Advertisement

 

今からおよそ140年ほど前の明治時代。

 

もともと海外への輸出用に作成、花火の種類をイラスト毎にわかりやすくまとめた「平山煙火カタログ」をデジタルアーカイブ化。横浜市立図書館のホームページより、PDFファイルとして無料ダウンロードできます。

 

 

日本の浮世絵のようなイラストとアルファベットを組み合わせた、エキゾチックなイラストが特長で、空に広がる花火の一瞬を見事に捉えています。

 

このカタログを作成していたのは、横浜の平山煙火製造所。日本に特許制度がスタートする前にアメリカで特許を取得し、海外向けに花火の販売、輸出をはじめた平山甚太(ひらやま じんた)の会社だったそう。

 

 

当時、花火は日中に打ち上げる昼花火と、夜に打ち上げる夜花火の2種類があり、昼花火は爆発すると、和紙でできた袋物と呼ばれる人形が、空からゆらゆら漂うというもの。

 

 

金魚や鶴、七福神や相撲取りなど日本テイストのものから、貴婦人や鼻の高い西洋人などの海外向けまで、驚きと充実のセレクション。海外で人気になるのも納得です。

 

 

公開されている平山煙火カタログには、夜花火バージョンも残っており、夜空の黒を背景に、花火の輝きを見事に捉えたシンプルなイラストデザインが特長。製品番号も一緒にプリントされるなど、現代のカタログと変わらないつくり。

 

 

花火の打ち上げ方を記載した貴重なイラストなんかもありました。まさに現代の取り扱い説明書と変わりません。

 

 

各PDFファイルは、横浜市立図書館のホームページよりダウンロードできます。

 

 

世界中のさまざまな美術館や研究機関などが保有する作品を、デジタル・アーカイブ化しパブリックドメインとして無料公開する動きが活発になっています。

 

先日、シカゴ美術館が収蔵している作品から、およそ52,000点をパブリックドメインとして無料公開するなど、いま世界中で歴史的名作のデジタル・アーカイブ化の流れが進んでいます
日本の伝統的な「浮世絵」への関心は非常に高く、これまでにも世界の博物館や美術館などが無料で閲覧、ダウンロードできるデジタルコレクションの一部として公開しています。

 

ヴィンテージやレトロ系イラストはこちらもオススメですよ。

 

インターネットが急速に普及したおかげで、世界中のさまざまな美術館や研究機関などが保有する作品を、デジタル・アーカイブ化しパブリックドメインとして無料公開する動きが活
北アメリカに生息する鳥類を、実際に大自然を旅しながら超リアルに描写した画家ジョン・ジェームズ・オーデュボン(英: John James Audubon)。
今からおよそ400年前の18世紀初頭、書物商であり大の魚マニアだったルイ・ルナールは、世界ではじめてとなる海洋生物図鑑を作成しました。 この図鑑には、450種