Advertisement

cinema-palette

 

大好きな映画の雰囲気を、そのままデザインや配色に活かしてみたいと思ったことはないでしょうか。Twitterで @Color Palettes をフォローしておけば、そんな要望にも応えてくれるかもしれません。

 

 

Cinema Palettes は、世界的に有名な映画のワンシーンから、カラーパレットを抽出し、定期的に投稿を続けている Twitter アカウントです。網羅している作品は、日本でも有名なスタンリー・キューブリック監督の名作「シャイニング」など古い作品から、「レヴェナント 蘇りし者」や「The Martians(邦題: オデッセイ)」など最新作品まで幅広くセクレションされています。

 

 

選択されているシーンは、どれも映画からキャプチャされたものとなっており、そこから配色カラーパレットを作成することで、映画の雰囲気をうまく演出しています。@Cinema Palettes のフィードの見ていくと、同じ作品の別シーンから作成された、他の配色も見つけることができます。

 

 

以下では、当サイトお気に入りのいくつかの投稿も一緒にまとめています。

 

 

2015年にかけて一大ブームとなった、スター・ウォーズのワンシーンより。

 

「ダージリン急行」などでも有名な、独特でコミカルな演出が特長でもある、ウェス・アンダーソン監督の作品「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」より。

 

レオナルド・ディカプリオにとって悲願のアカデミー賞受賞となった、「レヴェナント 蘇りし者」より。

 

小さな虫の生態をコミカルに描いた、ディズニー&ピクサーのアニメーション映画、バグズ・ライフの背景イメージより。

 

1998年のテリー・ギリアム監督による、アメリカ映画。

 

2015年公開の「The Martians(火星の人)」の一コマ。

 

日本を代表するアニメーション映画「千と千尋の神隠し」。

 

宮﨑駿監督のもうひとつの名作、「魔女の宅急便」より。

 

カラフルな配色がとても印象的だった、「崖の上のポニョ」。

 

リュック・ベンソン監督の代表作「レオン」より。

 

昨年公開された、マッド・マックスはハイコントラストな配色。

 

ビンテージな配色が見事に描かれた、ムーンライズ・キングダム。

 

子供の頃に一度は見たことがあるかもしれない、ピーターパン。制作から60年以上たった今でも、新鮮なカラーパレットが表現されています。

 

若者たちの殺伐とした日常を、ドキュメンタリータッチで捉えた異色の人間ドラマ。

 

 

参考元リンク : Cinema Palettes – Twitter

参考元リンク : This Twitter Account Shares Color Palettes from Popular & Iconic Films – PetaPixel