Photoshopロゴ

Photoshopで複雑な背景から
髪の毛を切り抜く方法【完結編】

Photoshopの画像の切り抜き方法は、用途によってたくさんのテクニックがあり、当サイトでも「 Photoshop切り抜きをマスターする10個の鉄板テクニック 完全ガイド」でご紹介しています。しかし本当に厄介なのは、街や風景など複雑な背景だったり、髪の毛の色が背景色と同じようなケースなど、これらのテクニックがうまく利用できないこともしばしば。

今回は、切り抜きを諦めてしまいそうな背景でも、髪の毛など複雑なオブジェクトをうまく切り抜く方法をご紹介します。前回同様、Photoshopの「選択とマスク」を使った切り抜きテクニックですが、より複雑な背景を得意とした裏技テクニック。

Photoshop
For Life
“THE FASTEST WAY TO CUT OUT HAIR IN PHOTOSHOP”

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法1

今回は、こちらの画像の女性モデルを切り抜きます。背景には、大海原が広がり、ところどころ白波が立っています。そして女性モデルの髪の毛も、宙に盛大に舞っています。写真をズームアップしてみると、細かく乱れた髪の毛も無数にあり、切り抜きしにくそう。

サンプル画像

自動選択ツール

まずは切り抜きたいエリアを選択していきましょう。ツールバーより「クイック選択ツールクイック選択ツール」(ショートカット: W)などお好みのツールで大まかに選択しましょう。

メインメニューより「選択範囲」>「被写体を選択」を適用し、人工知能によって選択範囲をうまく指定できますが、このような複雑な背景での処理は苦手です。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法2

選択範囲が決まったら、メインメニューより「選択範囲」>「選択とマスク」を選択しましょう。

表示されたプロパティボックス上で、「エッジの調整: 250px」、「スマート半径」にチェックを入れる、「グローバル調整」より「エッジをシフト: 70%」、「出力設定」より「不要なカラーを抽出」にチェックを入れ、「適用量: 69%」と順番に設定していきます。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法3

写真をズームアップし、より細かい髪の毛の部分を「境界線調整ブラシツール」(ショートカット: R)を使ってなぞっていきしょう。こうすることで、不要な背景だけが削除されます。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法4

「選択とマスク」を適用した様子がこちら。この段階では、背景にあった海面がまばらに残ってしまっています。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法4

背景が透明では切り抜いた様子が分かりにくいので、背景となる写真をここで配置しておきます。よりリアルな仕上がりを目指すために、写真を拡大し一部のみを利用してみましょう。

サンプル画像

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法6

「背景」レイヤーを選択した状態で、メインメニューより「フィルタ」>「ぼかし(ガウス)」を選択し、「半径: 5px」で適用します。こうすることで、背景のみぼやけた様子となります。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法7

レイヤーパネル上で、作成したレイヤーマスクを選択した状態で、右クリックより「レイヤーマスクを適用」をクリックしましょう。こうすることで、画像レイヤーのみとなりました。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法8

レイヤーパネルより作成したレイヤーのサムネイルをクリックし、選択範囲を再度指定します。

ここで、再度メインメニューより「選択範囲」>「選択とマスク」を選択し、プロパティパネルを開きましょう。これが、このテクニックの最大のポイントとなります。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法8

表示されたプロパティボックス上で、「エッジの調整: 0px」、「スマート半径」にチェックを入れ、「グローバル調整」より「エッジをシフト: -17%」、「出力設定」より「出力先: 新規レイヤー(レイヤーマスクあり)」で新しく選択範囲を指定します。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法8

チャンネルパネルを開くと、選択した範囲がマスクレイヤーとして保存されているのを確認できます。ここで、最終的な選択範囲を調整していきます。

よく見ると、身体の一部も選択範囲に含まれており、このままでは合成したときに透けてしまいます。ツールバーより「ペンツールペンツール」を選択し、身体の部分のみパスを引いていきましょう。

選択が完了したら、右クリックで「選択範囲を作成」を選択し、「ぼかしの半径: 0px」で適用します。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法8

チャンネルパネル上でコピーマスクレイヤーを選択した状態で、ツールバーより「ブラシツールブラシツール」を選択し、描画色「白(#ffffff)」で選択した範囲内をペイントしていきます。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法8

メインメニューより「選択範囲」>「選択範囲を反転」(ショートカット: Shift+ Comman/Ctrl)+ I)とし、今度は描画色「黒(#000000)」で身体からはみ出てしまった選択範囲エリアをペイントしていきましょう。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法8

チャンネルパネルのRGBレイヤーを表示・非表示にすることで、どの部分が選択範囲となっているのか、より分かりやすく確認できます。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法8

最終レタッチとして、新規レイヤーを一番上に作成し、右クリックで「クリッピングマスクを作成」(Alt/Optionを押しながらレイヤーの中央線をクリック)しましょう。続けてレイヤーの描画モードを「色相」に設定します。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法8

ツールバーより「スポイトツールスポイトツール」を選択し、髪の毛の色を抽出しましょう。続けて、ツールバーより「ブラシツールブラシツール」を選択し、ソフトブラシで選択範囲の輪郭を少しずつなぞって、ペイントしていきましょう。

こうすることで、不自然な光の反射やフリンジをうまくぼかすことができます。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法8

ここまでで十分ですが、さらにリアル感を追求するために、もうひとつ新規レイヤーをカンバスの一番上に作成し、レイヤーの描画モードを「スクリーン」にしたら、右クリックで「クリッピングマスクを適用」に進みましょう。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法8

再度ツールバーより「スポイトツールスポイトツール」を選択し、背景部分の色を抽出しながら、「ブラシツールブラシツール」のソフトブラシと切り替え、ほんの少しだけ輪郭をペイントすることで、本物そっくりの光の反射具合を表現できます。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法8

背景に画像を合成した様子がこちら。複雑な背景からフワフワの髪の毛を見事に切り抜くことができました。

Photoshopで髪の毛など複雑な範囲を数分で切り抜く方法8

同じテクニックを利用して切り抜いたサンプル例。こちらも髪の毛一本まで切り抜きが行われています。やっぱりすごいですね、フォトショップ。

Pic このテクニックのポイント

今回ご紹介した「選択とマスク」の二度使いによって、これまで諦めていたオブジェクトの切り抜きにも対応できるでしょう。以下のテクニックも参考にすることで、魔法使いのような切り抜きテクニックを手に入れましょう。

Photoshopの各種ツールを駆使した切り抜きテクニックと、いつその技を使うのがベストなのか、各サンプルと一緒にまとめてご紹介します。これらの方法を実践することで、どんなデザインでも手軽に、そしてスピーディーに切り抜き作業を行うことができるようになります。
髪の毛やモコモコとした動物の毛など難しい選択範囲にも対応でき、たった2〜3分でスピーディーに切り抜きできるので、フォトショップ初心者のひとにもオススメです。
写真に写り込んでしまった不要なモノを、2〜3分の短時間で、スピーディーに除去することができるので、フォトショップ初心者のひとにもオススメです。
SPREAD THE LOVE
photoshopツールボックス