Photoshopロゴ

Photoshopで写真の特定の色を
変換・調整する簡単テクニック

今回は、どんな写真にも応用できる、色の置き換え・変換のお手軽Photoshopテクニックをご紹介します。

このシンプルなテクニックを習得することで、「色域指定」を使った選択範囲の指定方法や、レイヤーマスクの基本的な編集方法、「色相・彩度」調整レイヤーによる自由な色のカスタマイズ術はもちろん、特定のモノや範囲のみ色を変更する方法など、Photoshopで色を自由に操ることができるようになります。

このテクニックは、こちらのPhotoshopチュートリアル動画を参考にしています。

Photoshop
Design Lesson
“HOW TO SELECT AND CHANGE COLORS IN PHOTOSHOP”

テクニック1 色を変換・調整する方法

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック1

今回は、こちらの画像の背景とレモンの色をそれぞれ変更してみたいと思います。

このチュートリアルでは、編集後に色の置き換えを行いやすいように、元の写真画像には手を加えない「非破壊編集」で行います。

サンプル画像

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック

まずはメインメニューより「レイヤー」>「新規レイヤーを作成」とし、写真レイヤーの上に新しいレイヤーを用意しましょう。作成した新規レイヤーを選択した状態で、メインメニューより「選択範囲」>「色域指定」を選択します。

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック3

表示されたプロパティパネル上で、背景の一部を「スポイトツールスポイトツール」でクリックし、できるだけ背景のみが選択されるように、「許容量」スライダーを左右に動かしてみましょう。

「選択範囲のプレビュー」を活用することで、選択している範囲を確認しやすくなります。ここでは、「グレースケール」を適用することで、白い部分が選択範囲、黒い部分が選択されていない範囲となっています。用途に応じて「黒マット」、「白マット」、「クイックマスク」を切り替えると良いでしょう。

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック4

写真をもう一度よく確認してみると、レモンの影となる部分がうまく選択されていないようです。このように、選択範囲を調整したいときは、+/-のついた「スポイトツールスポイトツール」で気になる部分を追加・削除できます。

再度「許容量」を調整し、背景のみが白くなるようにしましょう。

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック5

選択を完了すると、きちんと選択範囲が指定されているのを確認できます。選択範囲をそのまま指定した状態で、メインメニューより「レイヤー」>「新規調整レイヤー」>「色相・彩度」を適用しましょう。

こうすることで、背景のみが選択されたレイヤーマスクが自動的に追加、作成されます。

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック6

あとは、「属性」パネルより「色相」・「彩度」・「明度」を調整することで、どんな色にも置き換えることができます。

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック7

こちらが色を置き換えた様子。エメラルド色から青色に変換しており、影の部分にもばっちり対応できています。

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック8

背景と同じ要領で、レモンの色も置き換えてみましょう。最初に作成した空白レイヤーを選択し、メインメニューより「選択範囲」>「色域指定」に進みましょう。

レモンのみが選択されるように、+マークの付いたスポイトツールと「許容量」を調整します。

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック9

選択範囲を確定したら、選択範囲を残したまま、新規調整レイヤー「色相・彩度」を作成しましょう。

色を変換、調整した様子がこちら。レモンがオレンジ色に変わり、まるで別のフルーツになりました。

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック10

色の置き換えを行う前後の比較がこちら。簡単な手順で数分で行うことができるお手軽テクニックです。

Pic 色調補正の方法は2つある

Photoshopで色の置き換えを行う方法をさまざまで、メインメニューの「イメージ」より「色調補正」でも同じ補正を行うことができます。しかし、画像に直接加工を施すので、元の画像に戻ることはむずかしくなります。

その反対に、色調補正に特化した調整レイヤーは、全部で16種類が用意されており、組み合わせることでPhotoshopのすべての色調補正を行うことができます。元画像は一切変更されないため、調整レイヤーの表示・非表示によって、いつでも元画像の状態に戻ることができます。

テクニック2 特定の色だけを置き換える方法

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック11

では、こちらの写真のように、スニーカーと着用している洋服の色が同じで、スニーカーのみを色変換したいときはどうすればよいでしょう。

ここでは、「レイヤーマスク」機能を駆使した解決テクニックをご紹介します。このテクニックを活用すれば、テレビのCMや広告などでもよく見かけるデザインも手軽に実現できます。

サンプル画像

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック12

これまで同様に、まず新規レイヤーを作成したら、メインメニューより「選択範囲」>「色域指定」に進みましょう。

スニーカー部分を中心に、+マークの付いた「スポイトツールスポイトツール」を使って選択範囲をします。背景や洋服、身体の一部も選択されてしまいますが、不要な範囲はのちほど「レイヤーマスク」で解決できるので、色を置き換えたい部分(スニーカー)をできるだけ細かく選択することがポイントです。

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック13

選択範囲を選択した状態で、メインメニューより「レイヤー」>「新規調整レイヤー」>「色相・彩度」をえらび、設定しましょう。色を置き換えたいスニーカーはうまく変換されていますが、背景や洋服はもちろん、肌の色までみどり色になってしまっています。

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック14

ここで活躍するのが活躍するのが「レイヤーマスク」機能。Option/Altを押しながら、「色相・彩度」レイヤーの「レイヤーマスク」部分をクリックしましょう。こうすることで、選択範囲が白黒のグレースケールで確認できます。

続けて、ツールバーより「ブラシツールブラシツール」を選択し、描画色「黒(#000000)」で不要なエリアを塗りつぶしていきましょう。

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック15

スニーカー以外のすべての範囲をペイントした様子がこちら。見事にスニーカーの色だけを置き換えることができました。

Photoshopで写真の特定の色を変換・調整する簡単テクニック17

加工前後のビフォーアフターがこちら。特定の色だけをすばやく、手軽に調整できる実用的なテクニック。アッと言わせる魅力的なデザインに応用してみてはいかがでしょう。

Pic レイヤーマスクを用いた画像レタッチ

レイヤーの一部分のみを表示したり、特定の範囲にだけ調整レイヤーを適用したいときはだけ、レイヤーマスクを使用するとよいでしょう。白い部分は表示、黒い部分が非表示となります。レイヤーマスクがうまく編集できないときは、レイヤーではなく「レイヤーマスク」自体をきちんと選択しているか確認してみましょう。

より細かく選択範囲を指定したり、他の色の置き換え方法も試してみたいひとは、以下のエントリーも参考にしてみましょう。

今回は、Photoshopの各種ツールを駆使した色の置き換えテクニックを、実践のデザインサンプル例と一緒にまとめてご紹介します。これらの方法を試してみることで、どんなデザインでもお手軽に色の置き換えを行うことができるようになります。
Photoshopの各種ツールを駆使した切り抜きテクニックと、いつその技を使うのがベストなのか、各サンプルと一緒にまとめてご紹介します。これらの方法を実践することで、どんなデザインでも手軽に、そしてスピーディーに切り抜き作業を行うことができるようになります。
写真に写り込んでしまった不要なモノを、2〜3分の短時間で、スピーディーに除去することができるので、フォトショップ初心者のひとにもオススメです。
SPREAD THE LOVE
photoshopツールボックス