Advertisement

ipad-photoshop

 

昨年10月に発表されていた、iPad向けPhotoshopが遂にリリースとなりました。アメリカで今週開催中のAdobe MAX 2019カンファレンス開催を明日に控えた、11月4日リリースというサプライズとなりました。

 

photoshop-cc-2020-new-feature-top-1
毎年、カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されるAdobe Max。2019年の今年は、Photoshopにさまざまな新機能が追加されたメジャーアプデートとなりました

 

今回は、iPad向けPhotoshopでできることや基本的な使い方について詳しくご紹介します。

 

 

1年越しで満を持して登場!iPad向けPhotoshop

タブレット向けに特化したPhotoshop iPad版は、クラウドドキュメントへのアクセスや、デスクトップ版Photoshopとの完全互換をもったPSDファイルでの作業が可能となり、Apple Pencilや指を使ったレイヤーマスク、ズーム・パンなどの新しい操作が特長です。

 

実際にデスクトップで作成したPSDファイル(360MB)をiPadで開いた様子。iPadでの作業をストレスなく行うために、新しいユーザーインターフェースが採用されており、タッチショートカットやジェスチャー機能など、今までなかった機能も追加されています。

img_0024-1

iPad版Adobe Photoshop提供開始 | Adobe Photoshop

 

 

Photoshop iPad版でできることは?

 

PSD機能をそのままに制作できる

デスクトップ版Photoshopで使い慣れている機能の多くを、iPadでも使って制作できます。パソコンで保存したレイヤー構造、解像度などもそのままに、iPadでも全く同じ品質のPSDファイルを表示できます。

dt_ps_riverflow1_568x522-jpg-img

 

指先をつかった直感的な操作ができる

タップやスワイプ、ピンチはもちろん、Apple Pencilをつかった手書きなど、より直感的にPhotoshopの作業をおこなことができます。作業スペースを広くとれるよう一新されたユーザーインターフェースによって、デザインに集中できます。

dt_ps_riverflow2_730x659-jpg-img

 

いつでもどこでも作業ができる

この機能を待っていたというユーザーも多いでしょう。あらゆるデバイスで制作したPSDは、自動的にアドビのクラウドストレージに保存されるので、Photoshopさえあればいつでもどこでもアクセス可能となりました。

 

写真合成ができる

クイック選択ツールが利用できるので、被写体を正確に選択することができます。Apple Pencilによるスタイラスを使った手書きが可能になったことで、画像の特定エリアなどより細かい合成作業を行うことができます。今後、Adobe SenseiのAI技術をつかった「被写体の選択」にも対応予定。

 

写真加工、レタッチが手軽に行える

「スポット修復ツール」や「コピースタンプ」などのツールを利用することで、画像の編集はもちろん、画像から被写体を消すレタッチ作業も行うことができます。

 

レイヤー機能を利用できる

デスクトップではおなじみのレイヤー機能もiPadで利用できる様になりました。必要な数だけレイヤー数を増やしても、レイヤーの「コンパクト表示」と「詳細表示」を切り替えることで、レイヤー名の確認やレイヤーの整理、移動にも便利です。

 

選択も自由自在

「クイック選択ツール」や「なげなわツール」を利用すれば、iPad上で画像を簡単に選択、複製することもできます。選択した被写体をコピー&ペーストするだけで、見事な合成画像を作成することも可能です。

 

 

 

iPad版Photoshop必要システム構成と推奨構成

 

iPadOSのバージョン

iPadOS(13.1)

 

iPadのモデル

  • iPad Pro 12.9 インチ(推奨)
  • iPad Pro 11 インチ
  • iPad Pro 10.5 インチ
  • iPad Pro 9.7 インチ
  • iPad(第 7 世代)
  • iPad(第 6 世代)
  • iPad(第 5 世代)
  • iPad mini(第 5 世代)
  • iPad mini 4
  • iPad Air(第 3 世代)
  • iPad Air 2

 

Apple Pencilのモデル

  • Apple Pencil(第 2 世代)(推奨)
  • Apple Pencil(第 1 世代)

 

 

Photoshop iPad版のインストールと使い方

ここからは、Photoshop iPad版の詳しい使い方を見ていきましょう。まずは、App Storeよりダウンロード、インストールしておきましょう。

 

adobe-photoshop-for-ipad-0

 

 

Photoshopを開いた状態がこちら。ユーザーインターフェースは作業が行いやすいように新しくなっていますが、基本はデスクトップ版と変わりません。ツールバーやツールオプション、タッチショートカット、ヘッダーバー、タスクバー、レイヤーパネルなどの配置を覚えておくと良いでしょう。

adobe-photoshop-for-ipad-1

 

ツールバーまわりの使い方

ツールバーよりツールをタップで選択します。このとき、ツールにオプションがある場合はオプションバーが表示されます。

adobe-photoshop-for-ipad-5

 

 

ツールオプションは、ドラッグ操作で任意の場所に配置でき、以下のようにツールバーとドッキングさせることもできます。

adobe-photoshop-for-ipad-6

 

 

ツールの右下に三角形の小さなアイコンがあるときは、別のツールが隠れていることを意味します。このときはツールを長押し、またはダブルトップで隠されていたツールを表示できます。

 

ツールバーにあるカラーチップを上下にスワイプすることで、描画色と背景色を交互に選択できます。カラーピッカーまたはダブルタップで色を指定することができます。

adobe-photoshop-for-ipad-7

 

タッチショートカットの使い方

画面の右下にあるタッチショートカットを利用することで、別のツール機能に素早く切り替えることができます。特にキーボードを使わずに作業するときに便利な機能と言えます。

 

以下では、「選択ツール」を選択した状態で、タッチショートカットを左ななめ下に倒すことで「レイヤーの複製」を行うことができます。

adobe-photoshop-for-ipad-2

 

次にタッチショートカットを右下に倒すことで、「レイヤーの移動方向を固定」することができます。各ツールのタッチショートカットを確認したいときは、ヘッダーバーの「?」アイコンの「タッチ操作」より、タッチショートカット一覧を見ることもできます。

adobe-photoshop-for-ipad-3

 

タスクバー、レイヤーの使い方

右側のタスクバーの2番目のアイコンをタップすると、レイヤーの詳細が表示されます。レイヤーマスクを扱っているときや、レイヤー名の変更などに便利。

 

タスクバーの1番目のアイコンをタップすると、作業スペースを広くとった「コンパクト表示」となるので、用途に応じて切り替えながら作業すると良いでしょう。

adobe-photoshop-for-ipad-8

 

 

タスクバーの3番目のアイコンをタップすると、レイヤーのプロパティを表示できます。ここでは、レイヤーの不透明度や描画モードなどの他に、効果やスマートフィルターなどの詳細を調整することもできます。

adobe-photoshop-for-ipad-9

 

 

レイヤーのプロパティパネルを表示し、描画モードを選択している様子。

adobe-photoshop-for-ipad-10

 

 

新しいレイヤーを追加したいときは、タスクバーの「+」アイコンを長押ししましょう。ここから「新規レイヤー」、「調整レイヤー」、「新しい空白グループ」の追加、作成を行うことができます。

adobe-photoshop-for-ipad-11

 

 

タスクバーの一番下にあるドットアイコンをタップすると、各種レイヤーアクションを表示できます。レイヤーの削除や複製、レイヤー名の変更などはこちらからどうぞ。

adobe-photoshop-for-ipad-12

 

ヘッダーバーの使い方

ヘッダーバーでは、手順を後退、前進したり、他の人のファイルを共有したり、画像をさまざまな場所に書き出すことができます。作業中は数分ごとに自動的にクラウド保存されるので、保存は不要となっています。

adobe-photoshop-for-ipad-13

 

 

ヘッダーバーの「?」アイコンより、Photoshop iPad版に関する各種ヘルプを参照できます。たとえば、以下では「ジェスチャーを表示」より各種ジェスチャー一覧をまとめて表示しています。なにか困ったことがあるときは、「?」からどうぞ。

adobe-photoshop-for-ipad-14

 

 

Bluetoothなどでキーボードをつなげることで、Photoshopのショートカットキーにも対応できます。こちらも「キーボード操作」より一覧をまとめて確認できます。

adobe-photoshop-for-ipad-15

 

 

 

完全版Photoshopにはまだ時間がかかりそう。

dt_ps_riverflow3_568x522-jpg-img

 

待ちに待ったPhotoshop iPad版のリリースで、「これからはPhotoshopをiPadのみで作業したい」と考えていたひとは、もう少し時間が必要かもしれません。App Sotreには以下のように書かれています。

今回リリースされた最初のバージョンでは、Apple Pencilやタッチでの作業に最適化した合成ツールとレタッチツールを揃えました。今後のリリースでは、ブラシ、マスキング、境界線の調整、被写体の選択など、Photoshopの高度なツールが用意されます。Creative Cloudのブラシやフォントも簡単に利用できるようになります。

デスクトップの完全版Photoshopと比べると、現段階ではできることも限られてしまっています。個人的にはレイヤースタイルを適用できないことや、フォントの選択肢があまりないことなどに不便を感じました。

 

Twitterでも、この点については話題となっています。今後は、「カンバスの回転」や「エッジの調整」、「被写体の選択」、「各種ブラシ」などがアップデート予定となっています。

 

 

まずはPhotoshop iPad版を試してみよう。

 

Adobe Photoshop iPad版は、Photoshopが含まれる全てのCreative Cloudメンバーが無料で利用可能となっています。その他のPhotoshopの新機能については以下の記事を参考にどうぞ。

 

photoshop-cc-2020-new-feature-top-1
毎年、カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されるAdobe Max。2019年の今年は、Photoshopにさまざまな新機能が追加されたメジャーアプデートとなりました

 

また、はじめてのひとにも7日間の無料体験が用意されているので、まずはPhotoshop iPad版を体験してみてはいかがでしょう。無料体験終了後は、個人の場合はフォトプラン 980円〜/月(税別)、Photoshop単体 2480円/月(税別)、コンプリートプラン 5680円/月(税別)などでそれぞれ利用可能となっています。

photoshop-ipad-subscribe

 

参照元リンク : iPad版Adobe Photoshop提供開始 | Adobe Photoshop