以下の通り。どれも鮮やかで本物そっくりな、オリジナルカラーで再現することができました。

colorized-image-comparison-5

‘Sleeping Sickness Commission photos’. Image via Wellcome Collection

 

 

こちらの写真を試してみたところ、シャツの色合いがあまりうまく再現されていません。しかし、灰色のシャツや水玉模様のネクタイもきちんとカラー化されています。

colorized-image-comparison-2

‘Sir Henry Solomon Wellcome. Photograph by Lafayette Ltd’. Image via Wellcome Collection

 

 

古いモノクロ写真が撮影された、当時の情景が見事に甦る楽しいサービスではないでしょうか。サービス開発の詳細も公開されており、ディープラーニング技術が今後もますます進化することが期待されています。

 

先述した通り、このサービスはベータ版となるため、期間限定での公開となるようです。ただし、ただしサーバー使用量に応じて延長する予定となっています。

colorized-image-comparison-3

‘Bull Run, Va. Ruins of railroad bridge at Blackburn’s Ford’. Image via Wellcome Collection

 

参照元リンク : Colourise your black and white photos – ColouriseSG