Advertisement

今からおよそ400年前の18世紀初頭、書物商であり大の魚マニアだったルイ・ルナールは、世界ではじめてとなる海洋生物図鑑を作成しました。

 

この図鑑には、450種類以上の魚たちが色鮮やかに描かれており、解剖学的にも正確であるのと同時に、色彩や特長が強調されたイラストが特長です。

 

今回は、魚イラスト450点が揃った、世界初のカラー海洋生物図鑑  Book of Fantastical Fish をご紹介します。すべてのイラストは、高解像度でスキャンされ、著作権フリーで無料ダウンロードできます。

 

 

15万点以上の「自然」に特化したイラスト画を公開している生物多様性遺産ライブラリー(the Biodiversity Heritage Library, BHL)のコレクションは、世界中の何十万もの書物や図書館から集められた動物スケッチや、歴史図、植物スケッチで構成されています。

 

この図書館では、この海洋図鑑のおよそ9%が捏造されたデザインであると推定していますが、オランダ人のルイ・ルナールは東インド諸島を一度も訪れたことがなかったそう。

 

実はイラストの多くは、インドシアを拠点としていた軍人で画家のサミュエル・ファロアが提供したそう。イラストの中には、実在すると信じられていた人魚も描かれています。

 

 

公開されているパブリックドメインのイラスト画の一部をご紹介。400年以上前に描かれたとは思えないほど鮮やかな配色が残っており、デザインのインスピレーションにいかがでしょう。

 

 

 

これまで一部の美術館や博物館などでしか見ることのできなかった、歴史的価値の高い名画や書物などのデジタルアーカイブ化、パブリックドメイン化による無料公開が活発になっています。

北アメリカに生息する鳥類を、実際に大自然を旅しながら超リアルに描写した画家ジョン・ジェームズ・オーデュボン(英: John James Audubon)。
インターネットが急速に普及したおかげで、世界中のさまざまな美術館や研究機関などが保有する作品を、デジタル・アーカイブ化しパブリックドメインとして無料公開する動きが活
先日、シカゴ美術館が収蔵している作品から、およそ52,000点をパブリックドメインとして無料公開するなど、いま世界中で歴史的名作のデジタル・アーカイブ化の流れが進んでいます
パリで訪れたい観光スポットで、世界でもっと来館者数が多いことでも知られるフランスのルーブル美術館。 そんなルーブル美術館の公式ウェブサイトがリニューア

 

ダウンロードはできませんが、世界の名画をズームアップで超拡大し閲覧できるGoogleのサービス。世界中の2500以上の美術館と提供しています。

新型コロナウイルスの感染拡大が世界規模で広がる中、日本でも外出自粛や臨時休校措置が続いています。 外出を控えていて、自宅で過ごす時間が増えたことで、ど

 

背景から切り抜いた、デザインにすぐ使えるイラスト集も無料ダウンロードできます。

この記事では、クリエイティブなプロジェクトに活用できるヴィンテージイラストを無料配布しているHeritage Libarary をご紹介します。 He