Advertisement

ps-shortcut-2016

 

フォトショップでの作業に時間がかかってしまう、というひとは多いでしょう。作業をはじめると、同じ作業を延々と繰り返していることがあります。そんなときは便利なショートカットをつかうことで、何度もツールパネルをクリックすることなく、さまざまな機能を楽に、そしてスピーディーに実現することができます。

 

 

今回は、フォトショップの生産性がグンとアップする便利なショートカット機能36個をまとめてご紹介します。レイヤーの作成やサイズ変更といった、ビギナーさんがまず覚えておきたい基本ショートカットから、あまり知られていないプロ向け実践ショートカット(手がつりそう。)まで幅広く揃います。

 

 

 

詳細は以下から。

 

 

 

プロデザイナーも実践する、フォトショップの便利なショートカット36個まとめ

 

こちらの記事は、Mac のショートカットを一覧にしています。Windows ではCommandキーをCtrlに置き換えることがで、同じ操作を行うことができます。

目的 ショートカット 効果について
参照元 : 36 Essential Beginner Hotkeys for Photoshop – Tutvid.com
新規ドキュメントを作成する Command + N フォトショップをはじめるとき、まず利用したいショートカットのひとつ。
新規レイヤーを作成する Command + Shift + N 新しくレイヤーを追加したいときに。
レイヤーを複製する Command + J レイヤーパネルより複製したいレイヤーを選択してから、ショートカットを適用しましょう。
複数のレイヤーを選択する Command + クリック レイヤーを個別に選択したいときに。Shiftを押しながらクリックすることで、複数のレイヤーをまとめて選択することも可能。
レイヤーを結合する Command + E レイヤーパネルで選択された、複数のレイヤーをまとめて結合できます。
すべてのレイヤーを結合し、新規レイヤーを作成する Command + Shift + Alt + E 表示されているすべてのレイヤーを結合するショートカットで、写真加工デザインなどでよく利用します。
レイヤーをグループ化する Command + G 複数のレイヤーをひとつのフォルダにまとめたいときに。
ドラッグでレイヤーを複製する Alt + ドラッグ カンバス上で複製したいレイヤーを選択し、ドラッグするだけのお手軽ショートカット。文字テキストや画像、シェイプなどすべてのレイヤーに対応。
レイヤーの選択範囲を読み込む Command + サムネイルをクリック レイヤーパネル上のサムネイルをクリックすることで、選択範囲を指定することが可能。
選択範囲の取り消し Command + D 選択範囲を解除したいときに。
すべてを選択する Command + A カンバス全体を選択範囲として指定したいときに。
前回の選択範囲を再選択する Command + Shift + D 一番最後に読み込んだ選択範囲を、再度選択することが可能。
選択範囲を反転する Command + Shift + I レイヤーマスク機能でよく利用するショートカットのひとつ。
選択範囲を追加、削除する Shift / Alt + ドラッグ メインメニューより「選択ツール」を選んだ状態で行いましょう。Shiftを押すことで、選択範囲を追加し、Altで選択した範囲を削除します。
選択範囲を描いているときに移動させる Space を押したままドラッグ 選択範囲を指定するとき、任意の位置に移動させることができます。
描画/背景色を初期設定に戻す D / X Xを押すことで、描画色と背景色を切り替えることが可能。
レイヤーや選択範囲の塗りつぶし Alt + Backspace 同様に、Command + Backspaceで、背景色による塗りつぶしも可能。
ブラシツール利用中にカラー抽出 Alt を押したまま、コピーしたい部分をクリック ブラシツールを利用しているとき、瞬時に描画色を変更できるショートカット。
ブラシサイズの変更 + / ブラシツールを選択している状態で、サイズ変更を行いましょう。
レイヤーの自由変形 Command + T 拡大縮小、ゆがみなどの変形にも対応。
レイヤーの自由変形 2 Shift / Alt Shift で縮比を保ったままレイヤーサイズの変更ができ、Alt でレイヤーの中心(センターポイント)から変形を行うことも可能。
画像サイズを変更する Command + Alt + I
ダイアログボックスを初期化する Alt を長押し エフェクト適用時など、変更したい値を初期化リセットしたいときに。
RAW ファイルをスマートオブジェクトで開く Shift を長押し カメラ RAW ファイルを、非破壊で編集することが可能になります。
カンバスをタブで移動する Ctrl + Tab 複数のPSDファイルを同時に開いているとき、瞬時に別のファイルに移動できるテクニック。
正方形/正円を描く Shift + ドラッグ 「選択ツール」を選んだ状態で、Shiftを押しながらドラッグしてみましょう。
中心から選択範囲を描く Alt + ドラッグ 「選択ツール」を選んだ状態で、Altを押しながらドラッグしてみましょう。
前の作業に戻る Command + Z /
Command + Alt + Z
Altも一緒に押すことで、連続して戻ることが可能。
テキスト入力モードを完了する Command + Enter 文字テキストを入力した後に、このショートカットを適用することで、テキスト入力モードから抜けることができます。
画像の彩度をさげる Command + Shift + U
ズームイン/アウトする Command + + / カンバスの表示倍率を変更したいときに。
画像を画面サイズにフィットさせる Command + 0 開いているフォトショップのスクリーンサイズに応じて、自動的にフィットさせることができます。
画像を等倍サイズで表示する Command + 1 細かいディテールなどの作業を行うときに、よく利用するショートカットのひとつ。
ファイルの書き出し/Web用に保存する Command + Shift + Alt + W/S Wでファイルの書き出し、SでWeb用に保存用のダイアログボックスを表示します。
ファイルを別名で保存する Command + Shift + S ファイルをPSD形式などで、そのまま保存したいときに。
現在開いているドキュメントを閉じる Command + W 現在開いているドキュメントのみを閉じることができるショートカット。


サムネイル@ : Adobe Creative Suite Toolbar Shortcut Wallpapers [Exclusive] – Hongkiat