Advertisement

 

この記事では、「新しいもの好き」のデザイナーが、日頃のデザイン制作で愛用している最新のお役立ちツール10個をご紹介します。

 

ウェブデザインからグラフィック、プロダクトデザインまで、あらゆるプロジェクトを円滑に進める便利ツールが揃います。

 

 

現役デザイナーが愛用中の最新デザインツールまとめ

 

Blobs

 

Blobsは、自然でオーガニックな見た目の、泡のようなデザイン要素を手軽に作成できるツール。写真を利用することで奥行き感を演出できたり、Webサイトでの利用にも便利です。

 

このツールを使えば、形状の複雑さを調整でき、ボタンひとつでランダムなシェイプを描きます。作成したデザインはSVGファイルで保存、ダウンロードでき、PhotoshopやIllustratorはもちろん、FigmaやSketchでも利用可能。

 

スマホアプリ開発向けにFlutterコードを生成してくれるのもポイントです。

 

 

Pitch


 

Pitchは、アイデアや自分の考えを素早く形にできるプレエンテーション作成ツールです。オンラインミーティングとデザインコラボレーションを一緒に行う事ができるなど、顔を見ながら一緒にデザインを進めることができます。

 

50種類のさまざまな目的別テンプレートが用意されいます。魅力的なプレゼン資料の作成に活用できる、非デザイナーのひとにもオススメしたいツールのひとつ。

 

 

Float

 

Floatは、レイヤー別に描かれたグラフィックにアニメーションを追加し、圧倒的な奥行き感をデザインできるオンラインツール。アプリの名前通り、レイヤーを浮かび上がらせたり、動かしたりすることができる全く新しいアプリ。

 

NFTアートの制作やソーシャルメディア向けミニゲームを考えているなら、タイミング的にも最適と言えるでしょう。After Effectsより操作がシンプルで、デスクトップからタブレット、スマホでのデザインに対応している点もポイントです。

 

買い切りアプリで、現在ローンチ記念の18ドル(通常30ドル)で販売されています。

 

 

Blush

 

Blushは、ユニークで愉快なキャラクターに定評のあるイラストライブラリです。ウェブサイトやマーケティングキャンペン、プレゼンテーション用デザインなど、あらゆるデザインをカスタマイズできます。表情やアクセサリー衣装はもちろん、感情を表現するボディランゲージが豊富。

 

FigmaとSketch用プラグインも提供されているので、複数のアプリを使わずにデザインを進めることが可能になります。

 

 

Haikei – SVGデザインを数秒で作成

 

Haikeiは、波ウェーブやぼかしグラデーション、ローポリ・グリッド(Low-poly Grid)など15種類のSVGデザインを作成できるオンラインツールです。バナーの背景や製品のショーケース、ブログのサムネイルなどにオススメ。

 

パターンの複雑さやバランス、方向などを視覚的なパラメータをつかって調整でき、はじめて迷わないシンプルな操作も魅力。

 

SVGとPNGファイル形式で無料ダウンロードでき、近日中にプロバージョンが公開予定となっており、React向けJSXコードスニペットのサポートも。今後がどのように進化していくのか、とても楽しみなツールと言えます。

 

 

MagicPattern Toolbox

 

MagicPatternは、もともと幾何学模様のパターン作成ツールとしてスタートしましたが、最近のアップデートでメッシュグラデーションや落書きのようなDoodleなど、複数のスタイルを表現できるようになりました。

 

Adobe Illustratorをつかったパターン作成の面倒な部分を、簡単に解決してくれるツールが揃います。ブランドカラーを指定すれば、デザインに自動で反映されるので、カスタマイズを行いやすいのもポイントです。

 

 

Studyum 3D Icons


 

2021年のデザイントレンドにも挙げられていた3Dデザインですが、Studyumはカスタマイズ可能な特別なアイコン素材セットです。オジリナルのレンダリングはすべてCinema 4Dで行われていますが、Figmaなら専門知識がなくても手軽に利用できます。

 

デザイン素材は3500x3500pxの高解像度で、白黒とクレイ両スタイルが用意されています。

 

 

THINGS by morflax

 

THINGSは、あなたのウェブサイトの雰囲気にぴったり合うように、背景や照明をコントロースして、写真で撮影したようなリアルなスマホ端末、デバイスのモックアップを作成できるツールです。

 

作成したモックアップは、高解像度なJPGとPNGファイル形式で無料ダウンロードできます。Photoshopのスマートオブジェクト機能によるモックアップ作成のショートカットにいかがでしょう。

 

 

Remova.AI

 

これまで時間もスキルも必要だった「背景からの切り抜き作業」がますます手軽にできるようになっています。

 

本日が最終日となるAdobe MAX 2020イベントですが、今回の開催に合わせてクリエイティブな発表が数多く行われました。 7万以上のデザイン素材の
写真の背景から一部を切り抜く作業は、デザイン制作において重要なテクニックです。しかし、用途に応じてツールを使い分け、切り抜きを行っているというひとは、どれだ

 

Remova.AIは、人工知能をつかって写真をアップロードするだけで、背景をまとめて一括除去してくれる、Photoshopも顔負けのオンラインツールです。

 

切り抜き作業を繰り返し行うときのワークフローを高速化、改善できます。APIを利用することで、1日に1000枚以上の画像を1時間をかからずに処理することも。個人的にはClipDropを愛用しています。

 

スマホのカメラで身の回りにあるオブジェクトを素早く切り抜き、Photoshopなどのデスクトップアプリに直接配置できる、新しいアプリClipDropが登場しました。

 

 

Sensa Emoji


 

Sensa Emojiは、FigmaとSKetchでカスタマイズ可能な300以上の高品質なベクター絵文字が揃った、オープンソースのフリー素材。配色も調整できるので、ブランドカラーに合わせるのもラクラクです。

 

 

参考にしたいその他のオンラインツール・リソースまとめ

 

いかがでしたでしょう。普段のワークフローや今後のプロジェクト、用途に合わせてツールを活用してみてはいかがでしょう。

 

定期的にまとめている、おすすめオンラインツールも一緒に活用してみてはいかがでしょう。

 

この記事では、Webデザイン制作を効率アップさせる最新オンラインツール33個をまとめてご紹介します。 ウェブデザインに限らず、グラフィックなどあらゆるクリエイ
この記事では、2020年に公開された便利なWebオンラインツール・ベスト100個をまとめてご紹介します。 定期的にリストアップしている最新オンラインツ

 

参照元リンク : 10 fresh design tools to create magic ✨ by Peter Javorkai – Muzli Magazine