Advertisement

 

 

自分のスキルや制作実績をクライアントなどに見せる場合にポートフォリオサイトがあると便利です。

色使いなどのデザインセンスなどもそれぞれ異なり、見ているだけでもたのしくなってきます。

 

海外デザインブログInspiiiredで、ダーク系でまとめられたポートフォリオデザインを40個まとめたエントリー「40 Kick Ass Dark Portfolio Websites」が公開されていたので、今回はご紹介します。

レイアウト、枠組みなどをあまり意識せずに、思いのまま制作しているポップなデザインがたくさん紹介されています。

今後ポートフォリオサイトを作ろうと考えている方は、ウェブデザインの参考にしてみてはいかがでしょう。

 

 

詳細は以下かr。

 

 

ダーク系にまとめられたポートフォリオサイトまとめ

 

Yummy Wakame

なんともユニークなウェブサイト名となっていますが、背景にボケ(英: Bokeh)デザインを大胆にあしらったポートフォリオデザイン。

 

 

Artifice Studios

ヘッダー部分にぼんやりぼかしたイメージ画像をフルサイド幅でレイアウトした幻想的なポートフォリオデザインのひとつ。

 

 

Evan Eckard

やや青みがかった色使いがとてもオシャレでエレガントな印象を与えてくれるウェブデザインで、背景のオーナメントテクスチャも質感をグッと高めてくれます。

 

 

Cassius

手書きでポップにデザインされたロゴデザインとエキゾチックな紫色がインパクト大なポートフォリオデザインのひとつ。

こちらも巨大な人物イメージ画像をヘッダーにレイアウトしています。

 

 

Pound & Grain

以前こちらのエントリーでもご紹介しましたが、最近のお気に入りウェブデザインのひとつなのでメモとして。

 

 

Form Follows Function

制作実績もギャラリー風にまとめているシンプルなウェブデザインで、背景に使われている細かいパターンテクスチャなど細部まで細かく設計されています。

 

 

Nocturn

こちらもギャラリー風ポートフォリオサイトのひとつで、濃い紫色を基調にすっきりとデザインされています。

 

 

Aaron Moody Designs

かすれたグランジデザインとライティングエフェクトを同時にデザインしたヘッダーがユニークな個人用ポートフォリオサイト。

 

 

Better Monday

背景全体にイメージ画像をレイアウトしたアート性の強いポートフォリオサイトのひとつで、ピンク色がよいアクセントカラーとなっています。

 

 

Hyderbad India

インドにあるデザイン事務所のポートフォリオのひとつで、アースカラーをうまくレイアウト全体にちりばめたデザインで個人的にメモとして。

 

 

Six Design

グリッドレイアウトで情報をわかりやすくまとめたウェブレイアウトとなっており、トップページスライダーなど最近のトレンドを多用した印象。

 

 

Nik Papic

最近のウェブデザイントレンドのひとつとして、巨大なタイポグラフィーデザインを取り込んだレイアウトをよく見かけるようになりました。

 

 

DMNSIA

アブストラクトな背景デザインを利用することで、オリジナリティを高めた清潔感のあるウェブデザイン。

 

 

Ryan O’Rourke

ざらざらとした質感のノイズテクスチャと落ち着いた色使いの組み合わせがナイスなポートフォリオサイトのひとつ。

制作実績のリキッド風レイアウトが印象的。

 

 

Designzillas

イラストで描かれたキャラクターが印象が重くなりがちな質感の高い背景テクスチャと見事にはまったデザインとなっています。

 

 

DKNG Studios

デザインパーツを極力減らし、イメージ画像をふんだんに利用したウェブサイトデザインで、ヘッダー部分のスライダーでユーザーの注意を引くことが可能。

 

 

Bret Glassett

透明感のある水色を基調としたカラーリング、太字タイポグラフィー、ボケデザインなどをアクセントとしてレイアウトしたデザイン。

 

 

Famous Interactive

ポップなデザインパーツを多く利用しており、思わずクリックしたくなるようなデザインが魅力的。

 

 

Carl Rosekilly

黄色とピンクのビビッドなカラーリングが特長のひとつ、巨大な背景画像はインパクト大だが、読み込み時間の問題も、。

 

 

Mr B & Friends

使われているカラーリングが今後の参考になりそうだったので、メモとしてエントリー。

デザイン性の高いタイポグラフィーは今後ますます利用されていくのかもしれません。

 

[参照元 : 40 Kick Ass Dark Portfolio Website Designs – Inspiiired]