Advertisement

Star-Wars-Drawing

 

なにもない真っ白で、平面のカンバスに、本物そっくりの立体感を持たせて描く、超リアルな手描きスケッチ(英: Hyper-Realistic Painting)。イタリア在住のイラストレーター Marcello Barenghi は、どのようにこれらのスケッチが完成していくのか動画にまとめ、YouTubeで公開しています。

 

 

新しく発表された作品は、連作によるシリーズで、世界的に大人気のスター・ウォーズのキャラクター達を描いています。写真と見間違うほどの光沢感や、影の付け方など、まるで魔法を見ているよう。どれも3分ほどの短いムービーで、いつの間にかキャラクターに生命が吹き込まれていく様子は必見です。

 

 

 

詳細は以下から。

 

 

 

人気YouTube絵師が超リアルなスター・ウォーズのキャラクターを描くムービー

 

まずは毛むくじゃらのチューバッカ。鉛筆だけでなく、エアースプレーをつかうことで、より高度な立体感を表現できるそうです。

 

 

メタリックな光沢感まで見事に表現された、C-3PO

 

 

まるで本当に飛んでいるようなリアル感がたまらない、ミレニアム・ファルコン

 

 

日本でも人気の高いキャラクター R2-D2 も、まるで今にも動き出しそうなほどのリアルさ。

 

 

最新作で登場した、コロコロと走る姿が可愛らしい、新キャラクターの BB-8

 

 

コスプレとしても人気の高い、帝国軍の歩兵「ストーム・トルーパー」。

 

 

そしてさいごはもちろん、スター・ウォーズ作品のアンチ・ヒーロー「ダース・ベイダー」。

 

 

 

公式ウェブサイト、または YouTube チャネルでは、この他にも超リアルな作品が多数公開されています。頭上に固定した定点カメラの映像は、見ているだけでも面白いものばかりです。 こちらも参考にどうぞ。

 

立体感はもちろん、ガラスの透明感まで再現されたリキュール瓶を描きます。

 

 

クシャクシャの紙幣が、紙の上に置かれているようにしか見えません。

 

 

ペットボトルのような大きな容器も、見事に立体感たっぷりに表現する、まさに魔法。

 

 

今にも転がり出しそうなサッカーボール、これももちろん手描きスケッチのみ。

 

 

黄身のツヤツヤ感や、白身に油がついた様子まで完璧に再現しています。

 

 

ゴミ箱に捨ててしまいそうな、お菓子のパッケージも彼の手にかかればこの通り。何気ない日常に隠れた美しさに、スポットライトを当てています。

 

 

こちらはポテトチップスを食べ終わったあとの空の袋。

 

 

スター・ウォーズのキャラクターもすごかったですが、こちらのアイアンマンもさすがです。

 

 

参照元リンク : Marcello Barenghi

参照元リンク : Marcello Barenghi | YouTube