Advertisement

glowinglightpreview

 

今回は簡単なステップのみで作成することができる幻想的な光のラインの作り方をご紹介します。

フォトショップの便利な機能の一つ「レイヤースタイル」を加えることで光のラインを自由自在に操ることができます。

 

 

10分もあれば簡単に作ることができるお手軽チュートリアルになっていますが、見た目のインパクトは強力なのでフォトショップを始めたばかりのひとにオススメです。

 

 

 

チュートリアルを始める前に今回使用するイメージサンプル画像をダウンロードしておきましょう。

サンプル画像
http://photoshopvip.net/tutorial/glowinglightsample.jpg

 

 

 

 

STEP 1

 

あらかじめダウンロードしておいたイメージ画像を開きます。

1-14

 

 

 

 

STEP 2

 

ツールボックスより「ペンツール」を選択し、図の様なパスを描きます。

ポイントは、アンカーポイントを多用せずに流れるような自然なラインを描くことです。

今回は3箇所にアンカーポイントを設置しています。

2-14

 

 

 

 

STEP 3

 

ツールボックスより「ブラシツール」を選択し、ブラシオプションパレットを開き以下の様に設定します。

ブラシ先端のシェイプ

3-13

シェイプ

3-22

 

 

 

 

STEP 4

 

新しいレイヤーを作成し、「ライン1」と名前変更します。

描画色「白」(#ffffff)となっていることを確認したら、パスパレット上の「作業用パス」を右クリック>「パスの境界線を描く」を選択します。

4-13

 

 

 

「強さのシミュレート」にチェックを入れて実行します。

4-23

 

 

 

 

STEP 5

 

メインメニューより「レイヤー」>「レイヤースタイル」を選択し、以下の様に設定します。

今回は、「光彩(外側)」に使用する色を「薄ピンク」(#e7cbc8)、「光彩(内側)」に使用する色を「濃ピンク」(#c1745a)としています。

光彩(外側)

5-13

光彩(内側)

5-21

 

 

 

このようになります。

5-31

 

 

 

 

STEP 6

 

ツールボックスより「移動ツール」を選択し、Ctrlキー(MacはCommandキー)を押しながらパスをクリックするとパスを移動させることができます

作成したパスを図の様に少しずつずらします。

6-13

 

 

 

再度パスパレットに戻り、「作業用パス」上で右クリック>「パスの境界線を描く」を選択します。

レイヤースタイルが自動的に適用されます。

6-21

 

 

 

 

STEP 7

 

STEP 6の作業を何度か繰り返します。

このときに「ブラシオプションパレット」を開き、「ブラシの太さ」を変更しながらするときれいに描くことができます

7-12

 

 

7-21

 

 

 

 

STEP 8

 

新しいレイヤーを作成し、名前を「ライン2」に変更します。

STEP 4同様にツールボックスより「ペンツール」を選択し、新しいパスを描きます。

 

パスの境界線を描いたら、メインメニューより「レイヤー」>「レイヤースタイル」を適用します。

今回は、「光彩(外側)」に使用する色を「薄ピンク」(#f2d0b5)、「光彩(内側)」に使用する色を「濃ピンク」(e8b16a)としています。

 

STEP 4~7を繰り返したら完成となります。

8-12

光彩(外側)

8-22

光彩(内側)

8-3

 

 

 

 

完成

 

glowinglight11

 

いかがでしたでしょうか。

「ペンツール」でパスを描くことによって自然な曲線を描いて幻想的な光のラインを作成することができました

 

パスの描き方次第でどんな光のラインでも作成することができます。

また、適用したレイヤースタイルの「光彩(内側)」、「光彩(外側)」の色を変えればどんな色のラインでも自由自在に作ることができます