Advertisement

 

海外サイト 99designs で公開された amazing logo design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載しています。

 

ロゴを特別なものにするのは何でしょう?ロゴを魅力的にするには、デザイントレンドがどのように進化しているのか、きちんと把握しておくことが大切です。

 

この記事では、2019年にかけて注目したい、ロゴデザインの人気トレンド9個を予想し、まとめてご紹介しています。たくさんのデザイン事例と一緒にまとめているので、今後のデザイン制作の参考にしてみてはいかがでしょう。

 

go
海外サイト 99designs で公開された 10 cutting-edge web design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載してい
graphic-design-trend-2019
海外サイト 99designs で公開された 10 gorgeous graphic design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載してい

 

 

コンテンツ目次

 

 

 

01. 可変ロゴデザイン Variable Logo Design

 

ロゴデザインは、複数のプラットフォームで表示されることが、当たり前の時代を迎えています。ロゴがプラットフォーム間でどのように表示されるかだけでなく、顧客との強い関係を構築するために、どのように役立つのか考えることが必要です。

 

2019年には、ワンサイズで複数のアプローチができるロゴデザインがトレンドとなるでしょう。可変的なデザインは、適応性の良さから、顧客とクライアントの関係を個別化します。特殊なアイコンやダイナミックなタイポグラフィ、そしてじっくり考え抜かれたカスタマイズは、オーディエンスの特定のニーズに対して、本当のつながりを演出することができます。

 

 

上記サンプル例では、ブランドの柔軟性を考慮して、ロゴは設計されています。ロゴの標準的なタイポグラフィーには、変更可能なピクトグラムがついており、顧客に応じて新しいロゴタイプに修正することができます。

 

logotrend1-7

via Elena Kitayeva

 

上記サンプル例では、バレエ劇場で開催されるさまざまなステージに対応できるよう、イメージ画像やパターン、グラデーションなどを使うことで、より自由な表現を可能とします。

 

可変ロゴデザインの柔軟性は、より好ましいものと言え、ロゴを認識しやすくしたまま、主要なターゲットへの配信ができることから、消費者との関係を個別化しようとする企業を中心に、このトレンドが人気となるでしょう。2019年は、よりフレキシブルで、クリエイティブな方法をつかったロゴデザインが登場するかもしれません。

 

logotrend1-8

via goopanic/a>

 

logotrend1-9

via Julien Lelievre/a>

目次へ戻る

 

 

 

 

02. 新世代の幾何学模様 New Age Geometry

 

ひとつのトレンドが人気になると、わたしたちは無意識のうちに、その可能性を制限してしまいます。たとえば、数学的で冷たさを感じる幾何学模様のデザインスタイルは、代表例と言えるでしょう。2019年には、幾何学模様に鮮やかな配色やフレンドリーな見た目を加えることで、そのようなややネガティブな印象を払拭するでしょう。

 

logotrend2-1

via Cecilia Castelli

 

 

新世代の幾何学デザイントレンドは、幾何学的なロゴをよりあたたかい見た目、雰囲気にすることが特長です。よりカラフルな配色カラーパレットを、ユニークな幾何学模様と組み合わせてみましょう。シンプルでミニマルですが、強力なスタイルと言えるでしょう。

 

logotrend2-4

via C A P S

logotrend2-5

via tgolub

logotrend2-6

via trinitiff

目次へ戻る

 

 

 

03. 目の錯覚を利用したロゴ Logos that trick the eye

 

フランス語の用語「trompe l’oeil」は「目を欺く」と解釈され、これがまさにこのロゴトレンドです。日常のアイデアに慣れてしまったときは、遠近法や歪みなど、目の錯覚をデザインに積極的に活かすことで、新しいデザインアイデアにつながります。

 

logotrend3-3

via Albert Romagosa

 

遠近感をうまく利用することで、ロゴデザインの許容できる範囲内で、ユニークな混乱を表現できます。上記サンプル例では、目の錯覚を利用することで、奥行き感が表現されています。 Hampus Jagelandのデザインでは、会社名であるEdgeBoard の頭文字であるEとBを組み合わせ、Bを傾けることで、壁の反対側に配置されているような、目の錯覚を利用しています。こうすることで、デザインだけでなく、会社名のEdge(=縁、ヘリ、端、かど)を文字通り表現しています。

 

logotrend3-6

 

上記サンプル例では、「歪み(英: Distortion)」がいかに視線を惹きつけるのか、うまく表現しています。カーニングを変更したり、要素を強調したりといった、簡単なテクニックが重要となります。

 

また、 Avanti-Avanti Studioの作成したサンプル例では、特定の文字にのみ歪み、グリッチを追加することで、他の要素より目立たせることができています。このような視点と歪みのテクニックをつかうことで、驚くようなロゴデザインが登場するかもしれません。

 

目次へ戻る

 

 

04. 目的のある配色 Purposeful Color

 

色を用いたストーリーテリング(英: Storytelling)は、デザイナーにとってブランドの関連性を表現できる、ユニークな方法と言えるでしょう。たとえば、赤色が情熱や活力、願望を連想させるのを理解するのに、色彩理論の専門家が必要というわけではありません。このトレンドがややこしいのは、ブランドのメッセージ性が、大きく色に依存しているときに利用することで、正しい配色カラーパレットを使うことが重要となります。

 

正しい配色を選ぶことで、ブランドのコミュニケーションがより効果的になります。2019年は、注意を引くためにランダムな色を選択するのではなく、ロゴに使われている「色の意味」がもっとも大切になるでしょう。より意図的な配色や配置が多くなり、じっくり検討、工夫することで、メッセージやコンセプトをうまく伝えることが重要になってきます。

 

logotrend4-1

via Spoon Lancer

 

上記サンプル例では、会社名を伝えるだけでなく、色を武器にすることでうまく女性らしい魅力をアピールしています。よりオリジナル性を演出するためにフォントをリデザインし、モダンな配色を重ね、全体のデザインとのバランスを補っています。

 

logotrend4-4

via Gilian Gomes

 

上記サンプル例では、ユニークで幸せな配色カラーパレットを選ぶことで、目立つだけでなく、親と子の喜びのある関係をうまく表現しています。また、オレンジ色を利用することで、まるで子供が笑って、幸せな表情であることを連想させます。

目次へ戻る

 

 

 

05. ネガティブ・スペースの応用 Elevated negative space

 

ネガティブ・スペース(英: Negative Space)は、2019年に向けてデザイナーが夢中になっているデザイントレンドのひとつです。デザインから何かを取り除くことで、その範囲をより積極的にアピールします。ロゴが完全に壊れてしまうポイントまで達することができれば、ネガティブ・スペースをうまく利用したデザインを作成できるでしょう。

 

logotrend5-1

via Mich.

logotrend5-2

via Shibu PG

 

上記サンプル例では、スクーターに乗った配達ドライバーと鳩のシルエットを、うまくミックスしているのが分かります。ほんのわずかなディテールにこだわることが、このトレンドをつかったユニークなデザインを作成するポイントです。

 

logotrend5-5

via Ocelittle

 

上記サンプル例では、ネガティブスペースと魚のシルエットをつかって、うまくSの文字を表現しています。まったく異なる形状ですが、文字の骨格をうまく包み込むことで、ユニークなデザインを作り出しています。このトレンドをうまく採用したデザイナーは、あっと驚くユニークな方法でネガティブ・スペースを活用しています。

 

logotrend5-6

via rahul chandh

 

目次へ戻る

 

 

 

 

06. ミニマリズムの変化 Shift in Minimalism

 

もっともよく知られているデザイントレンドのなかで、目立っているのがミニマリズム(英: Minimalism)です。この時点では、ミニマリズムがトレンドなのか、それとも必要性であるか疑問を持つかもしれません。はじめてミニマリズムがデザインスタイルに影響を与えた、1970年代はじめから数十年が経過した今も、人気が衰えることはありません。2019年は、より抽象的なコンセプトに絞り込んだトレンドが人気となるでしょう。

 

 

この抽象的なコンセプトへの変化は、シンプルなロゴデザインをより効果的にします。余計な要素を取り除くことで、メッセージ性をより引き立たせることができるでしょう。

 

logotrend6-5

via Marija…

 

上記サンプル例では、効果的に不要なノイズを取り除く方法が実証されています。ロゴを構成している要素は、単純なサークル円と単色モノクロ・カラーを、枯れた3本の枝と組み合わせただけの、とてもシンプルなつくりとなっています。

 

logotrend6-8

via Iva Ron

 

上記サンプル例では、ミニマリズムの変化をうまく表現した、タコをモチーフにしたロゴデザインです。黒いインクと触手の2つのメインパーツに分かれており、タコの特性を誇張し、単純化しています。こうすることで、ロゴを見たひとが、「これは動物?」などの質問を持つようになるでしょう。

 

デザイナーの抽象的なロゴへの解釈を通じて、ミニマリズムを積極的に活用することで、デザインプロセスにおけるミニマリズムの期待を高めてくれるでしょう。

 

目次へ戻る

 

 

 

07. 歴史のあるロゴ Logos with pedigree

 

時代を超えて愛されるブランドロゴを作成することは、デザイナーにとって決して新しいものではありません。実際に、クライアントとの会話でもよく聞かれる要望と言えるでしょう。そして、2019年はその人気がさらに高まるでしょう。

 

2019年には、ブランドは評判を上回る信頼性があり、長い期間利用できるロゴを期待するでしょう。信頼のあるデザインとして、古典的なクラシカルデザインに注目が集まっています。ヴィンテージの質感や職人の手作り感、そして特別な紋章を含むロゴの人気が中心となるでしょう。

 

logotrend7-1

via austinminded

logotrend7-2

via Tmas

 

上記サンプル例では、本格的なビンテージな見た目を目指し、ロゴをシンプルに仕上げています。デジタルブラシを使用し、オーガニックな雰囲気を演出したことで、歴史とのつながりをうまく伝え、信頼と経験のあるロゴとなっています。

 

logotrend7-6

via Castlefield Design by Sophie Taylor

目次へ戻る

 

 

 

08. 重なり合うロゴデザイン Overlapping Elements

 

2019年は、デザイン要素を重ねたクリエイティブなトレンドが、より多くのデザイナーに受け入れられ、不透明度を利用したり、視線を集めるユニークな図形を利用するようになるでしょう。このトレンドは、今回紹介した他のロゴトレンド(幾何学模様や意味のある配色、ネガティブスペースなど)と一緒に利用されるようになるでしょう。

 

logotrend8-1

via PayPal

 

大きなブランドの一部は、すでにこのトレンドをブランド化しはじめており、多くのデザイナーがその可能性をうまく発揮しています。250万人以上のユーザーがいる PayPal では、2014年にこのトレンドを採用し、2つのPを重ねることで、ロゴを再設計しました。

 

PayPalがユーザーに完全に受け入れられ、認知されるまでには少し時間がかかりましたが、2019年には鮮やかな色やユニークな図形を特長とした、重なり合ったロゴデザインをより見かけるようになるかもしれません。

 

logotrend8-3

via extrafin

logotrend8-4

via irih

 

上記サンプル例(Woodmere Art Museum)では、シンプルな三角形を重ねることで、ブランドの頭文字を表し、同時に抽象的な建築デザインの魅力も引き出しています。また、もうひとつのサンプル例(Truman)では、不透明度とじっくり吟味したカーニングによって、クリエイティブなロゴデザインを完成させています。

 

目次へ戻る

 

 

 

09. ディテールを最大限に活用 Maximizing Details

 

ロゴは、ブランドが誰で、何を表しているのか印象的に描写する、デザイナーにとって小さなキャンバスのようなものです。複数のアプリケーション間で利用することを考えると、ディテールにこだわったロゴの作成は、なかなかむずかしいように感じるかもしれません。

 

しかし、2019年には多くのデザイナーは、このトレンドを実践するでしょう。これからの多くのトレンドは、ミニマリズムを原点としているため、ライバルのようなこのトレンドに魅了されるでしょう。「More and More(より多く)」をモットーに、細部までデザインすることで魔法が起こるでしょう。

 

logotrend9-1

via Steelyworks

 

上記サンプル例では、ペガサスのシルエットを非常に細かいイラストで描いています。ソーシャルメディアや印刷された商品を見たファンは、バンドのお気に入りの曲に不思議な力が存在する、と考えても不思議ではありません。

 

logotrend9-2

via Jared Tuttle

 

logotrend9-6

via Deb

 

上記サンプル例では、建築の知識を役立て、作成したロゴデザインです。このトレンドを実践するには、スキルと細部まで時間を費やす必要がありますが、その結果は努力に値すると言えるでしょう。

 

 

上記のサンプル例では、フサフサの羽毛などメンドリの特長を誇張した、手描きのイラストロゴです。象徴的な赤いブーツなど、芸術的なタッチによって、印象深いロゴに仕上がっており、一度見たら忘れられないユニークな個性を演出するなど、ディテールへの細かすぎるこだわりを感じます。

 

目次へ戻る

 

 

 

2019年の準備はできていますか。 Are You Ready for 2019?

 

2019年は、ロゴデザインにとって、最もエキサイティングな時期のひとつを迎えるでしょう。トレンドはひとつで利用されるのではなく、共存共栄すると考えましょう。たとえば、ミニマリズムのトレンドが、可変ロゴやネガティブスペースと一緒に利用されていても驚かないでください。

 

今回は、2019年に注目したいロゴデザインの人気トレンド9個を、まとめてご紹介しました。2019年は、一体どんなデザインが生まれるでしょう。これから楽しみです。では、ロゴデザインを楽しんで!

 

go
海外サイト 99designs で公開された 10 cutting-edge web design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載してい
graphic-design-trend-2019
海外サイト 99designs で公開された 10 gorgeous graphic design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載してい

 

参照元リンク : 9 amazing logo design trends for 2019 – 99designs

サムネイル@ : Logo Collection 2 Behance | logos, mark, design 1 by Vadim Carazan – Dribbble