Advertisement

 

「せっかく良い写真が撮れたのに、背景に不要なものや人が写り込んでしまった。」「シャツにケチャップのしみがついている」「写真にうつった文字を変更したい。」

 

誰ももこんな経験、一度はしたことがあるのではないでしょうか。

 

なぞるだけで写真の不要なものを消すことができる、魔法のようなオンラインツールCleanup.Picturesをご紹介します。

 

人やものなどの被写体、文字テキストなど、あらゆるものを写真から消し去ることができます。

 

 

 

写真の不要なものをなぞるだけで消すことができるWebサービス Cleanup.pictures

 

CleanUp.picturesは、ほんの数クリックするだけで、写真の不要なものを消し、クリーンアップできる無料ウェブサービスです。

 

ものを消すだけでなく、削除した部分を自動かつ、正確に再描画してくれます。

 

操作はいたってシンプル。写真の不要な部分をブラシでなぞるだけで、あらゆるものを消去し、違和感なく背景を再描画してくれます。

 

cleanup-picturesのプロモ画像

 

用意されたサンプル写真をつかって、実際にその効果を試してみましょう。

 

まずこちらの写真。机の上にある三角形の旗を消してみます。

 

ブラシでペイント、若干はみ出してしまいましたが、わずか数秒でこの仕上がり。あたかも何もなかったかのような、自然な仕上がりとなっているのがわかります。

 

 

 

次はこちらの写真。手間にあるペンのキャップをブラシでペイント。一瞬でなくなってしまいました。

 

続けて、鉛筆やコンパスも消してみます。どちらも紙の上にありますが、こちらも違和感まったくありません。

 

 

さらにすごかったのがこちら。ハンドバッグのねじれた部分をペイントすると、見事にねじれが取れています。まさに魔法。

 

 

 

スニーカー全体をブラシでペイントするとどうなるでしょう。

 

 

まるでなにもなかったような真っ白の空白となりました。少しだけ影が残っていますが、ワンクリックでここまでできれば、レタッチ作業が格段はかどりますね。

 

 

服のかかったハンガーを手に持った写真。手元だけをブラシで選択することで、手だけが削除され、ハンガーの持ち手はきちんと描かれています。ショッピングサイトの商品サムネイル作成にも良さそう。

 

 

 

パリの街並みを撮影したこちらの写真。パリの名物でもあるエッフェル塔も、わずか数秒、クリック一発で消し去ることができました。

 

 

 

エフェクトをやり直したいときは、Command/Ctrl+Zで戻ることも可能です。

 


 

 

写真をビフォーアフター比較のまとめがこちら。言われなければ分からないほどの精度の高さを誇っています。

 

cleanup-pictures-1

cleanup-pictures-2

cleanup-pictures-3

cleanup-pictures-4

cleanup-pictures-5

 

 

手元にある写真をアップロードし、編集とも可能で、Cleanup.Picturesは完全無料で利用できます。

 

SamsungのAIラボが開発したオープンソースモデル「LaMa」が使用されており、apcheライセンス2.0のオープンソース。

 

実は以前紹介した、スマホで身の回りのものを瞬間切り抜きできるアプリClipDropのエンジニアチームによって開発されたそう。

 

合わせて利用すれば、デザインの可能性をより広げてくれるでしょう。

スマホのカメラで身の回りにあるオブジェクトを素早く切り抜き、Photoshopなどのデスクトップアプリに直接配置できる、新しいアプリClipDropが登場しました。

 

写真からより柔軟にものを消したいときは、以下のフォトショップによる方法を試してみましょう。

Photoshopで画像から人や物などのオブジェクトを除去する方法は、デザイン制作において重要なテクニックです。しかし、用途に応じてツールを使い分け、除去レタッチ作