Advertisement

vintagestencil_top

 

お好みのロゴに簡単なステップのみで、ビンテージ風ステンシルデザインを作成することができるチュートリアル「Vintage Stencil Style in Photoshop」が、デザインブログAbduzeedoで公開されていたので、今回はこちらを参考に作成したアートワークの手順をご紹介します。

 

 

ちょっとしたテクニックを適用することで、より雰囲気たっぷりに仕上げてくれ、幅広いデザインに応用することができますよ。

 

 

 

詳細は以下から。

 

 

 

ビンテージ風ステンシルエフェクトの作り方チュートリアル

 

STEP 1
 
まずお好みのロゴデザインを作成しましょう。今回は以下のフリーPSD素材を利用しました。

 

素材 Hand Drawn Badges by Callie – Fresh Ideas

 

step1

 

 

STEP 2
 
Photoshopで新しいカンバスを開きます、今回は2880x1800pxのサイズを用意しました。描画色「黒」(#000000)で、背景を塗りつぶします。ロゴデザインを配置し、レイヤースタイル「カラーオーバーレイ」を適用し、「白色」に変更しておきましょう。

 

step2

 

 

STEP 3
 
黒く塗りつぶした背景レイヤーと、ロゴデザインをグループ化して「スマートオブジェクト」を適用します。つづけてメインメニューより「フィルタ」>「ぼかし」>「ぼかし(ガウス)」を選択し、「半径4px」で適用します。デザインに応じて微調整する必要があります。

 

step3

 

 

STEP 4
 
メインメニューより「レイヤー」>「新規調整レイヤー」>「レベル補正」を選択したら、ボカシ部分がなくなりコントラストが強くなるよう以下のように設定します。再度メインメニューより「レイヤー」>「クリッピングマスク」を適用しておきましょう。こうすることでレイヤーのみに、レベル補正を加えることができます。

 

step4

 

 

STEP 5
 
新しいレイヤーを一番上に作成し、グランジ系質感ブラシ素材を利用してデザインにノイズ感を追加します。

 

step5

 

 

STEP 6
 
ロゴレイヤーと作成したブラシレイヤーをグループ化したら、グループの描画モードを「カラー比較(明)」に変更しましょう。ここで背景イメージを配置します。今回はオシャレな無料写真素材を公開するUnsplashよりイメージ写真をダウンロードしました。

 

参考リンク 超ハイクオリティな無料写真素材をダウンロードできるサイト9個まとめ

 

step5-2

 

 

STEP 7
 
今回利用したイメージ写真はやや色合いが明るく、ロゴがはっきりしていません。メインメニューより「イメージ」>「色調補正」>「色相・彩度」を選択し、コントラストがはっきりするように調整しましょう。

 

step6

 

 

STEP 8
 
再度メインメニューより「イメージ」>「色調補正」>「レベル補正」を選択し、出力レベルを中心に以下のように設定しましょう。もちろんイメージ写真に応じて調整が必要となります。

 

step7

 

 

STEP 9
 
さらに色合いを整えるために、メインメニューより「イメージ」>「色調補正」>「レンズフィルター」を選択し、「フィルター暖色系(85)」を適用し、適用量をさげて調整しましょう。

 

step8

 

 

STEP 10
 
グループ化しておいたロゴデザインを「スマートオブジェクト」に切り替え、メインメニューより「フィルタ」>「フィルターギャラリー」>「ブラシストローク」>「エッジの強調」を適用し、ロゴデザインをよりくっきりさせたら完成です。

 

step9

 

 

完成
 
これで完成となります。

 

step10

 

いかがでしたでしょうか。ちょっとだけ手を加えことで、ロゴを写真に重ねたときよりも印象的なデザインとなりました。参照元サイトではサンプル用PSDファイルもダウンロード可能となっています。オリジナルロゴで挑戦してみてはいかがでしょう。

 

media_1388294321405

 

 

参照元リンク : Vintage Stencil Style in Photoshop – Abduzeedo Design Inspiration