Photoshopロゴ

Photoshop切り抜きをマスターする
10個の鉄板テクニック 完全ガイド

写真の背景から一部を切り抜く作業は、デザイン制作において重要なテクニックです。しかし、用途に応じてツールを使い分け、切り抜きを行っているというひとは、どれだけいるでしょう。

背景が真っ白であれば、特に問題なく作業できますが、背景が複雑であったり、髪の毛など細かい部分は、特別なテクニックで対応する必要があります。

今回は、Photoshopの各種ツールを駆使した切り抜きテクニックと、いつその技を使うのがベストなのか、各サンプルと一緒にまとめてご紹介します。これらの方法を実践することで、どんなデザインでも手軽に、そしてスピーディーに切り抜き作業を行うことができるようになります。

Photoshop
For Life
“The Ultimate Guide to
Cutting Stuff Out in Photoshop”

切り抜きテクニックをえらぶ

マークは、切り抜きの詳細レベルを表しており、多いほどより細かい部分まで対応できます。

※ 左上のナビメニューより各ツールの詳細へ移動することもできます。

テクニック1 消しゴムツール

消しゴムツール

もっともベーシックな切り抜き方法のひとつ。しかし、一度消してしまうと元に戻すことができないデメリットも。後から紹介するレイヤーマスク機能と一緒に利用することで、元の画像を破壊せずに編集することができます。

ツールバーより「消しゴムツール消しゴムツール」(ショートカット: E)を選択し、ブラシの直径と硬さを調整して、お好みのエリアを塗りつぶしたら完成です。

Pic このツールを利用するタイミングは?

ブラシの硬さをうまく調整することで、より滑らかな仕上がりを実現します。どんな背景からも切り抜きを行うことができますが、輪郭線のまわりは特に注意を払い、作業を行う必要があるでしょう。

テクニック2 自動選択ツール

自動選択ツール

ツールバーより「自動選択ツール自動選択ツール」(ショートカット: W)を選び、切り抜きたい部分をクリックするだけで、あとはPhotoshopが自動で行ってくれます。

こちらのテクニックも、後ほどご紹介するレイヤーマスク機能を活用することで、元の写真に手を加えない、非破壊編集が可能です。こうすることで、いつでも選択範囲に修正を加えることができ、より効率的な作業を実現できます。

Pic このツールを利用するタイミングは?

背景が真っ白だったり、コントラストがはっきりとした風景画などにおける、選択範囲の作成で特に便利なツールと言えるでしょう。

テクニック3 クイック選択ツール

クイック選択ツール

自動で選択範囲が適用される自動選択ツールに比べ、選択したい範囲をペイントブラシでなぞって決める、より柔軟な指定が可能となります。

ツールバーより「クイック選択ツール自動選択ツール」(ショートカット: W)を選び、切り抜きたい部分をペイントしていきましょう。このときに、Command+[/]で、ブラシサイズを素早く調整しながら、選択範囲を決めると良いでしょう。

「クイック選択モード」で選択範囲を指定する。2

もし選択範囲が広がりすぎてしまった場合は、Option/Altを押しながら、ペイントすることで、範囲を削除することができます。

クイック選択ツールで切り抜く3

また、Shiftを押しながらペイントすることで、選択範囲が離れているときにもまとめて切り抜くこともできます。

Pic このツールを利用するタイミングは?

「自動選択ツール自動選択ツール」が利用できるエリアに対応でき、手動によるペイントのため、より細かいディテールにまでこだわった選択範囲を、手軽に作成することができます。

テクニック4 多角形選択ツール

多角形選択ツール

面倒な作業ではありますが、手作業で選択範囲を指定することで、よりうまく切り抜くことができます。「多角形選択ツール多角形選択ツール」は、切り抜きたいエリアの周りに点を打ち、直線ラインで囲むことで選択範囲を指定することができます。また、Shiftを押したまま選択すると、45度と90度方向へ直線を引くことができます。

ただし直線をつなげていくため、輪郭がガタガタになりやすく、間違ってアンカーポイントを打ってしまったり、パスを閉じてしまったりと操作性にやや問題があり、より複雑な切り抜きには不向きでしょう。

Pic このツールを利用するタイミングは?

あまり詳細にはこだわらず、背景からラフに切り抜きたいときにオススメ。残念ながら仕上がり度は、「ペンツールペンツール」には及びません。

テクニック5 ペンツール

ペンツール

「ペンツールペンツール」は滑らかな曲線を描いたり、描いたパスを名前を付けて保存し、後から編集できるなど、「多角形選択ツール多角形選択ツール」に比べメリットの多いツールです。

使い方をマスターするには、たくさんの練習が必要になるかもしれません。基本的なペンツールの使い方としては、アンカーポイントとハンドルを使用することでベジェ曲線を引くことが可能です。ゲーム感覚で操作を覚えるオンラインサービスなどもあるので、活用してみると良いでしょう。

ペンツール2

作成したパスは、パスレイヤーより確認することができます。「作業用パス」をクリックすると、名前を付けて保存することができます。また、Commandを押しながら「作業用パス」のサムネイルをクリックすることで、選択範囲を指定することもできます。

Pic このツールを利用するタイミングは?

「ペンツールペンツール」は、どんなときにも使えるPhotoshopの万能ツールです。より複雑な髪の毛や羽などを切り抜くときは、これから紹介する「チャネル設定」や「境界線の調整」テクニックを活用すると良いでしょう。

テクニック6 チャネル設定

チャネル設定

手作業による選択範囲の指定がむずかしい、とても複雑な輪郭に沿って切り抜きたいときに便利なテクニック。

まずはチャネルパネルより、レッドとブルー、グリーンのなかで、もっともコントラストのきついチャネルを選択します。選択した「ブルー」チャネルを、チャネルパネル右下に配置された「新規チャネルを作成」までドラッグし、チャネルを複製しましょう。

チャネル設定2

メインメニューより「イメージ」>「色調補正」>「レベル補正」を選択し(ショートカット: Command+L)、切り抜きたい部分と背景のコントラストを、より強調するように設定しましょう。

チャネル設定3

先ほど複製したチャネルを選択し、「ブラシツールブラシツール」で描画色「黒(#00000)」で、はみ出さないように慎重にペイントしていきましょう。このときに、Command/Ctrlを押しながらチャネルのサムネイルをクリックし選択範囲を指定すると、ペイントしやすくなります。

チャネル設定4

もう一度複製したチャネルのサムネイルをクリックし、選択範囲を指定したら、レイヤーパネルに戻りDeleteを押すことで、背景をきれいに消すことができました。

チャネル設定3

複雑な髪の毛の一本まで、きちんと切り抜かれているのが分かります。ただし、背景がごちゃごちゃしている場合や、コントラストが弱いと、あまりうまく適用することができません。

Pic このツールを利用するタイミングは?

背景と選択範囲のあいだに、くっきりコントラストがあるときはもっとも有効なテクニックと言えます。背景が真っ白で、髪の毛や羽などを切り抜きたいときにどうぞ。

テクニック7 色域指定

色域指定

色域指定はイメージ写真の色合いに応じて、選択範囲を調整することができる便利なテクニックのひとつ。ハイライトやシャドウを選択したいときや、写真の特定カラーのみを切り抜きたいときなどに最適です。

メインメニューより「選択範囲」>「色域指定」を選択したら、カンバスから切り抜きたい色合いエリアを、クリックするだけで選択することができます。

Pic このツールを利用するタイミングは?

真っ白のスタジオ写真など、背景とのコントラストがあり、素早く切り抜きを行いたいときに便利なツールです。

テクニック8 レイヤーマスク

レイヤーマスク

「クイックマスクツール」は、「消しゴムツール消しゴムツール」とは異なり、元の画像を残したまま、非破壊で編集を行うことができるので、デザインに修正があっても、後から再編集できる機能です。これまで見てきたテクニックと併用することで、より効果的でしょう。

レイヤーパネルより切り抜きたい画像レイヤーを選択し、右下にある「レイヤーマスクを追加レイヤーマスクを追加」をクリックすることで追加できます。あとは、「ブラシツールブラシツール」を使い、切り抜きたい部分を描画色「黒(#000000)」でペイントしていきましょう。

Pic このツールを利用するタイミングは?

今回まとめたテクニックと一緒に利用することで、非破壊(英: Non-Destructive )編集することができ、いつでも選択範囲を修正することができます。

テクニック9 クリッピングマスク

クリッピングマスク

「クリッピングマスク機能」は、「レイヤーマスク機能」にも似ていますが、一点大きく異なるのが、複数のレイヤーに適用することができる点です。基本的な扱い方は同じで、、描画色「黒(#000000)」で塗りつぶした部分が非表示、「白(#ffffff)」の部分が表示されます。

まず切り抜きたい部分を、「ペンツールペンツール」などお好みのツールで選択しましょう。

クリッピングマスク2

パスパネルを開き、Option/Altを押しながら、「作業用パス」のサムネイルをクリックし、選択範囲を指定しましょう。

クリッピングマスク3

レイヤーパネルの右下にあるアイコン「新規レイヤーを作成レイヤーマスクを追加」で、新しいレイヤーを作成したら、Dでカラーパレットを初期化し、再度メインメニューより「編集」>「塗りつぶし」>「描画色」、またはCommand+Deleteで、選択範囲を描画色「黒(#000000)」にペイントしましょう。

クリッピングマスク4

レイヤーパネルより、レイヤーの順番をドラッグで入れ替えます。Alt/Optionを押しながら、レイヤーの間にマウスを移動し、矢印アイコンが表示されたらクリックを押したら完成です。はじめに選択した部分のみ、うまく透明に切り抜くことができました。

Pic このツールを利用するタイミングは?

「チャネル設定」テクニックによる切り抜き作業で併用すると、より効果的に選択することができ、作業スピードの短縮にもつながります。

テクニック10 境界線を調整

境界線を調整1

「チャネル設定」テクニックを利用すれば、髪の毛など細かい部分も切り抜くことはできますが、複雑な背景には対応できません。「境界線を調整」テクニックを活用することで、「自動選択ツールクイック選択ツール」や「多角形選択ツール多角形選択ツール」、「ペンツールペンツール」など基本的な機能で選択した範囲を、より美しいワンランク上の仕上がりで実現できます。

今回はこちらの写真を参考に、フサフサとした犬だけを切り抜いていきましょう。

境界線を調整2

まずはお好みのツールで切り抜きたい部分を、細かい輪郭にはこだわらず選択していきます。今回は「クイック選択ツールクイック選択ツール」を利用し、長い毛などは気にせずペイントしています。

選択範囲を決めたらメインメニューより「選択範囲」>「境界線の調整」をクリックし、輪郭部分を調整していきましょう

境界線を調整3

ダイアログボックスと一緒に、ガタガタに切り取られた選択範囲が表示されます。この状態では、長い毛などはすべて取り除かれている状態となっています。

境界線を調整4

ダイアログボックスの「エッジの検出」より調整する領域のサイズを調整できます。「スマート半径」オプションにチェックを入れ、サムネイルでは右にスライドさせることで、背景まで塗りつぶされていた毛束が、一本ずつ選択されるようになっています。

境界線を調整4

どれくらいの半径で設定したら良いかわからないときは、「半径を表示」にチェックを入れてみましょう。

境界線を調整6

こうすることでPhotoshopが調整するエリア、つまり半径サイズのみが表示されます。足周辺の長い毛の部分が、きちんと覆われるように微調整しましょう。また、Jで半径の表示/非表示を切り替えることもできます。

境界線を調整7

半径サイズを調整しても、一部のみ選択されずに残ってしまうことがあります。そんなときは、ダイアログボックの左上にある「半径調整ツール」アイコンをクリックし、選択されていない部分をなぞるようにペイントしていきましょう。こうすることで、ペイントした範囲もPhotoshopの調整領域に含まれるようになり、長い毛だけが選択されているのが分かります。

境界線を調整8

反対に、切り抜きたい範囲に調整領域がかぶってしまったときは、「調整消去ツール」を使い、不要な部分だけペイントしていきましょう。足までかかっていた調整領域も、なぞった部分だけ自動で修正することができました。

境界線を調整9

半径サイズが決まり、より細かい部分がきちんと選択されているか確認しておくことも大切です。ダイアログボックス「表示モード」を「白黒」に設定することで、髪の毛一本まできちんと選択されているか、じっくり確認することができます。

左上にある「ズームツールズームツール」をクリックし、より細かい部分の調整に活用しましょう。

境界線を調整10

さいごに「出力」タイプを選択しましょう。今回は、元の画像に手を加えない「レイヤーマスク」機能で出力することにします。その他にも「新規レイヤー」や「選択範囲」、「新規レイヤー(レイヤーマスクあり)」など用途に応じて使い分けることができます。

境界線を調整11

そしてこちらが、「境界線の調整テクニック」を利用して切り抜きを行った様子です。ここまで作業時間3分ほどという、素早い編集スピードもポイントです。

境界線を調整12

人物の髪の毛など、複雑な選択範囲も手軽に選択できる、ぜひ覚えておきたいテクニックです。あとは文字テキストを加えたり、新しい背景を追加したりと、自由に切り抜いた素材を扱うことができるでしょう。

境界線を調整13

もし黒などダーク系の背景に、切り抜いた素材を重ねると、光が反射したように、輪郭エリアが白く光ってしまうことがあります。

境界線を調整14

そんなときは、メインメニューより「レイヤー」>「マッティング」>「不要なカラーの除去」を選択し、スライダーを動かすだけで、あとはPhotoshopが自動で調整してくれます。

境界線を調整15

こちらが適用後。白く光っていた部分だけがきちんと削除され、犬の毛は残されているのが分かります。すごいですね、Photoshop。

Pic このツールを利用するタイミングは?

切り抜きの基本テクニックを組み合わせることで、より柔軟な選択範囲の指定を可能にする機能のひとつ。背景と切り抜きエリアのどちらも複雑なときに、最適な仕上がりを実現してくれるでしょう。

SPREAD THE LOVE
photoshopツールボックス