Advertisement

 

海外サイト 99designs で公開された 8 brilliant color trends for 2021 より許可をもらい、翻訳転載しています。

 

この記事では、2021年に注目されている配色の動向やトレンドを、8個のポイントに分けて詳しく紹介しています。

 

2019年、次に人気となる配色は、未来的なデザインで、明るく大胆な色使いだと考えていました。

 

しかし、2020年に入り、新型コロナウイルスの世界的大流行が起こります。そして、すべてが変わりました。

 

2021年に注目されている配色の動向としては、落ち着いたリラックスした気持ちにさせる色がほとんどでしょう。ネオンや派手な色の代わりに、よりソフトで、人間らしさを感じる色が選ばれています。

 

調和のとれた配色を考えてみましょう。これこそが、2021年のカラートレンドです。

 

たとえば、単色デザインや淡いパステルカラー、自然を題材にしたアースカラー、他の色の混ぜやすいカラーパレットなどがその代表です。

 

では、2021年に要注目の配色、カラーパレットの人気トレンドを詳しく見ていきましょう。

 

 

コンテンツ目次

 

 

01. 彩度超高め、美味しそうな色Super-saturated, juicy colors

 

2021年に注目されている配色の動向のひとつが、鮮やかでジューシーな色と、パステルカラー中心の淡い色の背景の組み合わせです。使われている色をよりポップに魅せることができます。

 

via Brand identity design by Shwin

 

今年のような厳しい年になると、ポジティブな気持ちになりたいひとが増えるため、デザイナーはいま必要とされている陽気で、いきいきとしたマゼンタ、オレンジ、サンゴ色などの配色を利用しています。

 

ジューシーで高級感のあるこれらの色は、若返ったような高揚感を与えてくれます。暖かくても暑すぎない。爽やかでありながら、控えめで主張しすぎないのが特長。

 

そして、淡いパステルピンクとクリームホワイト色との組み合わせが、より魅力的なコントラストを生み出しています。このトレンドでの淡い色の背景は、もっとも注目を集めるフォーカル・ポイントと同じくらい重要で、デザインをポップにする役割も。

 

via kostis Pavlou

 

 

 

02. 人間の肌の色Human skin tones

 

2021年に話題となる次のトレンドが、人間の肌の色の美しさにフォーカスした配色カラーパレットです。

 

より人間味のあるデザインが増え、肌色やヌード色などと呼ばれる、オーガニックでナチュラル配色が人気となるでしょう。2021年には、あらゆる肌の色をモチーフにしたデザインが登場し、一人以上の人物に焦点を当てている点もポイント。

 

via Natalia Demidova via Behance

via Fe Melo

via Nida Mars

via Tesco

 

 

 

03. 調和のとれた類似色カラーパレットHarmonious, analogous palettes

 

2021年は、統一感や一体感のある快適さを求めるようになり、より調和のとれた配色が、カラートレンドにも反映されていくでしょう。

 

今後は、似た色を合わせた類似色(英: Analogous)カラーパレット、つまり互いに溶け込みやすい、親和性の高い配色に注目です。

 

 

トレンドは時間の経過とともに変化します。数年前から人気のグラデーションカラーは、類似色をつかった新しい配色へと変わってきています。

 

いくつかの配色は同じ色合いの配色で構成されている一方で、カラーホイールに隣同士に配置された色の組み合わせも有効なテクニック。

 

どちらもグラデーションのような効果がありますが、グラデーションほど滑らなかな色の変化はないのが特長。

 

via artsigma

via lliiaa

 

 

 

04. アッと驚くシュールな配色Surreal and expressionist color

 

先述の調和のとれた快適な色をつかったトレンドに加えて、予想外の色をつかって夢のようなイメージ、雰囲気を作り出す、シュールな方法も2021年に多く見られるようになるでしょう。

 

via _Ossobuko_

 

通常ではあまり利用しない色をつかって、オブジェクトをペイント、着色することで、新しいメッセージを主張できる点がポイント。

 

遊び心を持って、厳しい現実をあえて忘れさせてくれる、現実逃避のようなデザインに挑戦してみましょう。

 

via Boja

via Julia S.

 

 

 

05. モノクロ配色プラス1Monochorme plus one

 

単色づかいのモノクロ配色カラーパレットは、特に新しいトレンドではなく、2020年注目の配色トレンドでも取り上げています。

 

しかし、これまでのモノクロ配色カラーパレットは奥行き感とヴィジュアル力アップのために、同系色のシェードを利用していました。2021年版は、同じ効果を生み出すために、単一のグレースケールのデザインに単一のコントラストを利用しています。

 

表現力のあるダイナミックなシェードを追加することで、カラフルになりすぎず、デザインに色を加えることができます。また同時に、シンプルさを保つモダンな方法でもあります。

 

via Irudh

via !s

 

 

 

06. 目にやさしい落ち着いた配色Soothing colors that are easy on the eyes

 

この1年間は、いつも以上に自宅で過ごすことが多く、同時にパソコンのスクリーン画面を見るのに多くの時間を費やした年でもありました。ソーシャルディスタンスを考えた、オンラインでの会議やミーティングなどもそのひとつです。

 

2021年には、目にやさしい色がトレンドとなり、快適さを追求したデザインが増えることが予想されます。繊細でシンプルなデザインと、クールでナチュラルな配色によって、長時間のパソコン作業による目の疲れを軽減します。

 

via Ikim

via anajersey

 

 

 

07. 使い古した、色あせた配色Worn & faded-looking colors

 

2021年に注目したいカラートレンドのもうひとつが、生活感のある色です。具体的には使い古したお気に入りのジーンズを連想してみましょう。長いあいだ着用したことで、色あせているかもしれません。これこそが、このトレンドの配色です。

 

via nevergohungry

 

デザインのテクニックとしては、ラフで擦り切れた質感のテクスチャを使用することで、長期間使用した風合いを演出できます。

 

via Chrisb Marquez via Behance

via Simon Stratford via Behance

 

 

 

08. オーガニックな形のカラーブロッキングParalla

 

オーガニックで無造作な形を重ねたカラーブロッキングは、配色のトレンドではなく、パッケージデザインの人気トレンドのひとつになると予想されています。

 

via monostudio

 

2021年のカラーブロッキングの特長は、ラフで不完全な形に、質感のある補色として一緒に利用されるデザインです。

 

via Qianlizhang via Behance

 

 

2021年の準備はできていますか。Are You Ready for 2021?

 

いかがでしたでしょう。2021年は、より人間味のある目にやさしい配色が注目されています

 

世界中で猛威をふるっているコロナウイルスはもちろん、さまざまなデザインの動向が、配色のトレンドに影響を与えているように思います。

海外サイト 99designs で公開された 11 inspiring graphic design trends for 2021 より許可をもらい、翻訳転載していま
海外サイト 99designs で公開された 9 stunning web design trends for 2021 より許可をもらい、翻訳転載しています。

 

今回紹介した人間味のある配色を、今後のデザインプロジェクトに活用してみてはいかがでしょう。

 

配色に困ったときは、便利なオンラインツールを活用してみると良いでしょう。

この記事は、2016年8月22日に公開してから再編集、アップデートを随時行っています。新しいツールを加え、サービスが終了しているツールは削除し、合計83個の配色ツールサ

 

参照元リンク : 8 brilliant color trends for 2021 – 99designs