Advertisement

 

海外サイト 99designs で公開された 9 inspiring packaging design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載しています。

 

2018年も残すところ1ヶ月を切ったところで、今年もデザイン性や機能性において、実験的で挑戦的なパッケージデザインが、たくさん作成されました。2019年は、そんな今年の人気トレンドを継続しながら、色やグラフィック、素材を使った新しいスタイルが登場するでしょう。

 

この記事では、2019年にかけて注目したい、パッケージデザインの最新人気トレンド9個を予想し、まとめてご紹介しています。たくさんのデザイン事例と一緒にまとめているので、今後のデザイン制作の参考にしてみてはいかがでしょう。

 

 

 

コンテンツ目次

 

 

01. 色を輝かせるミニマリズム Minimalism that lets color shine

 

2019年、より多くのブランドが透明性のあるデザインを求めていることから、ミニマリズム(英: Minimalism)の人気も続くでしょう。では、パッケージデザインで効果的に取り入れるにはどうしたら良いでしょう?必要不可欠なもの以外はすべて取り除き、配色やタイポグラフィーを利用することで、パッケージそのものを魅力的に仕上げてみましょう。

 

限界までデザインをシンプルにするのは挑戦ですが、それだけの価値があると言えます。機能性やシンプルな形やパターンを使ったメッセージを、あらゆるシーンでユーザーに伝えることができます。2019年のミニマルスタイルのパッケージは、配色やタイポグラフィを中心とした、シンプルなデザインに注目が集まるでしょう。このトレンドは、とてもインパクトがあり、目立つデザインを表現できます。

 

package-trend1-5

via joejoejoe22

目次へ戻る

 

 

 

02. 鮮やかなグラデーション Bright Gradients

 

グラデーションカラーは、パッケージデザインにとって、新しくて新鮮な配色を作り出し、ユニークでクリエイティブな作品を演出できます。周りにある自然を参考にした、時代を感じないサンプル例を探してみましょう。

 

グラデーションは奥行き感を表現するだけでなく、ウェブサイトなどのデジタル形式において、とても魅力的な見た目を実現できます。MicrosoftやAppleといった大企業が、2016年あたりからこのトレンドを採用しているのも納得です。

 

2019年にかけて、グラデーションはより重要な要素となり、あらゆるデザインに奥行き感を演出します。また、ネオンカラーなどのカラフルで鮮やかな配色のグラデーションを、パッケージデザイン全体に利用するケースも増えるでしょう。

 

package-trend2-2

via Anna Ahnborg

               っm

目次へ戻る

 

 

 

03. ヌード系配色 Nude Palettes

 

「ヌード系カラー(英: Nude)」は単色ではなく、桃色やバラ色に、クリーム色やチョコレート色を加えた、複雑な色合いが特長です。中立的なヌード系カラーがさざまな分野で話題となっており、パッケージデザインももちろん例外ではありません。

 

ナチュラルな色合いを取り入れ、ヌード系カラーやセピア、パステル系カラーを組み合わせたパッケージを、よく見かけるようになるでしょう。

 

package-trend3-7

via Ksenka

package-trend3-8

via EM180

目次へ戻る

 

 

 

04. フラット系イラスト Flat Illustration

 

フラットデザインの起源は、1920年代に登場し、グラフィックデザインの重要な基盤となったスイススタイル(英: Swiss Style)または、インターナショナル・タイポグラフィック・スタイル(英: International Typographic Style)です。

 

もともと印刷向けのデザインであったことを考えると、パッケージデザインにも最適で、論理的なトレンドと言えるでしょう。シンプルなデザインや配色、タイポグラフィ、そしてミニマリズムなアプローチを工夫することで、あらゆる印刷プリント媒体に理想的なデザインに仕上げます。

 

フラットスタイルは、シンプルになった図形によって、色を目立たせながら、文字テキストを読みやすくなり、立体感のあるデザインを省くことで、よりくっきりとした仕上がりを実現できます。そして、柔軟すぎるほど自由に、カスタマイズすることもできます。2019年には、フラットデザインがより進化していくことが予想されます。

 

package-trend4-1

via Thirst Craft

目次へ戻る

 

 

 

05. ヴィンテージ風パッケージ Vintage-inspired packaging

 

パッケージデザインにおいてレトロな美しさは、特に食べものや飲みものを中心に人気があるデザイントレンドです。地域にかかわらず、世界中のあらゆるお店で、ヴィンテージ風ラベルやパッケージを見かけます。

 

本物らしさ(英: Authenticity)を伝える目的で販売されるヴィンテージ風パッケージは、見た目だけでなく、雰囲気にもうまく反映されています。ヴィンテージ系フォントだけでなく、イラストやレトロな配色などがますます増えてくるでしょう。

 

目次へ戻る

 

 

 

06. 白黒パッケージ Black and white packaging

 

 

配色を2色のみにすることは、デザインに制限を感じるかもしれませんが、白黒の配色に関しては、常にデザインの強い味方となり、オーディエンスが無視できないほどのダイナミックさが特長です。デザイン要素感にたっぷりの余白スペースを確保し、関連性を表現することで、効果的にデザインを伝えることができるでしょう。

 

上記サンプル例は、白黒カラーを利用した素晴らしいサンプル例と言えます。清潔感があり、シンプルでバランスのとれたデザインを表現しています。以下サンプル例では、ミニマルさのなかに、複雑さを同時に表現した作品に仕上がっています。

 

package-trend6-2

via Ula Krasny

 

一見取り入れるのが難しそうなトレンドですが、白黒カラーをうまく利用することで、驚くほどクリエイティブなパッケージデザインを完成させることができるでしょう。

 

package-trend6-3

via juanreina

目次へ戻る

 

 

 

07. 型にはまらないパッケージ Atypical packaging design

 

 

同じ価格の2つの製品がある場合、わたしたちはほとんど、より魅力的なパッケージの製品を選びます。あっと驚くようなユニークなデザインを取り入れ、型にはまらないデザインを実現してみましょう。

 

たとえば右のサンプル例では、ドミノの原理を人間の健康状態に変換し、ユニークでプレミアム感のあるパッケージデザインを演出しています。

 

以下サンプル例では、パッケージの蓋をスライドさせることで、まるで魚を泳いでいるようなアニメーションエフェクトを実現しており、より印象的なデザインとなっているのが分かります。

 

 

2019年には、より独特でクリエイティブなアプローチを採用したパッケージデザインを、より見かけることが予想されます。パッケージ以外の目的で利用できるデザインには、特に要注目です。

 

目次へ戻る

 

 

 

08. 8ビット・パッケージ 8-bit packaging design

 

2019年にヴィンテージ、レトロ系パッケージのトレンドは、間違いなく注目されており、その中でも、クラシックなピクセルドットのアーケードゲームを連想させるデザインは、すでに人気となり始めています。ビデオゲームが世界的に普及したいま、時代遅れとすら感じるピクセルデザアートが、逆に新鮮となってくるでしょう。

 

8ビットのみによるデザインの制約は、同時に強みとも言え、他のデザインスタイルでは複雑すぎるものも、ピクセル化することで、よりシンプルに表現できることもあるでしょう。古いデザインスタイルですが、長く愛されるパッケージデザインには理想的です。

 

目次へ戻る

 

 

 

09. プラスチック未使用パッケージ Unique hand-lettering

 

プラスチックをできるだけ使用しないという意識は、世界中で急速に高まっているトレンドのひとつです。包装パッケージゴミの主要なものは、紙や厚紙が一番で、次にプラスチックやガラスが続いており、食品向けパッケージが多くの割合を占めています。

 

 

このことから毎年、パッケージに使用されている材料に関する科学の進歩が、より高度になってきています。藻をベースにしたプラスチックや、マッシュルームでつくった発泡スチロールなど、より効率的で今後も持続できる代替技術はもうすぐそこです。

 

右サンプル例では、再生紙で作られた、リサイクル可能で、堆肥にもなる紙をベースとした防水ボトルパッケージが制作されました。 また、以下サンプル例は、微生物をつかったパッケージデザインとなっており、今後大きな可能性を感じる分野と言えるでしょう。

 

 

2018年は、プラスチック容器を使わない、堆肥にもなるバイオマテリアルの研究の一環として、オランダにポップアップストアが誕生した年でもありました。2019年には、プラスチックを利用しないというこのエコな流れは、わたしたち消費者にとって、本当の選択肢となっていくかもしれません。

 

目次へ戻る

 

 

 

2019年の準備はできていますか。 Are You Ready for 2019?

 

2019年は、パッケージデザインにとってエキサイティングな年となるでしょう。美しい色の組み合わせから無色透明、ミニマリズムからヴィンテージスタイル、型にはまらないユニークなデザインまで、あらゆることが可能となります。来年は、どんなパッケージデザインをお店で見かけるか、今から楽しみです。

 

ウェブデザインやグラフィックデザイン、ロゴデザイン、フォントといった他の最新人気トレンドは、以下のエントリーを参考にどうぞ。

 

海外サイト 99designs で公開された 10 cutting-edge web design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載してい
海外サイト 99designs で公開された 10 gorgeous graphic design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載してい
海外サイト 99designs で公開された amazing logo design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載しています。
海外サイト 99designs で公開された 9 creative font trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載しています。

 

参照元リンク : 9 inspiring packaging design trends for 2019 – 99designs

サムネイル@ : Pure & Simple – Design Army