Advertisement

lightroom25-top

[fancy_box]海外デザインブログVandelay Designで公開された「25 Beautiful Free Lightroom Presets to Enhance Your Photos – Vandelay Design」の著者 Steven Snellより許可をもらい日本語抄訳しています。[/fancy_box]

 

Adobe Lightroomはこれまでプロの写真家を中心に利用されているツールでしたが、最近では使いやすくなった機能が人気で、よりデザイナーや趣味にも利用者が増えています。魔法のような機能、ツールが満載のPhotoshopと比べると、イメージ写真の管理が圧倒的に楽な点がLightroomの代表的なポイントです。

 

プロの写真家は、大量の写真を所有し、それらを管理することはワークフローにおいて重要です。Lightroomを使うことで、撮影するたびに増えていく写真をカタログやコレクションを作成したり、キーワード検索、レーティング機能、フラッグや色付ラベルで自由にオーガナイズすることができます。

 

 

psvspl

 

Lightroomの他にも優れている点は、編集作業のスピードです。Lightroomはプロアマ問わず多くのユーザーの意見・要望を反映しており、より多くの素材をできるだけ短時間で編集できます。そしてその編集時間をより短縮してくれる方法が、Lightroomのプリセット機能を利用する方法です。

 

Lightroomにおけるプリセットは、Photoshopのアクション素材と同じ機能です。PSアクション素材の場合、スタイルが適用されるまで時間がかかってしまうこともありますが、Lightroomはメタタグ設定をいじるだけなので、ほぼ一瞬でプリセットが反映されます。

 

 

海外デザインブログVandelayDesignで、ダウンロードしておきたい高品質なLightroomプリセットをまとめたエントリー「25 Free Beautiful Lightoroom Presets to Enhance Your Photos」が公開されていたので、今回はLightroomの基本的な使い方やプリセットのインストール方法と一緒にみていきます。

 

 

 

Adobe Lightroomとは?

 

Adobe公式ページを見てみると、以下のように説明されています。

 

Adobe Photoshop Lightroomは、デジタルカメラ、特にデジタル一眼レフカメラを使用するすべてのフォトグラファーをサポートするオールインワンソフトです。フォトグラファーが必要とする機能に絞り込み、プロアマ問わず多くのユーザーの意見・要望を反映したRAW現像機能やインターフェースは、プロ写真家のみならず、デジタル一眼レフカメラで撮影する多くのフォトグラファーから直感的で使いやすいと好評を得ています。

 

 

Adobe Lightroomの基本的な使い方

 

公式サイトでは、基本的な使い方を6回にわけてビデオ動画で詳しく解説されています。日本語字幕もバッチリ表示されているだけでなく、重要なポイントを的確にまとめているので、全体の流れを掴みたいときには特にオススメです。

 

[list type=”star”] [li]ファーストステップガイド: デジタル写真を管理する – Adobe Photoshop Lgithroomチュートリアル[/li][/list]

 

ステップ1 写真の整理:カタログに読み込む

 

 

サンプルファイルが用意されているので、より実践的にLightroomの使い方をステップごとに学ぶことができます。

 

 

 

ステップ2 カメラカードから写真を読み込む

 

 

お手持ちのカメラで撮影したイメージ写真の読み込み、インポート方法をまとめたステップ。

 

 

 

ステップ3 Lightroomパネルの各種機能を活用する

 

 

Lightroomモジュールの使い方や、モジュールレイアウトの基本、作業エリアのカスタマイズ方法など。

 

 

 

ステップ4 キーワードとコレクションを使って整理する

 

 

キーワードとコレクションにより、お気に入りの写真を分類、検索、管理しやすくなります。

 

 

 

ステップ5 元に戻せる方法で写真を調整する

 

 

Lightroomで写真を編集すれば、画像に手を加えない非破壊編集なのでいつでも元に戻すことができます。

 

 

 

ステップ6 書き出しの基本

 

 

編集した写真を友人と共有したり、ハードディスクに保存したり、PDFブックカバーを作成したりと豊富な書き出し機能をりようできます。

 

 

 

番外 Lightroom mobileでお気に入りの写真をいつもそばに

 

 

Lightroom mobileを使うとiPadで画像を編集、整理、共有できます。モバイルで行った編集は、デスクトップのLightroom 5と自動的に同期します。

 

 

この他にも公式ページでは、Lightroomの使い方チュートリアルが公開されています。

pl-tutorial

[list type=”star”] [li]Lightroom使い方チュートリアル – Adobe Photoshop Magazine[/li][/list]

 

 

また現在Adobeでは、PhotoshopとLightroomの2アプリを毎月980円で利用可能な、フォトグラフィプランも用意されています。1ヶ月無料体験期間もありますので、これを機会に快適なデザインライフをはじめてみてはいかがでしょう。

 

lighroom-price

[list type=”star”] [li]Creative CLoudの価格とメンバーシッププラン – Adobe Creative Cloud[/li][/list]

 

 

 

Lightroomの覚えておきたいショートカット

 

覚えておくと作業効率がグッとあがるショートカットをまとめています。デザイン編集に活用してみてはいかがでしょう。

 

ワークスペース関連

 

[list type=”star”] [li]カタログを開く: Command + Shift + O(Win: Ctrl + O)[/li]

[li]グリッドビュー表示: G[/li]

[li]ルーペビュー表示: E[/li]

[li]比較表示: C[/li]

[li]選別表示: N[/li]

[li]ズーム: Z[/li]

[li]ツールバーの表示・非表示: T[/li]

[li]フルスクリーンプレビュー: F[/li][/list]

 

ライブラリ関連

 

[list type=”star”] [li]クリックコレクション: B[/li]

[li]レーティング機能: 0,1,2,3,4,5[/li]

[li]カラーラベル機能: 6-9[/li][/list]

 

現像関連

 

[list type=”star”] [li]現像に移動: D[/li]

[li]白黒トグル: V[/li]

[li]クリッピング表示: J[/li]

[li]切り取りツール: R[/li]

[li]スポット修正ツール: Q[/li]

[li]オーバーレイ表示: O[/li]

[li]補正ブラシツール: K[/li][/list]

 

 

 

Lightroomプリセットのインストール方法

 

基本的なLightroomの使い方を学んだところで、今回のメインとなるプリセットのインストール方法も一緒にみていきましょう。まずは利用したいプリセットをダウンロードしましょう。.lrtemplateファイルが必要なファイルとなります。お好みのプリセットを選択したら、クリップボードにコピーしておきましょう。

step1

 

メインメニューよりLightroom>「各種設定」(Win:「編集」>「各種設定」)を選択したら、「Lightroomプリセットフォルダーを表示」をクリックしましょう。

step2

 

 

 

表示されたLightroomフォルダをクリックし、「Develop Presets」フォルダを開き、クリップボードにコピーしておいた.lrtemplateファイルをペーストしましょう。

step3

 

 

 

Lightroomを再起動すると「プリセット」>「User Presets」の中にプリセットファイルがインストールされているのを確認することができます。

step4

 

 

 

無料ダウンロードできるLightroomプリセット

 

Free HDR Lightroom Preset

人気の高いHDRエフェクトを再現するフリープリセット。

hdr

 

 

 

OnOne Signature Collection

映画風エフェクトやビンテージ加工など28種類のプリセットを収録しています。

onone-2

 

 

 

OnOne Signature Collection 2

上記プリセットの第2弾で、人気の高いInstagramエフェクトを再現した合計29種類のプリセットを用意しています。

onone

 

 

 

Dragan Effect

迫力のあるポートレイト写真を作成することができるエフェクトが素敵なプリセット。

dragan

 

 

 

Cross Processed Lightroom Preset

ポジフィルムをネガフィルム用の現像液で 処理する現像テクニック「クロスプロセス」を再現したプリセット。
cross-process

 

 

 

Soft Pastel Effect Preset

淡いパステルカラーで演出できるプリセットで、特に風景画やポートレイト写真に最適。

pastel

 

 

 

Elegant Fade Lightroom Preset

エレガントな印象を与えてくれる無料プリセットで、アウトドア系イメージにピッタリです。

elegant-fade

 

 

 

Kodachrome Sample

レトロな色合いが美しい無料Lightroomプリセット。

kodachrome

 

 

 

Free HDR Lightroom Preset

こちらもコントラストを強くしたHDRエフェクトをたのしむことができます。

hdr-2

 

 

 

Landscape Big Sky Presets

空模様を撮影した写真をより迫力たっぷりに表現できるプリセット。

big-sky

 

 

 

Free Matte Lightroom Preset

光沢感をなくしたマットな仕上がりを再現できるプリセット。

matte

 

 

 

Free Vintage Lightroom Preset

古い味わいのあるビンテージ感を表現する無料プリセット。

vintage-preset

 

 

 

Pinhole Photography 2

ピンホールカメラで撮影したような手作り感のある質感がナイス。

pinhole

 

 

 

Free Cinema Lightroom Preset

まるで映画のワンシーンを見ているような、ドラマチックなライティングを可能にしたプリセット。

cinema

 

 

 

Soft and Muted Portraits

幻想的でソフトな印象を与えたいときにぴったりなプリセット。

soft

 

 

 

Motion Preset

motion

 

 

 

Minim Quick Clicks

mcp-1

 

 

 

Mini Enlighten Lightroom Preset

雰囲気のあるモノクロイメージを作成し、ストーリー性のある写真に仕上げます。

mcp-2

 

 

 

Logomography 10

トイカメラで撮影したような赤みの強いコントラストが特徴のプリセット。

lomo

 

 

 

Grainy Matte Effect

ポートレイト写真などに適用したい、マットな質感が素敵なプリセット。

grainy-matte

 

 

 

Vintage Garden

garden

 

 

 

Drama Queen Preset

drama

 

 

 

Free Black and White Lightroom Preset

bw

 

 

 

Free Blue Day Lightroom Preset

ファッション雑誌のような印象を作りあげるプリセット。

blue-day

 

 

 

Autumn Fields

秋を感じる紅葉などを美しく編集する、Lightroom無料プリセット素材。

autumn

 

 

 

写真加工にグッと効く!無料ダウンロードできるPSアクション素材27個まとめ

先日ご紹介したPhotoshop用無料アクション素材も併用し、よりデザインの幅を広げることもできます。

latestaction2014oct-top

 

 

参照元リンク : 25 Free Beautiful Lightoroom Presets to Enhance Your Photos – VandelayDesign