Advertisement

2015trend-top

[fancy_box]海外デザインブログDesignModoで公開された「Web Design Trends That Will Rule 2015」の著者 Tomas Laurinaviciusより許可をもらい日本語抄訳しています。[/fancy_box]

 

活気のあるWebデザイン業界は、とても速いサイクルで変化を続けています。ウェブサイト・デザインでは商品を紹介したり、人のつながりを生んだり、ユーザーに機能やサービスを提供したりとあらゆることが可能となりました。

 

 

デザインブログDespreneurで毎週公開しているシリーズ「Inspiring Site of the Week」を通じて、500を超えるWebデザインをレビューしたことで、現在のデザイントレンドや次にどんなモノが流行するのかなどが見えてきました。今回は、2015年に注目したいWebデザイントレンド22個を予想しています。

 

 

今年もどんなデザインが登場するのか今からたのしみですね。

 

 

 

詳細は以下から。

 

 

 

2015年に注目したい、Webデザイントレンド20個まとめ

 

トレンド 1

自然イメージ写真利用の増加

 

高画質な写真素材をロイヤリティーフリーで公開する、フォトストックサイトが2014年にかけて爆発的に増えたことで、2015年もフルスクリーンイメージ写真やイメージスライダーなどに採用されたデザイントレンドが続くでしょう。

 

以下では、写真素材を無料ダウンロードできるサイトを一緒にまとめています。

 

[list type=”star”] [li]まだあまり知られていない!無料写真をダウンロードできるWebサイト9個まとめ[/li]

[li]写真素材を無料ダウンロードできる国内、海外フォトストックサイトまとめ一覧[/li]

[li]あまり知られていない、商用OKな無料写真をダウンロードできるサイト7個まとめ[/li]

[li]完全無料!ロイヤリティーフリーの写真素材をダウンロードできるサイト12個まとめ[/li]

[li]超ハイクオリティな無料写真素材をダウンロードできるサイト9個まとめ[/li][/list]

 

bravepeople-600x400

Brave People

 

 

 

トレンド 2

単色カラーが主流に

 

これからはシンプルで単色を利用したWebサイトを、より見かけるようになるでしょう。たとえば背景やテキスト、イメージ・オーバーレイ、ボタンなどが挙げられるでしょう。単色のみを利用することで、よりアクセントを強調することができ魅力的で、ブランドイメージとも合わせやすくなります。

 

[list type=”star”] [li]ゴージャスなUIデザインを作成する7つのルール[/li][/list]

 

ninesixty-600x357

Nine Sixty

 

 

 

トレンド 3

ビデオ動画背景の利用

 

ビデオ動画をWebサイトの背景に利用することで、ビジュアル面における訴求力がぐっと高まり、イメージ写真では出来ない表現が可能となります。2014年ごろから登場したこのトレンドは、今年ピークを迎えるユニークなテクニックとなるでしょう。

 

[list type=”star”] [li]ビデオ動画をヘッダーに使った素敵Webデザインまとめ[/li]

[li]PhotoshopVIP : 年間ベストエントリー30選 in 2014[/li][/list]

 

born-600x400

BORN

 

startup-600x400

Startup Design Framework

 

 

 

トレンド 4

ユニークなナビメニューの増加

 

基本的な固定ナビゲーションメニューを利用したWebサイトに加え、よりクリエイティブな解決法を見つけたサイトを見かけるようになるでしょう。左右や上下からスライドしたり、ポップアップで表示されたり、イメージ写真を使ったりとさまざまです。サブテキストとアニメーションを一緒に利用することで、よりユニークなブラウザ体験を表現できます。

 

impossible-bureau-600x400

Impossible Breau

 

 

qards-600x400

Qards

 

 

 

トレンド 5

カード、タイル状レイアウト

 

カードやタイトル状にコンテンツを並べたデザインは、2015年にかけて人気になるでしょう。Pinterestを中心に見かけるこのデザイントレンドは、ブログやeコマース系Webサイトなどで見かけるテクニックとなります。

 

firebox-600x400

Firebox

 

 

 

トレンド 6

固定されたコンテンツブロック要素

 

コレまでにもナビゲーションメニューやソーシャルメディア用アイコンなどには使われていたテクニックですが、2014年にかけてWebデザイナーは、サイドバーや他のデザイン要素を組み合わせた新しいテクニックを見せています。今年はよりオリジナル性の高い固定コンテンツブロックが活用されるでしょう。

 

Build-in-Amsterdam

Build in Amsterdam

 

 

 

トレンド 7

繊細な動きのパララックスエフェクト

 

好き嫌いがはっきりと分かれるデザイントレンドで、最近特によく見かけるようになっています。しかしユーザーエクスペリエンスの観点から、過剰なパララックスエフェクトはデザイン、ブラウザ体験のすべてを台無しにしてしまいます。2015年はより繊細なスクロール効果やアニメーションの採用が増え、ユーザーにハイエンドな感覚を味わってもらうことができるでしょう。

 

cherami-600x400

Cher Ami

 

 

 

トレンド 8

縦方向へのスクロール

 

2014年に引き続き、今年もさらにスクロール機会は増えるでしょう。Everybody Scrolls(著: Rebecca Gordon of Huge)などいくつかのリサーチでは、ユーザーがスクロールを好み、また楽しんでいることが分かってきています。

 

さまざまな機能やアニメーションを加えた、縦に長いシングルページ完結型のWebサイトは、よりストーリー性のあるコンテンツとして幅広く利用されるでしょう。

 

drinksmartwater-600x400

Smart Water

 

 

 

トレンド 9

イラストレーションの増加

 

世界的に有名なクラウド・ストレージDropboxでは、イラストレーションを使ったランディングページが印象的です。もちろんこれまでにもイラストレーションはいつもWebデザインに使われてきましたが、2015年はディテールにこだわった美しいイラストを利用が増え、ブランド紹介やストーリを伝えたり、ユーザーとつながるきっかけなどにもなるでしょう。

 

onedesigncompany-600x400

One Design Company

 

 

 

トレンド 10

ビッグデータ、統計の利用

 

テクノロジー業界で騒がれているビッグデータは、Webデザインにおいても同じく重要となってきています。2015年は、グラフやチャートを用いたインタラクティブなデータの魅せ方が増えてくるでしょう。洗練されていて、複雑で分かりにくいですが、美しさでユーザーを惹き込みます。

 

personalbrandinstitute-600x400

Personal Brand Institute

 

 

 

トレンド 11

インタラクティブな商品紹介

 

多くのスタートアップ企業が商品を販売していますが、実際に触れて利用する商品をウェブでうまく伝えることはなかなか難しいかもしれません。しかしながら3Dを駆使したテクニックを利用することで、ユーザーはマウス操作で実際に商品を動かすことができ、より細かいディテールまで確認できるようになるでしょう。

 

deejo-600x400

My Deejo

 

 

 

トレンド 12

フラットデザインの継続

 

2013年ごろ登場したフラットデザインは、瞬く間に世界的なIT系会社に採用され、多くのデザイナーはすでにデフォルトとして利用しています。2015年もフラットスタイルから派生した、新しいトレンドが生まれるでしょう。

 

pennies-600x400

Pennies

 

 

 

トレンド 13

モバイル・ファースト

 

モバイル端末からウェブサイトを閲覧するユーザーの数が劇的に増えていおり、モバイル・ファーストの考えはより強固なものとなるでしょう。レスポンシブデザインは当たり前の機能となり、モバイルユーザーがどうしたらベストなブラウザ体験を送ることができるか、考えなおすときが来ているのかもしれません。

 

mobile-600x394

Medium

 

 

 

トレンド 14

より人間らしさを

 

手書きイラストレーションはこれまでにも活用されてきましたが、基本的にどんなフォントでもサイトに利用できるようになった今、Webデザイナーは手書き風フォントを利用して、より人間らしい印象を与えるよう工夫しています。味気ないWebサイトでは味わうことのできなかった体験を、ユーザーはたのしむことができるようになるでしょう。

 

adventure-600x400

Adventure

 

 

 

トレンド 15

細かいユーザー・エクスペリエンス

 

ユーザーが敬遠しがちなフォーム入力などに、工夫を加えることでよりユーザー・エクスペリエンスを向上させることができます。たとえば以下のサイトでは、苗字を入力すると「Hey There(こんにちは)」と表示され、名前を入力すると「Nice Name(いい名前ですね)」と表示されます。ちょっとしたアイデアを含めることで、ユーザーは驚きとたのしい体験を送ることができるでしょう。

 

virgin

Virgin America

 

 

 

トレンド 16

幾何学デザイン

 

もともと幾何学(英: Geometry)は数学から来ていますが、うまく利用することで退屈になることはありません。美しい幾何学模様やパターンは、2015年により人気が出そうなトレンドのひとつでしょう。

 

letters-600x400

LETTERS, INC.

 

 

 

トレンド 17

巨大&太字タイポグラフィー

 

昨年にかけてオーバーサイズで巨大な見出しタイトルを見かけるようになり、2015年もトレンドは続くでしょう。可読性もよくユーザーにインパクトを与えることもでき、とても目立ちます。シンプルですがパワフルで、効果的なテクニックです。

 

webflow-600x400

Webflow

 

 

 

トレンド 18

コーディング不要のWebサイト制作ツールの増加

 

コーディングを知らなくても直感的にWebサイトを作成できるジェネレーターは、デザイナーやコーダーの仕事を奪いそうなほどの勢いで増えています。2015年はよりGeneratorSquarespaceMacawWebflowFroontなどのツールを利用したハイクオリティなWebサイトを見かけるようになるでしょう。

 

[list type=”star”] [li]人工知能が自動でWebサイトを作成するThe Grid、無料デザインガイドラインPSDキット[/li][/list]

 

squarespace-600x400

Squarespace

 

 

 

トレンド 19

パーソナル・ブランディング

 

パーソナル・ブランディングは今日より重要になっており、デザイナーやエンジニア、ブロガーや起業家起業家などが個人をブランド化することで、より信頼できるWebサイトを構築できます。2015年は、より個人にフォーカスを当てたサイトが増えるでしょう。

 

tobias-600x400

Tobias van Schneider

 

 

 

トレンド 20

マテリアル・デザインの増加

 

Googleによって開発されたデザインガイド「マテリアル・デザイン(英: Material Design)」は、フラットデザインから派生したスタイルで、より洗練され、あらゆるデバイスでの統一感を演出することができます。マテリアル・デザインを採用したサイトはサイトは、今年間違いなく増えるでしょう。

 

[list type=”star”] [li]Googleマテリアル・デザインから学ぶ4つの重要ポイント + 参考UIデザイン、無料素材まとめ[/li]

[li]Googleマテリアル・デザインをはじめよう!参考にしたい無料素材やアイデアまとめ[/li][/list]

 

inbox-600x400

Inbox

 

 

 

トレンド 21

より未来なデジタル体験

 

これからますますテクノロジーを駆使した、インタラクティブなWebサイトが増えてくるでしょう。音を出したり、カメラやマイクにつなげることで、ユーザーの操作に応じてストーリーが変わってくるなど可能性を感じる分野でもあります。

 

echoesoftsunami-600x400

Echoes of Tsunami

 

 

 

さいごに、、。

 

今回ご紹介したデザイントレンドはこれからもますます大きく、人気になっていくでしょう。フラットデザインに巨大な見出しテキスト、高品質なイメージ写真の利用をベースに、2015年もどんな新しいデザインスタイルが登場するのか楽しみです。

 

 

参照元リンク : Web Design Trends That Will Rule 2015 – Designmodo