Advertisement

burntpaper_top

 

焼けこげた紙の質感を、デザインに活用したいときに使える、無料テクスチャ素材セット「6 Free High Resolution Textures: Burnt Paper Edges」が公開されていたので、今回はご紹介します。

 

ほんの少しの加工を加えて、まるで本当に燃えてしまったような、紙テクスチャの質感を、表現することができるミニチュートリアルも、ご参考にどうぞ。

 

 

 

詳細は以下から。

 

 

 

まるで焼けこげた質感を表現する、無料テクスチャ素材セット

 

6 Free High Resolution Textures: Burnt Paper Edgesは、高解像度なJPEGイメージファイルと、背景を切り取ったPNGファイルがそれぞれ収録されています。どれも実際に複数の紙を燃やし、スキャナーで読み込ましており、JPEGファイルは300dpiで、大きなカンバスにもフィットします。

 

収録されているテクスチャ素材のサンプルとなります。

 

burnt-paper

 

 

 

テクスチャ素材の使い方チュートリアル

 

STEP 1 まず素材を適用したいデザインファイルに、テクスチャを配置しましょう。

 

13

 

 

STEP 2 ツールボックスより「自動選択ツール」を選択し、不要な部分(燃えてしまう場所)をクリックし、削除します。

 

22

 

 

STEP 3 テクスチャ素材レイヤーの描画モードを「乗算」に変更しましょう。こうすることで、白い部分がすべて透明になります。

 

31

 

 

STEP 4 ペンツールなどを使い、はみ出てしまった部分を囲み、まとめて削除してしまいます。

 

4

 

 

STEP 5 最後にテクスチャ素材の下に、新しいレイヤーを作成し、「ブラシツール」を選択し、描画色「黒」(#000000)で適度にペイントし、立体感を演出したら完成です。

 

5

 

簡単なデザインテクニックで、リアルなエフェクトを完成できるテクスチャ素材で、個人、商用ともに問題なく利用することができる点もポイントです。

詳細情報はこちら

利用に関するライセンスは個人、商用ともに可能となっています。

ダウンロードする

参照元サイト: 6 Free High Resolution Textures: Burnt Papger Edges - Blog SpoonGraphics