Advertisement

 

海外サイト 99designs で公開された 10 gorgeous graphic design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載しています。

 

グラフィックデザイナーとして、手がけているデザイン媒体にかかわらず、クライアントに対して、常に新しい新鮮な仕事を提供できているか確認するためにも、スタイルがどのように変化し、進化しているのか認識しておく必要があります。もし、あなたが何かをデザインしているとき、トレンドを把握しておくことで、潜在的なクライアントにリーチできます。

 

この記事では、2019年にかけて注目したい、グラフィックデザインの最新トレンド10個を予想し、まとめてご紹介しています。たくさんのデザイン事例と一緒にまとめているので、今後のデザイン制作の参考にしてみてはいかがでしょう。

 

go
海外サイト 99designs で公開された 10 cutting-edge web design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載してい
logo-trend-2019-1
海外サイト 99designs で公開された amazing logo design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載しています。

 

 

コンテンツ目次

 

 

 

01. 3Dデザインとタイポグラフィー 3D Design and Typography

 

3D作品は、現在あらゆるところで見かけるようになっています。奥行き感のあるデザインは、まるで触れることができそうなものばかりです。3Dタイポグラフィは、特にポップな雰囲気を演出するのに最適です。そして、このトレンドのもっとも注目すべきポイントは、太字や細字、サンセリフ、筆記体などあらゆるタイポグラフィの種類を、3Dでレンダリングできる点です。
 

gtrend1-1

via Diêgo Soou

 

gtrend1-4

via Khatt Phatt

 

タイポグラフィ以外にも、立体的な3Dを反映したデザインは、数多く利用されています。以下サンプル例のように、食べものとテクスチャ、2つのトレンドを組み合わせることで、未来的な配色やスタイルを実現しています。また、紙をつかった作品(Eiko Ojala)では、未来的とレトロ感の両方を同時に表現しています。

 

gtrend1-5

via Pinch Studio/a>

 

gtrend1-9

via EFL

目次へ戻る

 

 

 

 

02. 非対称レイアウト Asymmetrical Layouts

 

ここ数年のあいだ、標準的なレイアウトであったグリッドベースの設計が、すこしずつ変化しています。Squarespace や Canva などのテンプレートをベースとしたデザインサイトは、グリッドが何であるか分からない初心者にも、簡単に美しいウェブサイトやグラフィック製品を提供してきました。そして今、デザイナーはよりオリジナル性のあるデザインを作成したいと考え始めています。

 

非対称なデザインレイアウトを採用することで、予想可能なグリッドレイアウトから開放され、より動きのあるデザインを実現できます。非対称なレイアウトは、どんなデザイン媒体においても、ユーザーの注目や視線を誘導するのに役立ちます。次にどんな情報やグラフィックが、どこに表示されるのか興味を持たせることで、ユーザーがページをスクロールしたくなる効果もあります。

 

gtrend2-1

via Mila Jones Cann

 

gtrend2-4

via AbdooElhamdaoui

目次へ戻る

 

 

 

03. アール・デコ Art Deco

 

「モダン(英: Modern)」デザイン時代は、第一次世界大戦のあとにはじまり、半世紀近くにわたって続いたモダニズムの芸術運動を起源にしています。この時代の中でも特に主要な2つのスタイルが、1920年ごろの素敵な装飾が魅力のアール・デコ・デザインと、1950年から60年代のオーガニックなスタイルが特長のミッドセンチュリーです。

 

スタイルの登場から100年を迎えようとしていますが、アール・デコにインスピレーションを受けたデザインが、2019年に人気トレンドとなり、特にロゴデザインでよく見かけるようになるでしょう。複雑で左右対称のラインアワークに、光沢感のあるメタリックな質感を組み合わせることで、アメリカ文学を代表する作品のひとつ「グレート・ギャッツビー(英: The Great Gatsy)」のようなラグジュアリーな雰囲気を演出できます。

 

この影響はタイポグラフィーにもよく見られ、サンセリフ書体はより細く、スラリとした縦長スタイルに変化し、A.M.カッサンドルのようなクラシカルなデザインが人気です。より豊かで(英: Opulent)、豪華な雰囲気が特長のスタイルで、ここ数年間人気だった、ナチュラルで素朴なレトロスタイルとは、対照的と言えるでしょう。

 

gtrend3-1

via Skilline

 

gtrend3-2

via Arthean

gtrend3-3

via aarif ™

gtrend3-4

via flycr

gtrend3-5

via Arthean

gtrend3-6

via svart ink

目次へ戻る

 

 

04. モダンなミッド・センチュリー Modern Mid-Century Modern

 

アール・デコの時代が終わると、デザイナーは派手なデザインを捨てて、よりオーガニックでシンプルなラインを使った機能性に目を向けるようになりました。ミッドセンチュリーの影響は、ここ数年間インテリアやファッションデザインの分野で人気となっていましたが、グラフィックデザインでも着実に増えています。

 

その中でも特に、戦後の広告向けイラストスタイルを取り入れた、シンプルなデザインが有名です。中小企業やスタートアップは、カスタムイラストレーションを取り入れた、豪華なウェブサイトを公開しはじめています。ミッドセンチュリーの影響を受けた、スッキリとたモダンなイラストは、ビンテージな風合いの配色カラーパレットが特長。2019年には、ウェブサイトと印刷向けの両方で、このスタイルが引き続き人気となるでしょう。

 

via Paarth Desai

 

gtrend4-6

via Andrew Littmann

目次へ戻る

 

 

 

05. デュオトーンとグラデーションの人気継続 The Continuing evolution of Duotones and Gradients

 

最近では「カラートランジション(英: Color Transitions)」とも呼ばれるグラデーション(英: Gradient)は、ここ数年間特に人気となっているトレンドのひとつです。ロゴデザインでは、その傾向が顕著で、シンプルな配色だけでなく、グラデーションが使われはじめています。予想できる色の組み合わせ(青/紫、赤/オレンジなど)の他に、デュオトーン(英: Duotone)を利用した配色にも注目です。

 

ここ1、2年の間、Spotify のプレイリスト用カバーデザインが定番となり、グラデーションとデュオトーン、2つのトレンドを組み合わせたデザインが、2019年により人気となるでしょう。

 
gtrend5-1

via nevergohungry

gtrend5-2

via artsigma

gtrend5-3

目次へ戻る

 

 

 

 

06. 写真向けの暖かくムードのある配色カラーパレット But also a steady rise for warm and moody color palettes for photos

 

デュオトーンが人気となりすぎている反動から、ムードのあるビンテージな色合いにも注目が集まっています。数年前、デザイナーは鮮やかなネオン色を使い、控えめな色使いを避けていましたが、はっきりとした彩度を表現できない、古い時代のカメラで撮影したような、ビンテージな色合いが特長です。

 

この配色パレットは、70年代に撮影された低解像度の写真や、1980年代のビデオ動画動画のような風合いと言えるでしょう。若干の黒をカラーパレット各色に加えることで、ネオンカラーでは決して表現できない、温かみのある魅力的な雰囲気を演出できます。

 

目次へ戻る

 

 

 

07. カスタムイラストレーションの人気 Custom Illustrations lighten up

 

大胆で太いラインが特長のイラスト人気が数年続いたことで、より繊細でエレガントなイラストレーションが、最近注目を集めています。ボタニカルな植物や自然などに強く影響を受けたこのスタイルは、より女性らしさが増し、無邪気で子供のような雰囲気が特長です。

 

特に、質感のある紙の上に、複雑で美しいパッケージデザインでは人気となっているトレンドと言えます。光沢フォイルやエンボス加工などのプレミアム素材を加えることで、シンプルさ(英: Simplicity)と過剰さ(英: Maximalism)の絶妙なバランスを実現できます。

 

gtrend7-1

via Mila Katagarova

目次へ戻る

 

 

 

08. 豊満なセリフ書体 Buxom Serifs

 

イラストレーションがシンプルになる一方、フォントでは太字のセリフ書体が人気となっています。デジタルデザインでは、サンセリフ書体は定番となっていますが、2019年はセリフ書体の年となるかもしれません。ここ数年のあいだ、鋳造金属などで使われているような、豪華なセリフ書体が人気です。サンセリフ書体や手書きフォントの人気はこれからも続きながら、デザインの多様性からセリフ書体の利用が爆発するでしょう。

 

カスタムフォントやオリジナル書体は、本当に目立ちたいブランドにとってますます必要となり、署名サインのようなセリフ書体やロゴマークの人気が、より高まっています。長年人気だった、シンプルなサンセリフ書体は、退屈で個性のないように見られ始めていることも原因で、ユニークでかわいい、個性のあるセリフ書体がより増えてくるでしょう。

 

via Nathan Riley

目次へ戻る

 

 

 

09. 枠にとらわれない構図、レイアウト Open Compositions

 

ボックスや枠フレームにまとめられた要素を、順番どおりに分かりやすく、きちんと並べていたデザインが長いあいだ主流となっていましたが、デザイナーはよりオープンで、枠にとらわれないスタイルを取り入れはじめています。それはまるで、スクリーンに入りきらないほどの、巨大な作品の一部を見ているようなデザインと言えるでしょう。

 

この構成では、余白スペースを使うことで、はっきりとした階層を意識的に避け、まるで浮遊しているかのように、各要素の関連性を感じさせないデザインが特長です。このオープンなスタイルは、壊れたり、切り取られたようなカオス感を表現し、ランダムに配置することで、強烈なデザインスタイルとなるでしょう。

 

via Lionel Durimel

 

目次へ戻る

 

 

 

10. 等角投影図デザイン Isometric Design

 

等角投影図」と言うとむずかしく聞こえるかもしれませんが、3Dオブジェクトを平面で描画するテクニックを指します。シンプルでクリーンな図面ですが、フラットデザインでは表現できない奥行き感を表現できます。特にアイコンデザインでこのトレンドは人気となっており、フラットデザインよりも温かみのある仕上がりで、ユーザーの注目を集めます。また、3Dデザインに比べてファイルサイズが小さいため、レンダリング遅延の問題もありません。

 

gtrend10-1

via LittleFox

 

目次へ戻る

 

 

 

2019年の準備はできていますか。 Are You Ready for 2019?

 

2019年は、グラフィックデザインにとって楽しみな年となるでしょう。3DやARのような新しい分野を探求する、技術意識の高いデザイナーと、毎日紙とペンを使うデザイナーの間に、デザインスタイルの違いが出てきています。これは、鮮やかなデュオトーンと、色味を落としたビンテージ配色パレットの同時使いや、ユニークなイラストとミッドセンチュリーの異なるトレンドの組み合わせなどにも、同じことが言えるでしょう。

 

今回は、2019年に注目したいグラフィックデザインの人気トレンド10個を、まとめてご紹介しました。2019年は、一体どんなデザインが生まれるでしょう。これから楽しみです。では、デザインを楽しんで!

 

go
海外サイト 99designs で公開された 10 cutting-edge web design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載してい

 

参照元リンク : 10 gorgeous graphic design trends for 2019 – 99designs

サムネイル@ : Golden Rule – Brand System by Nicola Broderick – Dribbble