Advertisement

adobe-photoshopjpg019photoshop-logo-history-1

 

わたしたちは成長する過程で、さまざまな変化に直面します。そして、それはPhotoshopも例外ではなく、機能やエフェクト、インターフェースなど進化を続けています。

 

今回は、人気のあるウェブサイトやアプリケーション、ゲーム、WindowsやMac OSなどのオペレーションシステムのデザインの歴史を、画像でたどることができるアーカイブサイト Version Museum より、Photoshopのデザインがどのように変化してきたのか詳しく見てみましょう。

 

 

Version Museumとは?

 

Version Museumは、テクノロジーの歴史を文章で読むだけでなく、実際の美術館を散策するように、テクノロジーの進化をバージョンを追って、視覚的に確認できるオンライン・アーカイブサイトです。

 

Adobeの人気ソフトウェア「Photoshop(フォトショップ)」やInternet Explorerなどのアプリケーションを筆頭に、GoogleAmazonFacebookといった世界的な巨大企業のウェブサイトから、Grand Theft Autoマリオカートといったゲームの歴史もたどることができます。

 

 

Photoshopはここからはじまった。

 

PhotoshopはMac専用アプリとして、1990年にリリースされました。現在のロゴとは異なり、目をモチーフにしたデザインで、インターフェースもピクセルの粗いモノクロ画面です。

adobe-photoshop1990photoshop-1-0-splash-screen

(Image credit: version museum)

 

 

Photoshopリリース当時のワークスペース画面。誕生から30年近く経ちますが、基本的なツールは変わっていません。

adobe-photoshop1990photoshop-1-0-workspace

(Image credit: version museum)

 

 

2003年に入りリリースされたAdobe Photoshop CSのスプラッシュ・スクリーン。ロゴが目から羽にかわったのはこの頃です。

adobe-photoshopjpg003photoshop-cs-windows-splash-screen

(Image credit: version museum)

 

 

Photoshop CSのワークスペース画面がこちら。ツールやフィルタ機能など、現在のバージョンに近いかたちとなりました。

adobe-photoshopjpg003photoshop-cs-windows-workspace

(Image credit: version museum)

 

 

2007年リリース、Photoshop CS3のスプラッシュ・スクリーン画面。淡いグラデーション使いで、インターフェースもスッキリとした印象を受けます。ここからおなじみの「Ps」ロゴへと生まれ変わりました。

adobe-photoshopjpg007photoshop-cs3-splash

(Image credit: version museum)

 

 

Camera Rawフィルタ機能なども追加され、より高度な写真編集、レタッチ作業を行うことができるようになりました。

adobe-photoshopjpg007photoshop-cs3-adobe-camera-raw

(Image credit: version museum)

 

 

2010年に入りリリースされたPhotoshop CS5は、現在のCCバージョンにも近いつくりとなっています。ただしダークモードなどないので、薄い灰色のインターフェース。

adobe-photoshopjpg010photoshop-cs5-splash-page

(Image credit: version museum)

 

 

Photoshopでの切り抜き作業をより手軽にした、「境界線の調整」機能が追加されました。

adobe-photoshopjpg010photoshop-cs5-refine-edge

(Image credit: version museum)

 

 

2012年、Photoshop CS6リリース。懐かしいと感じるひとも多いのではないでしょうか。

adobe-photoshopjpg012photoshop-cs6-splash-image

(Image credit: version museum)

 

 

Photoshopをつかった動画編集機能なども追加されたことで、マルチなファイル形式に対応できるオールインワンツールとなりました。

adobe-photoshopjpg012photoshop-cs6-video-editing

(Image credit: version museum)

 

 

2013年、Photoshop CCが誕生。クラウドサービスとなったことで、ソフトウェアのアップデートも頻繁に行われるようになりました。

adobe-photoshopjpg013phooshop-cc-splash-image

(Image credit: version museum)

 

 

おなじみのPhotoshop CCのワークスペース画面。

adobe-photosjpghopjpg013photoshop-cc-workspace

(Image credit: version museum)

 

 

そしてこちらが、最新版Photoshop CC 2019のワークスペース画面。ツールなどの他に、Photoshopの基本的な使い方から高度なレタッチ、合成などを学ぶことができる「ラーニング」が追加され、ノンデザイナーのひとにもより身近な存在となっています。

adobe-photoshopjpg019photoshop-cc-2019-workspace-1

(Image credit: version museum)

 

 

いかがでしたでしょう。Photoshopのデザインがどのように変化してきたのか、詳しく見ていきました。インターフェースなどのデザインは変わっても、基本的な使い方はPhotoshopリリース当初以来変わっていないことには驚きました。

 

以下は1990年リリース当時のカラーピッカー機能。いまとほとんど変わっていません。

adobe-photoshop1990photoshop-1-0-color-picker

(Image credit: version museum)

 

 

参照元サイトでは、Photoshopの各バージョンごとにデザインの歴史をすべてたどることができます。

 

 

Photoshopをはじめよう。

 

Photoshopの基本的な使い方や、一緒に利用したい無料ツールや拡張機能、素材などをあつめています。

ps-beginner-top
この講座では、Photoshop(フォトショップ)を習得するのに知っておきたい基本の機能や使い方を分かりやすく解説しています。初心者のひとはもちろん、中・上級者のひ
cm_cover_hcpicker_webbanner
Photoshopはどんなデザインの作成にも使える、多目的で便利なツールです。しかし、特定の作業をしようとすると、時間がかかってしまうことも。そんなときは、拡張プラ
ps-ultimate-useful-tool-top
デザインの現場に欠かせない Photoshop(フォトショップ)は、みなさんが考えている以上に自分好みに拡張、カスタマイズすることができます。 効率的

 

 

Photoshopでの作業をよりやりやすくしてくれる、覚えておきたい時短テクニック、小技などはこちらから。

best-of-ps-tip-2019-top
この記事では、フォトショップの作業ワークフローに加えることで、時短となる小技テクニック25個をまとめてご紹介しています。過去に紹介したテクニックから、新しくPhot
unknown-tip-feat-image
この記事では、Photoshopによるデザイン制作がより快適になる、あまり知られていない小技テクニック11個をまとめています。より作業がしやすくなるポイントから、大
pstip-thumb
Photoshopでのデザイン制作をより快適にするコツやショートカットをまとめています。スムーズな作業を実現する、ちょっとうれしいポイントから、大幅に作業時間を短縮
ps-shortcut-top
Photoshopでショートカット使っていますか。一度覚えてしまうと、デザイン作業をよりスピードアップすることができます。今回は特に利用する機会が多いであろうPho

 

 

Photoshopを持っていないけど、デザイン編集をしてみたいというひとは、以下の代替ツールの利用を検討してみてはいかがでしょう。

online-photo-editor-1
高価なソフトウェアを購入したり、アプリをインストールしたり、プロを雇うことなく自分で写真の編集や加工ができると想像してみましょう。 Photoshop

 

 

Photoshopをはじめてみたいというひとは、無料で7日間すべての機能を利用できる体験版も用意されているので、まずはツールに慣れてから購入しても良いでしょう。

 

 

参照元リンク : Design History of Adobe Photoshop – Visual Museum