Advertisement

 

本日からオンラインで開催中のAdobe MAX 2021。これに合わせて、待望のPhotoshop最新アップデート版がリリースされました。

 

より手軽になったオブジェクトの選択機能や、AI技術で進化したフィルター機能、Illustratorデータとの連携強化、Ipad版でのCamera RAWファイルのサポート、ついにはじまったブラウザ上でPhotoshopを開くコラボ機能など、大幅なアップデートなっています。

 

今回は、最新版Photoshop 2022を実際にダウンロードし、進化したフォトショップの新機能を、サンプル例と一緒に詳しくご紹介します。

 

 

オブジェクト選択ツールの「ホバー選択」モード

 

今回試した新機能なかでも、特に作業効率化を実感したのが、「オブジェクト選択ツール」の大幅強化です。

 

ツールを選択して、被写体にマウスをホバーするだけで、オブジェクトの選択が可能となったことで、より手軽な人物の切り抜きができるようになります。

 

 

 

複数のオブジェクトに対しても、選択ツールがうまく機能しているのがわかります。クリックするだけで選択範囲を追加でき、そのままコピペすれば、無限で増やすことも。

 

 

さらに、レイヤーパネル上で画像レイヤーを右クリック>「すべてのオブジェクトをマスク」をクリックし、しばらく待つと、。

 

photoshop2022-update-3

 

画像のなかからオブジェクト(横断歩道を渡る通行人)を、一人ずつマスクしてくれます。ここでは、21人の歩行者を認識してくれました、すごい。選択範囲を指定する作業が、格段にスピードアップする新機能です。

 

 

 

新しく追加されたニューラルフィルター機能

風景ミキサー

photoshop2022-update-5

ニューラルフィルターリストと FAQ – Adobe

 

2枚の異なる風景画像を組み合わせることで、全く新しいデザインに仕上げることができます。写真の季節を変更したり、撮影時間を夕焼けに変更するなど、クリエイティブなスタイルをボタン一つで体験できます。

 

以下は、実際に写真に「冬の山の風景写真」を組み合わせることで、真っ白の雪が積もったスタイルに。作業は、クリックひとつのみ。

 

 

「アマゾンのジャングル風景」と組み合わせた様子がこちら。背景にもうっそうとした森が出現しました。

 

photoshop2022-update-7

 

「日の入り」スライダーを調整すれば、リアルな夕焼けを手軽に再現できます。ここでは、さらに「秋」っぽさもプラス。スライダー調整のみで、このレベル。

 

photoshop2022-update-8

 

 

色調和(ベータ版)

Adobe Senseiの機械学習を活用し、選択したレイヤーの色トーンを別のレイヤーのものとマッチさせる機能。つまり、2枚の画像を違和感なく合成するときに便利です。

 

試しに以下の2枚を合成、うまく調和してみましょう。

 

photoshop2022-update-12-13

 

まずは、先ほどのオブジェクトの選択ツールのホバー選択機能で、女性モデルをらくらくコピー。合成したい写真に移動させます。

 

やはりこれでは色のトーンが合わずに、不自然な仕上がり。

 

 

そこで活用したいのが、ニューラルフィルターの新機能「調和」です。

 

右側のドロップダウンより、色トーンを合わせたい「背景」レイヤーを選択しましょう。

 

photoshop2022-update-15

 

エフェクトの強さはスライダーで調整でき、トーンカーブのように色合いを個別で微調整することもできます。

 

photoshop2022-update-16

 

加工前と加工後を比較した様子がこちら。完璧とはいきませんが、1分以内の作業時間でできたとは思えない出来栄え。写真加工の時短ツールとしていかがでしょう。

 

 

この記事では、人物写真をフォトショップで加工するレタッチ、合成向けチュートリアルをまとめています。 フォトショップの醍醐味でもある写真合成や、レタッチ
フォトショップは、写真加工に欠かせないデザイン編集ツールです。この記事では、写真加工に強くなるPhotoshopチュートリアルをご紹介します。 フォト

 

カラーの適用

美しく魅力的な写真の色トーンを、別の写真で再現できるフィルター機能。あらかじめ用意されたプリセット、または手持ちの写真を参照することもできます。

 

ここでは、調和フィルターでつかった夕焼けの写真の色トーンに合わせて、写真を加工した状態。

 

photoshop2022-update-18

photoshop2022-update-19

 

 

画像の明るさや彩度を、スライダーで細かく調整できるので、オリジナルとはまったく異なる色合いに仕上げることも可能です。

 

photoshop2022-update-29

 

アクション素材とうまく組み合わせて利用してみても良いでしょう。

※ 2021年8月31日に新しい素材18種類を追加し、合計100個の無料Photoshopアクション素材となります。 ※ 2020年1月6日に新しい素材1

 

スマートポートレイト

人物の表情をガラリと変えることができる、魔法のような「スマートポートレイト」機能。笑顔や年齢、視線、髪の量、照明の向きなどを調整することで、もはや別人に。この写真で試してみたところ。

 

photoshop2022-update-25

 

 

メイクアップを適用

別の画像のメイクアップを再現できる、レタッチ系フィルター機能のひとつ。ここでは、女性モデルを参考にみてみましょう。

 

photoshop2022-update-26

 

 

鮮やかなアイシャドウを塗った女性モデルのメイクアップを適用すると、。

 

photoshop2022-update-27

 

 

見事に目元と口元にメイクアップが自然に適用されました。

 

photoshop2022-update-28

 

 

大幅強化されたニューラルフィルター機能

深度ぼかしフィルター

新しい機械学習モデルが採用されたことで、より自然なボケ味を表現できるようになりました。

 

操作も簡単で、フォーカスを当てたいポイントをクリックするだけで、自動でぼかしが適用されます。以下は、遠くの岩肌にフォーカスを当てた状態。手前の石にぼかしが自動で追加されています。

 

photoshop2022-update-10

 

 

反対に手前に焦点をもってきた状態がこちら。遠くの景色が自然にぼかされています。クリック操作のみの、お手軽な写真加工レタッチテクニック。

 

photoshop2022-update-11

 

 

スタイルの適用

photoshop2022-update-21

ニューラルフィルターリストと FAQ – Adobe

 

新しく葛飾北斎やゴッホなどの技法を再現する、「アーティストスタイル」が追加され、より芸術性の高いクリエイティブなスタイルを手軽に試すことができるようになりました。

 

 

カラー化

より自然な色合いを表現できるようになった「カラー化」フィルター。試しに、こちらの古い写真ではどうなるでしょう。

 

photoshop2022-update-22

 

 

カラー化を適用するだけで、この鮮やかさ。前回より自然な色合いが表現されるようになっています。

 

photoshop2022-update-23

2021年6月に最新版へとアップデートされたPhotoshop(フォトショップ)バージョン22.4.2。 Adobe Sensei のAIテクノロジー

 

 

スーパーズーム

切り抜いた写真が、解像度が低くなって荒い画質になってしまった経験はないでしょうか。この「スーパーズーム」フィルターは、解像度の低下を防ぐために、AIによってディテールが追加されます。

 

photoshop2022-update-30

ニューラルフィルターリストと FAQ – Adobe

この記事では、すごいと話題のフォトショップ新機能「スーパー解像度」の詳しい使い方について紹介しています。 500pxの低解像度の写真に「スーパー解像度

 

 

この他にも、この記事の執筆時には動作確認できなかった、ブラウザからフォトショップを開き、簡単な編集を行うことができるWeb版の登場も。

 

また、クライアントやチームでデザインを共有できる「コメント」機能、フォトショップをパワーアップさせる「プラグイン」の充実、IllustratorのベクターシェイプをPhotoshopで編集できるなど、デザインワークが快適になる機能が数多く追加、アップデートされています。

 

 

フォトショップはじめてみませんか?

 

新しくアップデートされたPhotoshopは、Creative Cloudアプリよりダウンロードできます。また、はじめてのひとも7日間の無料体験が用意されているので、まずはPhotoshopを体験してみましょう。無料体験終了後は、個人の場合はフォトプラン 1,078円〜/月(税別)、Photoshop単体 2,728円/月(税込)、コンプリートプラン 6,248円/月(税込)などでそれぞれ利用可能となっています。

 

photoshop-ipad-subscribe