Advertisement

11brandcolor-top

 

 

海外デザインブログCanva Design School Blogで公開された「Color Meaning and Symbolism: How To Use The Power of Color in Your Branding」より許可をもらい、日本語抄訳しています。

 

色の力を活用して、ブランドの価値を表現してみましょう。

 

 

ブランドロゴは、図形やシンボルマーク、数字、単語などさまざまなビジュアル要素から成り立っています。しかし、人が覚えているもっとも大きなデザイン要素は色(英: Color)になります。実際に、色によってブランド認知力が80%アップすることも分かっています。

 

 

色には、文字テキストを利用することなく、デザインの意味やメッセージを伝える力があります。ブランドカラーとして色を利用するとき、感情的(英: Emotioanl)で実践的(英: Practical)に表現することができます。感情レベルとして、色はユーザーがブランドを見たときにどのように感じるかに影響を及ぼし、他にもたくさんあるブランドから目立たせる、実践レベルでの使い方があるでしょう。

 

 

色とブランディングの関係について、多くの研究(ここここここなど)で商品について判断するときの90%近くが、色によるものであることが分かってきています。これらの色はユーザーにとって、ブランドの個性がどのように見えるか決め、ブランドと色の関係は、デザインコンセプトと色がうまく合っているか決定します。

 

 

では、自分のブランドに合う色をどのように決めたら良いでしょう。この記事では、ブランドカラーを利用したサンプル例を見ながら、どのようにパーフェクトなブランドカラーを決めるのか、11種類のデザインガイドともに見ていきましょう。

 

 

 

詳細は以下から。

 

 

 

01. 赤色: 危険、情熱、興奮、気力

 

意味合い

 

赤色(英: Red)には、数多くの意味合いがあり、パンチのあるデザインに仕上げます。赤色には欲望を高める能力があり、そのほかに炎(英: Fire)や危険(英: Danger)、血(英: Blood)などを表現する一方、愛(英: Love)や性欲(英: Sexuality)、情熱(英: Passion)も表現できます。

 

気力に満ちた(英: Energetic)でイキイキとした(英: Lively)色で、強さ(英: Strength)や信用(英: Confidence)、力(英: Power)をシンボル化します。

 

 

利用ポイント

 

赤色には強い意味合いがあるので、利用には注意が必要です。しかし他のブランドが赤色を避けているのなら、ブランドを目立たせる最適な方法とも言えるでしょう。

 

 

01.-Kombi-770x520

 

上記サンプルは、カナダの寒い気候に適した、冬向きの洋服を販売している会社です。ここでは温かさ(英: Warmth)や熱(英: Heat)を連想させ、カナダの国旗と同じ色でデザインされています。

 

 

02.-SSU-900x600

 

上記サンプルは、スウェーデンの政治と強く結びついたデザインサンプルです。スウェーデンでは、赤色は民主党を表し、伝統的なバラの花のシンボルマークより、配色を決定しています。

 

 

02.-SSU-1324x883

 

上記サンプルは、ノルウェイにあるレストランのブランディング・デザインで、テクスチャや反透明レイヤー、クリーム色とのコントラストを利用することで、印象をソフトに仕上げています。

 

 

 

02. オレンジ色: 新鮮さ、若さ、クリエイティブ、冒険心

 

意味合い

 

温かみのある赤色と黄色をブレンドしたオレンジ色(英: Orange)は、活気(英: Activity)や気力(英: Energy)を表現します。新鮮で(英: Fresh)、健康的な(英: Healthy)を表すことから、もちろん果物のオレンジやビタミンCをつかった商品を連想させます。オレンジ色はどんなデザインにも合わせやすいというわけでなく(1970年代を象徴する色です)、若さ(英: Youthful)やクリエイティブ(英: Creativity)、冒険心(英: Adventure)を表現できます。

 

 

利用ポイント

 

オレンジ色は楽しさ(英: Fun)や活気(英: Vibrancy)を表すことから、若さ(英:Youthful)や気力(英: Energetic)なイメージのブランドにうまく利用できます。高級感や伝統的で、真面目なブランドには避けたほうが良いでしょう。

 

 

04.-Feeding-the-self-1324x880

 

上記サンプルは、アフリカの子供に野菜やハーブ栽培を推奨する、団体の名刺デザインです。オレンジ色が庭を連想させる、若くて新鮮で、健康的なデザインを演出しています。

 

 

05.-Adventure-1400x875

 

上記サンプルは、映像プロダクション会社のブランディングで、力強い色使いと太字フォントが、冒険心や若さをうまく表現しています。

 

 

06.-Ampersand-Agency-4500x3000

 

上記サンプルでは、オレンジ色と一緒に青色と茶色を組み合わせることで、クリエイティブで気力に満ちた会社の雰囲気を演出しています。

 

 

 

03. 黄色: 楽天主義、快活さ、陽気さ、幸せ

 

意味合い

 

太陽の色でもある黄色(英: Yellow)は、笑顔を増やす色使いと言えるでしょう。遠くからもっとも認識しやすい色で(交通標識にも黄色が利用されています。)、快活さ(英: Cheerful)やフレンドリー(英: Friendliness)、喜び(英: Joy)、気力(英: Energy)を表現します。また同時に、気分がすっきりとした様子(英: Clarity)や知性(英: Intellect)を連想させます。

 

しかし実生活において黄色は、警戒的な色使いで、警察の立ち入り禁止用テープや危険地域を表すときに利用されています。

 

 

利用ポイント

 

色合いを押さえた黄色は、デザインを安っぽく見せてしまいます。正しい色が使われているかユーザーの反応をリサーチするのに、最適な色といえるでしょう。

 

 

07.-Citrus-Brothers-1200x800

 

上記サンプルは、黄色を利用したステーショナリーグッズです。元気の良さ(英: Cheerful)や愉快さ(英: Entertaining)、笑顔にさせる(英:Smile-Inducing)デザインが特長です。

 

 

08.-Elektromobilität-Region-Aachen-600x400

 

上記サンプルは、電気自動車会社のブランドコンセプトです。黄色は一般的に電気(英: Electricity)を表し、同時に元気さ(英: Energy)にもつながっています。

 

 

09.-Impero-775x517

 

黄色と黒色の組み合わせは、リスクのある選択かもしれませんが、上記サンプルでは、黄金にちかい黄色をシンプルな文字テキストを合わせることで、モダンで控えめな印象に仕上げています。全体イメージとして、フレンドリー(英: Friendly)で、陽気な(英: Playful)な雰囲気が素敵です。

 

 

 

04. みどり色: ナチュラルさ、活力、富、名声

 

意味合い

 

みどり色(英: Green)は、2つの逆説的な意味合いを持っています。ひとつは自然(英:Natural)や環境(英:Environment)で、もうひとつは財政(英: Finance)や富(英:Wealth)を表現します。自然において植物や成長を意味することから、自然に関連する環境やオーガニックな雰囲気を伝えます。

 

またみどり色は、お金の色(アメリカの紙幣を連想してみましょう。)として知られていることから、富(英: Wealth)や安定(英:Stability)を表現することもできます。

 

 

利用ポイント

 

色合いを整えた、みどり色を注意深く選びましょう。明るい色合いが成長(英: Growth)や生命力(英: Vitality)、再生(英: Renewal)を表す一方、深みのあるみどり色は名声(英: Presitige )や富(英: Wealth)、豊富さ(英: Abundance)を表します。

 

 

10.-Albahaca-1200x897

 

上記サンプルは、鮮やかな色使いが印象的な名刺デザインです。会社名にも使われているハーブの写真を利用することで、新鮮で、健康的な、生命力に満ち溢れたブランドイメージを演出しています。

 

 

11.-Streat-Helsinki-900x600

 

上記サンプルは、発色のよいみどり色を利用した、フードフェスティバル用デザインで、アジアのナイトマーケットを連想させるネオンライトと同時に、提供されるフードのフレッシュさをうまく表現しています。

 

 

12.-Filmfaktisk-900x563

 

上記サンプルは、彩度を落としたみどり色を、各イメージ写真に重ねることで、名声(英: Prestige)や富裕(英: Richness)、奥行き(英: Depth)を表現しています。

 

 

 

05. 青色: コミュニケーション、信頼、落ち着き、憂うつ

 

意味合い

 

青色(英: Blue)は、世界的にもっとも好まれた色で、幅広いデザインに利用されています。特に信頼(英: Realiability)や信用(英: Trustworthy)、コミュニケーションに関連する会社(FacebookやTwitter、Samsungなど)で人気の色使いで、団体の権力(英: Authority)や官僚な(英: Officialdom)イメージを表現しています。

 

 

利用ポイント

 

また落ち着き(英: Calming)や、海や空との調和(英:Harmonious)も表現することもできます。しかし青色のもつ感情的な色の意味合いとして、悲しさ(英: Sadness)や憂うつさ(英:Despression)にもつながります。

 

 

13.-Siegfried-1400x906

 

上記サンプルは、リーダーシップやコミュニケーション能力を学ぶ会社のブランドコンセプトです。鮮やかな青色は専門性(英:Professionalism)だけでなく、信頼性(英: Dependability)、強み(英: Strength)を表しています。

 

 

14.-Wo-Hing-General-Store-1500x1000

 

上記サンプルは、青と水色を組み合わせた、高級感のある見た目を演出しています。アジアに対する敬意(英: Homeage)を払った鮮やかな青色に、落ち着いた店の雰囲気をうまく描いています。

 

 

15.-Porto-1200x800

 

上記サンプルは、ポルトガルの街ポルトを再現したデザインです。街を連想させる青色と街並みを利用することで、うまく街の特長を伝えています。

 

 

 

06. むらさき色: 王位、威厳、精神的、ミステリアス

 

意味合い

 

むらさき色(英: Purple)は、覚醒しにくい(英: Low Arousal)色使いと言えるでしょう。一般的に王位(英: Royalty)や威厳(英: Majesty)、尊さ(英:Nobility)を表す一方、スピリチュアルで(英:Spritual)でミステリアス(英: Mysterious)な雰囲気を演出します。色の濃いむらさき色は、高級感(英: Luxury)や華やかさ(英:Opulence)を表し、明るいむらさき色は女性的(英: Feminine)で、センチメンタル(英: Sentimental)、ノスタルジック(英: Nostalgic)なデザインに仕上げます。

 

 

利用ポイント

 

女性は、むらさき色を一流(英: Top-Tier)の配色と捉える、という研究結果が示すように、むらさき色は女性をターゲットにしたデザインに最適です。全体にブランドカラーとしてむらさき色はあまり人気がなく、2014年にForbesから発表されたリスト100のなかで、Cadburyという会社だけがむらさき色を利用しています。

 

 

16.-Intu-1240x775

 

上記サンプルは、むらさき色と灰色をうまく組み合わせた名刺デザインで、よりユニセックスな見た目を実現しています。

 

 

17.-Tidepool-1140x755

 

上記サンプルは、デザイン性が目立つ薬関連のソフトウエア会社の名刺デザインです。濃いむらさき色は、高級感と威厳を表しています。

 

 

18.-Bella-Casa-775x549

 

上記サンプルは、インテリアデザイン会社の名刺デザインで、ビクトリア調デザインとフランス文化に敬意を払ったデザインです。むらさき色を通して、女性的でノスタルジック、そしてセンチメンタルな雰囲気を演出しています。

 

 

 

07. 茶色: オーガニック、健全さ、シンプルさ、正直さ

 

意味合い

 

茶色(英: Brown)は、特にオーガニックや自然食品、美容コスメティック関連に利用されています。自然から連想できる健康の良さ(英: Wholesome)や、規則正しさ(英: Orderliness)を表します。またシンプルで、力強く、正直さを表現することもできるので、あまり色を利用したくないときにも適しています。

 

 

利用ポイント

 

土ぼこりを連想させる茶色は、注意して利用しましょう。反対に、土や泥などをコンセプトにした商品を開発している会社には、最適な色使いと言えるでしょう。

 

 

19.-Clay-900x600

 

上記サンプルは、茶色のカラーパレットと、光沢感のないテクスチャを利用した、セラミックアート美術館のデザインコンセプトです。茶色がうまく、作品の土臭さや誠実さをうまく伝えています。

 

 

20.-Everybody-Loves-Fish-and-Chips-800x600

 

上記サンプルは、さまざまな茶色の色合いと、紙テクスチャを利用することで、健康によい(英: Wholesome)、ナチュラルさ(英: Natural)、オーガニック食品を表現しています。

 

 

21.-XYY-1240x744

 

上記サンプルは、アパレルショップのデザインコンセプトで、明るい茶色と濃い茶色を組み合わせることで、シンプルで永続性のある(英: Durable)、正直なデザインに仕上げています。

 

 

 

08. ピンク色: 女性らしさ、センチメンタル、ロマンチック、わくわく感

 

意味合い

 

ピンク色(英: Pink)は、長年のあいだ典型的な女性らしさを表す色とされ、より少女っぽさ(英: Girly)をイメージさせる色とされてきました。しかし実はピンク色は、幅広く活用でき、強烈なインパクトを与える意味合いも持っています。薄ピンク色は少女らしさを代表する色使いで、優しさ(英: Sweetness)を表し、彩度を落としたピンク色は、よりセンチメンタルな印象となり、明るいピンク色はロマンチックな雰囲気に仕上げます。

 

反対に鮮やかなピンク色は、若々しさ(英: Youthfulness)や気力(英: Enery)、楽しさ(英: Fun)や興奮状態(英: Excitement)を表します。

 

 

利用ポイント

 

ピンク色は、表現したい雰囲気や感情とマッチしているのか、きちんと確認して利用しましょう。ユニセックスなブランドイメージにも適しており、個性を表現したいときに。

 

 

22.-Eleanor-Finch-905x638

 

上記サンプルは、明るいピンク色を利用した、写真家Eleasnor Finchのブランディング・デザインです。ターゲット層が女性ということもあり、モノクロ写真とシンプルな文字テキストが、モダンな印象に仕上げ、少女っぽさをなくしています。

 

 

23.-British-Independent-Film-Festival-1000x707

 

上記サンプルは、蛍光ピンク色を利用した、イギリスで行われたフィルム・フェスティバルのポスターデザインです。注目をあつめるために、ユニークな文字テキストを組み合わせることで、楽しく、活気にあふれた、若々しい印象に仕上げています。

 

 

24.-Georgia-Gamborgi-1400x787

 

上記サンプルは、薄ピンク色を用いた建築家のブランドコンセプトです。ピンク色は優しく、ロマンチックな色使いですが、若さと活力のあるデザインが特長となっています。

 

 

 

09. 黒色: 洗練さ、フォーマル、高級感、悲しみ

 

意味合い

 

色がブランドの認知力をアップさせるように、黒色(英: Black)も例外ではありません。きちんと利用することで、黒色特有の印象に残るブランドイメージを表現できます。黒色は高級感(英: Luxury)や力(英: Power)、洗練さ(英: Sophistication)を表す一方、死(英: Death)や悪魔(英: Evil)、ミステリーさも表現できます。

 

 

利用ポイント

 

明るい色を一緒に利用して、コントラストをうまく表現しましょう。金箔ホイルを一緒に利用することで高級感を演出し、白色と一緒で、力強さとシンプルさを伝えます。光沢感のある/なしによって、テクスチャの質感がどのようにメッセージの伝え方を変えるのか、確認してみると良いでしょう。

 

 

25.-A-Design-Film-Festival-600x400

 

上記サンプルでは、光沢感のある黒と、光沢感のない黒を組み合わせることで、洗練された雰囲気をデザインしています。クラシカルで力強いメッセージ性に、キラキラと輝くテクスチャが目を引きます。

 

 

26.-All-for-Show-500x344

 

上記サンプルでは、金箔ホイルを一緒に利用することで、高級感と限定感を演出しています。また反透明のイメージ写真が、よりデザインに奥行きと重なりを表現している点もポイントです。

 

 

27.-SWG-Studio-1000x665

 

上記サンプルでは、大部分に黒色を利用することで、ブランドイメージを再生された、ステーショナリーセットです。全体イメージとして、フォーマルで、専門的な、真面目さがポイントになります。

 

 

 

10. 白色: 純粋、シンプルさ、無邪気さ、ミニマル

 

意味合い

 

白色(英: White)は、純粋さ(英: PUrity)やシンプルさ(英: Simplicity)、無邪気さ(英:Innocence)、完璧さ(英: Perfection)を表します。白色をブランドカラーに利用するときは、Appleのような完璧さを表した会社に最適で、商品のシンプルなデザイン性と機能性をうまく結びつけます。飾り気のないシンプルな配色から、デザイナーは清潔感のある、モダンなミニマルデザインとして利用されています。

 

 

利用ポイント

 

白色を利用することで、ブランドの個性を引き出すのが難しくなります。シンプルで、純粋さ、透明性のあるブランドコンセプトに利用するようにしましょう。

 

 

28.-Thomas-Wightman-800x500

 

上記サンプルでは、黒文字とシンボルマークのみを加えることで、シンプルで、分かりやすい、ミニマルスタイルに仕上げています。

 

 

29.-Orto-Botanica-560x448

 

上記サンプルは、バチカンにある植物園をモチーフにしたデザインコンセプトです。オーガニックで、温もりを感じるテクスチャの上に白文字を重ねることで、自然の純粋さや完璧さをうまく表現しています。

 

 

30.-Handvaerk-900x600

 

上記サンプルは、洗練されたシンプルさ、清潔感と高級感を表現したブランディングです。白背景に白文字テキストを重ねることで純粋さや、正直さ、透明性を伝えています。

 

 

 

10. マルチカラー: バラエティーさまざま

 

意味合い

 

さいごに、Googleやオリンピックロゴのような、複数の色を用いたロゴデザインはどうでしょう。さまざまな色使いは、人や国などの多様性(英: Variety)を表すことができます。

 

 

利用ポイント

 

プリント印刷において、利用する色が増えることで、印刷代もより多くかかってしまうので、プロジェクト予算を把握しておきましょう。選択した色が、プリント媒体とスクリーン上でうまく組み合わされているか確認することで、最終仕上がりの色が異なるなどの、問題を防ぐことができるでしょう。

 

 

31.-New-Image-Systems-775x469

 

上記サンプルでは、6色のカラーパレットが利用されており、それぞれの色が従業員を表しています。灰色を用いることでデザインに統一感が生まれ、全体として会社のたくさんある強みを表現したコンセプトです。

 

 

32.-Giddy-Up-1240x753

 

上記サンプルは、HelveticaフォントとSwissスタイルで作成された、競馬ジョッキーをモチーフのTシャツ用デザインです。バラエティに富んだ色使いが、複数のジョッキーの個性をうまく伝えています。

 

 

33.-Hello-Ruby-1200x800

 

上記サンプルは、鮮やかで発色のよい色使いがポイントのブランドコンセプトです。少女の想像力を形にしたデザインで、力強く楽しい配色は、無邪気さ(英: Optimism)や好奇心(英: Curiosity)、そしてバラエティさを表しています。

 

 

 

ブランドカラーは決まりましたか?

 

ブランドイメージに合った、色を選択するのは簡単ではありません。しかし、どの色がもっとも適しているか決めるために、じっくり時間を掛けることが重要になります。以下の質問を、自分自身になげかけてみましょう。

 

  • ブランドの個性を表現する単語は何でしょう。
  • その単語は、何色を代表していますか。
  • 商品やサービスの特製にもっとも当てはまる色は何色でしょう。
  • 他の競争相手は何色を利用していますか。

 

 

参照元リンク : Color Meaning and Symbolism: How To Use The Power of Color in Your Branding – Canva Design School