Advertisement

海外サイト Design Your Way で公開された Bright colorful logos showcase: Awesome logos to inspire you より許可をもらい、翻訳転載しています。

 

ブランドのリニューアル、変更を検討しているひとは、色鮮やかなカラフルロゴを検討してみませんか。カラフルなロゴは、ブランドの注目を集めることができ、認識しやすくしてくれます。

 

この記事では、カラフルな配色を使ったブランドロゴの作成ポイントをご紹介します。同時に、参考にしたいカラフルなロゴデザインのサンプル例も一緒にまとめています。

 

 

カラフルなデザインを選ぶ理由とは?

intro

 

カラフルなロゴは、ブランドが伝えたいメッセージをうまく伝える手助けとなります。これは、すべての色が異なるメッセージや意味をオーディエンスに伝えることからきています。

 

たとえばオレンジ色のロゴは、金色と似ているにもかかわらず、異なるメッセージを伝えます。ブランドロゴに配色を利用する場合、ユーザーとのコミュニケーションで威力を発揮し、ユーザーにとってより魅力的みせることに役立ちます。

 

 

各色のもつ意味合いについて

  • 赤系ロゴ: 若々しさや大胆さ、興奮
  • オレンジ系ロゴ: 陽気さ、フレンドリー、自信
  • 黄色系ロゴ: 陽気さ、温かさ、楽観的
  • みどり系ロゴ: 平和的でヘルシー。健康  やヘルス、持続性(英: sustainability)を表現したいときに。
  • 青色系ロゴ: 信頼性、強さ、頼りになる心強さ
  • むらさき色系ロゴ: ラグジュアリー、高級感、クリエイティブ、慎重さ
  • 灰色系ロゴ: 控えめさ、バランス、調和のとれたハーモニー

 

ご覧の通り、利用する色によって伝えることができるメッセージ性や魅力が決定します。カラフルなロゴは、ブランドにとって重要なデザイン要素と言えるでしょう。

 

自分自身のブランドに最適なロゴカラーを選ぶことで、ブランドの背景や強み、価値観などをうまく伝えることができ、あなたにとってふさわしいオーディエンスを引きつけることができるでしょう。

 

もし、ブランドのメッセージ性やコンセプトに合っていない配色を選ぶと、デザイン全体が台無しとなってしまいます。では、どのような配色を活用すれば良いか詳しくみていきましょう。

 

color-theory-top
海外デザインブログCanva Design School Blogで公開された「Color Theory Tips and Inspiration」より許可をもらい

 

 

カラフルなロゴに使える色彩の配合、カラースキーム

 

類似色(英: Analogous):

選択したメインカラーの両隣にある色を加えた配色。このタイプの配色は、どんなデザインプロジェクトにも適用しやすい、多彩性がポイント。またあらゆる文化圏で共通したスタイルのひとつ。

3_2x

 

 

補色(英: Complementary):

選択したメインカラーの反対側にある色との組み合わせを指し、赤/みどりや、青/オレンジなど。補色カラーは、ハイコントラストが特長ですが、バランスや調和が取りにくく、適用しにくい点も。

triadic

 

 

トライアングル(英: Triadic):

メインカラーを支点として三角形を描いてた配色を指します。2色以上を使いたいときにベストな配色パターン。補色カラー同様に、鮮やかな配色にも便利。

customer_2x

 

 

ナチュラルカラーロゴ(英: Naturalistic):

自然をモチーフにしたナチュラルなロゴデザインに仕上げたいときは、コンセプトとなるオブジェクトや画像から配色を抽出することができます。うまくロゴが目立つように、色合いを調整することがポイント。

naturalistic

 

 

レインボーカラー配色(英: Rainbow):

3色以上のマルチカラーを利用することで、表現したいデザインコンセプトに応じて、自由に配色を利用できるテクニック。ただし、調和の取れた美しい配色を心がけましょう。

rainbow

 

 

より詳しい色の組み合わせについては、以下のエントリーを参考にしてみてはいかがでしょう。

10color-theory-top
デザイン制作でもっとも頭を悩ます作業のひとつ、「配色カラー決め」で覚えておきたい色の基本原則10個をまとめたインフォグラフィックス、「The 10 Commandm
ultimate-color-combination
デザイン制作のなかでも、正しい色の組み合わせを見つける作業は、もっとも重要な過程のひとつで、デザインのたびに頭を悩ますデザイナーも多いでしょう。 今回

 

 

カラフルな配色の参考サンプルロゴ例

Shooting star & Quotation

shoot_2x

 

 

ZEROES – smart banking alternative

dribbble_2x

 

 

Voom

voom_2x

 

 

♡ beat

beat_2x

 

 

Slack

comp_10-800x600

 

 

Cosmic Mining

artboard_38_copy_2x

 

 

Frisbee

frisbee-2-dribbble_2x

 

 

PlayStation logo redesign

playstation_logo_redesign_1-800x600

 

 

Garbanzo

valeriejar_garbanzo_logo_horizb_2x

 

 

Inflow

inflow2_2x

 

 

Natoni

natoni_2x

 

 

Z Logo

色の心理学をうまく利用したサンプル例のひとつで、黒い背景にくっきり映えるピンクとむらさき色のグラデーションカラーを使って作成されています。こうすることで、魅力的で引き立つロゴデザインに仕上げることができます。

z-logo

 

 

Popfn

太字とグラデーションを組み合わせたネオンスタイルのロゴサンプル例で、魅力的で立体的なデザインが特長。

popfn-logo

 

 

Chrislago

2色のシンプルな組み合わせだけで、カラフルで効果的な配色を作り出すことができる例として。

chris-lago

 

 

VW Aloha By elevencreative

vw-aloha

 

 

Petals

美しいグラデーションカラーを使って立体的な3Dデザインを表現するロゴテクニック。

petals

 

 

Ups

茶色を使った配色は、他のロゴから目立たせるのに効果的な色使いと言えるでしょう。色自体は地味に見えるかもしれませんが、魅力的で温かみのあるデザインに仕上げられています。このサンプル例では、新しく黄色を加えたことで、より温かく親しみやすいデザインに生まれ変わりました。

ups-logo

 

 

カラフルロゴを作成するときのポイントは?

ブランドやロゴに合った配色を作成することで、オーディエンスにうまくメッセージを伝えることができ、他のロゴデザインから目立たせることにも役立ちます。

 

ポイントとしては、ブランドの背景にある価値観をうまく伝えながら、無数にあるロゴデザインの中から際立つデザインを見つけることが重要となります。

 

 

カラフルなロゴ作成に関するリソースまとめ

 

最新のロゴデザインに関するトレンドを知りたいときに。

2019-logo-design-trend
この記事では、2019年に押さえておきたいロゴデザインの傾向やトレンドを、分かりやすいサンプル例と一緒に紹介しています。 この報告レポート2019 L
logo-trend-2019-1
海外サイト 99designs で公開された amazing logo design trends for 2019 より許可をもらい、翻訳転載しています。

 

配色選びに悩んだときに便利なツールをまとめています。

color-tool2015-top
この記事は、2016年8月22日に公開された記事を再編集しています。新しいツールを加え、サービスが終了しているツールは削除し、合計44個の配色ツールサービスを紹介してい

 

ロゴをサクッと作成したいときに。

5min-logo2-1
この記事を読み終わったとき、デザイナーを雇わずにおよそ5分ほどでロゴを作成できるようになります。Nike や Apple ほどのロゴは作成できませんが、プロジェクト
ready-to-use-logos-template
※ 2019年3月13日に新しい素材17種類を追加し、合計47個の無料ロゴテンプレート素材をまとめています。 どんなプロジェクトやビジネスなど
minimal-logo-collection-2017
ロゴデザイン制作に迷ったら確認したい、ミニマルスタイルのロゴ用テンプレート素材を集めました。文字とシンプルなシェイプで作成されたミニマルスタイルが中心で、どれもフリ

 

デザインの基本、基礎をまとめているので、ロゴ作成する前に目を通しておくと良いでしょう。

hawaii-vacation-1
「デザイン」に対して興味のあるすべての人を対象に、いつまでも長く利用できるデザインの基礎テクニックを、これまで当サイトで紹介したエントリーの中から、各ポイントごとに
color-theory-top
海外デザインブログCanva Design School Blogで公開された「Color Theory Tips and Inspiration」より許可をもらい
10color-secret-top
海外デザインブログCanva Design School Blogで公開された「10 Color Inspiration Secrets Only Designer
10color-theory-top
デザイン制作でもっとも頭を悩ます作業のひとつ、「配色カラー決め」で覚えておきたい色の基本原則10個をまとめたインフォグラフィックス、「The 10 Commandm

 

 

さいごに、。

いかがでしたでしょう。もしカラフルな配色をつかったロゴを作成するときは、色のもつ意味合いと伝えたいメッセージ性を確認してみましょう。カラフルで素晴らしいロゴデザインの鍵は、伝えたいメッセージをはっきりと決めることで、オーディエンスをうまく惹きつけることができるでしょう。

 

ではデザインを楽しんで!

 

参照元リンク: Bright colorful logos showcase: Awesome logos to inspire you – Design Your Way