Advertisement

backto2013_top

 

新しい年がはじまりました、あけましておめでとうございます。2013年にどんなWebデザインが人気だったのか、トレンドを振り返ってみましょう。

 

 

海外デザインブログCreative Bloqで、昨年特に注目された、Webデザイントレンド10個をまとめたエントリー「The 10 Hottest Web Design Trends of 2013」が公開されていたので、今回はご紹介します。

 

 

 

詳細は以下から。

 

 

 

2013年注目をあつめた、Webデザイントレンド10個まとめ

トレンド1

レスポンシブデザイン

 

2013年に多くのサイトやブログが採用し、もっともインパクトのあった、デザイントレンドではないでしょうか。デスクトップだけでなく、スマートフォンやタブレット端末にも対応するレスポンシブデザインは、モバイル端末の利用ユーザーを考慮した、「モバイル・ファースト」な考えを普及させました。

 

またCSS3のテクニックにより、よりあたらしい可能性をひろげてくれたことで、今後より活用される機会も増えそうです。特にクライアント側からの要望も、増えてくるかもしれません。

 

web1

 

 

[list type=”hot”][li]レスポンシブWebデザインのメリット、デメリット比較まとめ[/li]

[li]無料ではじめよう!レスポンシブ対応のWordPressフリーテーマ素材まとめ[/li]

[li]レスポンシブでRetinaディスプレイ対応、プレミアムWordPressテーマまとめ[/li]

[li]すべて無料!レスポンシブWebデザイン対応のHTMLテンプレート素材まとめ[/li]

[li]Bootstrap利用、高品質&クリエイティブな無料HTMLテンプレート素材まとめ[/li]

[li]完全無料、レスポンシブWebデザイン対応のHTMLテンプレート素材まとめ[/li]

[li]レスポンシブでよりかっこよく。クールなWebサイトデザインまとめ[/li]

[li]効果的なレスポンシブデザイン活用事例Webサイト、ブログ40個まとめ[/li]

[li]動きをたのしむ、面白レスポンシブWebデザイン参考例26個まとめ[/li][/list]

 
トレンド2

フラットデザイン

 

数年前は、リアルな影を表現した、ドロップシャドウエフェクトが、多くのWebサイトで採用されていました。後にCSS3によるシャドウエフェクトをつかい、立体感を演出するテクニックが人気を魅せていました。

 

これまでSkeumorphicデザインを採用していたAppleが、iOS 7でフラットデザインを採用したことで、より多くのWebデザインに影響を与えた、といっても過言ではありません。すこし前から見かけたトレンドですが、ひとつの世界的大企業によって、爆発的な人気となりました。

 

web2

 

 

[list type=”hot”] [li]フラットデザイン誕生の理由 ~今後のデザインプロセスについて2013~[/li]

[li]フラットデザインをより魅力的にする、新スタイルトレンド5個まとめ[/li]

[li]フラットデザインの定番トレンド配色 + お手本Webサイトまとめ[/li]

[li]フラットデザインの参考、具体的サンプルWebサイト20個まとめ[/li]

[li]フラットデザインを取り入れた、プレミアムWordPressテーマまとめ[/li]

[li]フラットデザインに使いたい、厳選フリーフォント素材まとめ[/li]

[li]フラットデザイン徹底ガイド、無料ダウンロードできるPSD素材まとめ[/li]

[li]配色センスで決める、美しいUIエレメント素材まとめ 2013年秋[/li]

[li]シンプルで汎用性のある、アウトライン型無料アイコン素材まとめ 2013年[/li]

[li]トレンドを押さえた、最新フラットデザイン系フリーアイコン素材まとめ[/li][/list]

 
トレンド3

固定ナビゲーションメニュー

 

ページをスクロールすると、ヘッダー部分に固定される、ナビゲーションメニュー。見ているコンテンツ箇所から移動せずに、メインメニューや検索サーチボックスに、アクセスしやすいという利点があります。多くのモダンブラウザが、CSSプロパティposition: fixed;に対応したことも、デザイントレンドを後押しする形となりました。

 

web03

 

 

[list type=”hot”][li]レスポンシブWebデザイン対応、ナビゲーションメニュー人気トレンド2013[/li]

[li]クリエイティブで革新的なナビゲーションメニューデザインまとめ[/li][/list]

 
トレンド4

パララックスエフェクト

 

パララックス効果とは、複数のイメージ画像のスクロールするスピードを調整することで、奥行きのある立体的な空間を生み出す、アニメーションを得意としたエフェクトとなります。

 

1980、90年代のビデオゲームに用いられたテクニックですが、シングルページ完結型のポートフォリオサイトやシングルページなどを中心に、利用されているケースが多いようです。

 

web04

 

 

[list type=”hot”] [li]パララックスエフェクトを使った素敵Webサイトデザイン + チュートリアルまとめ[/li]

[li]パララックスエフェクトを効果的に使った、ミニマルサイトデザインまとめ[/li]

[li]パララックスを極める、WordPressプレミアムテーマ素材まとめ[/li][/list]

 
トレンド5

シングルページ完結型レイアウト

 

ひとつのページにすべての情報、コンテンツを集約したシングルページ完結型レイアウト、通称ペライチ。特に縦長いコンテンツは、ストーリーを伝えたり、商品紹介につかったり、会社のプレゼンテーションなどにも利用されています。上記トレンド「パララックスエフェクト」と、一緒に採用されているケースをよく見かけました。

 

web05

 

 

[list type=”hot”] [li]コンテンツをより魅力的に、フルスクリーン写真を使ったWebデザインまとめ[/li]

[li]アイデアをカタチに、面白シングルページ完結型Webデザイン35個まとめ[/li]

[li]クリエイティブにあそぶ、面白シングルページWebサイトまとめ[/li]

[li]高級シングルページ作成、WordPressプレミアムテンプレート素材24個まとめ[/li][/list]

 
トレンド6

Retinaディスプレイ対応

 

このデザイントレンドは、ハードウェア市場の変化に応じて、開発されています。特にiPhone 5SがRetinaディスプレイ対応となったのを皮切りに、各社とも200ピクセル/インチの高画質ディスプレイを、スマートフォン機種に採用するようになってきています。

 

現在でもRetinaディスプレイにおける、読み込み速度の問題などが、課題となっており、デバイスごとに読み込みイメージ画像を切り替える技術など、これからさらに発展をつづけていくでしょう。

 

web06

 

 

[list type=”hot”][li]レスポンシブでRetinaディスプレイ対応、プレミアムWordPressテーマまとめ[/li]

[li]iPhone 5sを自由にデザインしたい!無料Photoshopテンプレート素材まとめ[/li][/list]

 
トレンド7

タイポグラフィーデザイン

 

英字Webフォントの本格的な普及と、いくつかの大手フォント提供サイトが、デスクトップフォントとのシンクロを強化したことで、これまでにないほど魅力的な、タイポグラフィーを利用したサイトが、2013年には登場しました。

 

またTwitter社のBootstrapフレームワークでは、巨大なタイポグラフィーをつかった、ヘッダーデザインが採用されたことも、よりクリエイティブなフォントデザインをたのしむ、きっかけにもなりました。より雑誌、ポスターなどのプリント媒体にちかいレイアウトが、Webデザイントレンドにも影響されています。

 

web7

 

 

[list type=”hot”] [li]Googleフォントを利用している、参考お手本Webサイトデザインまとめ[/li]

[li]2013年総まとめ!ダウンロードしておきたい、すごいフリーフォント素材まとめ[/li]

[li]商用利用可能、ダウンロードしておきたい筆記体フリーフォント素材45個まとめ 2013年版[/li]

[li]デザインをたのしむ、テキストエフェクト&タイポグラフィーまとめ[/li]

[li]デザインアイデアが湧いてくる、素敵タイポグラフィー作品まとめ[/li]

[li]印刷物の良さを再確認、クリエイティブなプリントデザイン50個まとめ[/li][/list]

 
トレンド8

サークル状デザイン

 

CSS3によるborder-radiusプロパティが、多くのモダンブラウザに対応したことも重なり、サークル状デザインが、あらゆる場所で活用された一年でした。下記サムネイルのように、コンテンツ表示にサークルデザインを、採用するサイトも登場しました。

 

しかし2014年に消えてしまうWebデザイントレンドでも明記したように、<class=”highlight”>使われすぎてしまい、ユーザーが飽きてしまっている、という現状があります。

 

web08

 

 

[list type=”hot”] [li]トレンド「サークルデザイン」の参考、具体的サンプルWebサイト40個まとめ[/li] [/list]

 

 

トレンド9

CSS3アニメーション

 

これまでにないほどダイナミックな、アニメーションを得意とした、デザインが多数登場した2013年。2000年ごろまでアニメーションといえば、Flashでしたが、jQueryなどのJavaScriptが開発されることで、Flashのようなエフェクトを実現してきました。

 

そして2013年は、それらのアニメーションは、CSS3をスタイリングすることで可能となっています。Keyframeプロパティや、Transitionプロパティが、モダンブラウザに対応し、より進化していくテクノロジーのひとつです。

 

web9

 
トレンド10

巨大ボタンデザイン

 

これまでよりも、ややサイズの大きいボタンを採用した、Webサイトやブログが、多く登場した年でもありました。もちろんユーザーの注目を惹きやすいだけでなく、スマートフォンでのボタンクリックもスムーズにするなど、ユーサビリティーを考慮したトレンドのひとつです。

 

ショッピングサイトの購入ボタンや、資料請求用ページや、お問い合わせフォームなど、自然に強調することができます。

 

web10

 

 

[list type=”hot”] [li]クリックしたくなるボタンデザイン、Photoshop無料PSD素材50個まとめ[/li]

[li]高品質デザインを手軽に、フリーPSD素材50個まとめ 2013年1月度[/li][/list]

 

 

2013年のはじめに、2013年に流行しそうな、注目Webデザイントレンド15個を大予想というエントリーを紹介したのですが、たしかに当たっているような気がします。2014年に消えてしまうWebデザイントレンドや、2014年Pantone流行カラーなども確認しながら、どんなデザインが人気になるのか、いまからたのしみです。

 

 

では今年もよろしくお願いします、ありがとうございます。

 

 

参照元リンク : The 10 Hottest Web Design Trends of 2013 – Creative Bloq