Advertisement

 

Photoshopが新しくアップデートしたことで、デザイン制作がより快適になる機能が追加、強化されています。

 

これまでデザイナーにとって悩みのひとつであった、PhotoshopとIllustratorの連携が大幅にパワーアップしたことで、いままで別々に行なっていた、ベクターシェイプ編集をPhotoshopで編集可能な状態でペーストできるようになりました。

 

今回は、どのようなことが可能になったのか、サンプル例をつかって実際に詳しくみていきましょう。

 

 

PhotoshopとIllustratorのベクターデータ連携強化 コピペで編集もラクラクに

 

まずは、Illustratorでお好みのベクターファイルを開きましょう。

 

こちらの素材を使用しました。パスファインダーで作成した複合パスやシェイプ、クリッピングマスクを利用したもの。

 

 

ひとつのロゴ全体を選択し、Command/Ctrl+Cでコピーします。

 

Photoshopを開いた状態で、Command/Ctrl+Vでペースト。すると、ダイアログパネルが表示されるので、「ペースト形式: レイヤー」を選択。

 

 

 

Photoshopでペーストされたファイルを確認すると、新しくグループフォルダが作成され、パスやシェイプごとにベクターファイルとして読み込まれています。

 

 

 

たとえば、レイヤーパネルより任意のベクターシェイプを選択すれば、配色の変更も瞬時に行うことができます。

 

 

 

さらにペンツールに切り替え、Command/Ctrlを押しながらシェイプをクリックすれば、アンカーポイントを自由に編集、削除することも可能。

 

ただし、文字テキストに関しては、ラスタライズされるため編集は不可。Illustratorからの編集性を維持できないときは、リアルな見た目を維持。

 

 

 

コメント機能で共同作業がよりスムーズに

 

デザインの編集が終わったら、クライアントやチームメンバーと共有し、フィードバックをもらいましょう。

 

右上に表示されている人アイコンをクリックすると、制作中のデザインを他のユーザーを編集に招待することができます。

 

また、「リンクをコピー」をクリックすれば、ブラウザでコメントのやりとりや注釈メモの追加を、ブラウザ上で行うことができます。

 

 

 

ブラウザChromeでコピーしたURLリンクを開いた状態。ピンや注釈を追加でき、ペンツールで手描きすることも。

 

追加されたコメントなどの情報は、Photoshopアプリに直接届き、よりシームレスな作業を実現できそうな新機能となっています。

 

 

 

ますます便利で使いやすくなったフォトショップ。その他の最新アップデート機能も含め、よりストレスのない快適な制作を目指しましょう。

本日からオンラインで開催中のAdobe MAX 2021。これに合わせて、待望のPhotoshop最新アップデート版がリリースされました。 より手軽に