Advertisement

latesttutorial2016feb-top

 

Photoshopをはじめたいけど、何からしたらよいか分からない。素敵なデザインの作り方を、順番ごとに学ぶことができるデザインチュートリアルは、はじめてのひとにも分かりやすい教材と言えるでしょう。

 

 

充実しすぎで初心者には覚えるのが大変なPhotoshopの豊富な機能も、ポイントを押さえて利用することで、より実践的な使い方を学ぶことができます。今回は、新しいデザインテクニックをつかった、Photoshopチュートリアル、作り方をまとめています。

 

 

 

詳細は以下から。

 

 

 

デザインの腕が上がる!すごいPhotoshopチュートリアルまとめ

 

シマウマのシマシマ模様を、雨で流すユニークなエフェクト

シマウマとは別に、白い馬の写真を用意、合成し、フィルターギャラリーより「アーティスティック」>「ラップ」エフェクトを活用することで、ペンキが垂れている様子を表現します。

final-3

 

 

 

電球のなかに、ウインドサーフィンをする人びとを描く方法

別々に用意した写真をレイヤーマスク機能を用いて切り取り、自由でクリエイティブな空間を演出できるチュートリアル。

final-1

 

 

 

金魚鉢をつかった、ユニークな写真合成テクニック

翼を大きく広げて空を舞うカモメに、カラフルな魚たちが泳ぐ、日常生活で見かけるアイテムを、面白く仕上げます。

fishbowl10Final1

 

 

 

申年モチーフ、毛皮でフサフサの文字テキストエフェクトを完成させる方法

アクション素材を利用することで、見た目以上に楽にデザインできる、実践的なテクニックを利用するチュートリアル。

chinese-monkey-year-text-photoshop-tutorial

 

 

 

画像が乱れた、VHSビデオのような画面をつくり出す方法

雲模様を撮影した写真に、波型エフェクトを加えることで、スクリーンが歪んだようなエフェクトを再現します。

vhs-effect-sm

 

 

 

ガラスが砕け散ったポートレイト・エフェクトの作り方

粉々に飛び散るガラス片をうまく透かすことで、背景の人物モデルをくっきと映し出します。

shatter-glass-effect

 

 

 

CMYKポートレイト・エフェクトの作り方

ポーズがすこしずつ違う3枚の写真に、異なるカラーレイヤーを適用することで、見事な半透明エフェクトを完成させます。

web-5

 

 

 

ピクセルアートのキャラクターをつかった、GIFアニメーションを作成する方法

一コマずつリアルな動きを検討しながらつくる、シンプルでデザインアクセントにもなるテクニック。

00-final-product-final

 

 

 

Photoshopでリアルな虹を描く方法

グラデーションツールを使って短い線を描き、エフェクトより「変形」>「極座標」エフェクトを適用します。丸みのついたレイヤーを変形ツールで歪ませ、ぼかしエフェクトを適用。最後に描画モードを「スクリーン」にし、不透明度を調整して終了。

how-to-make-rainbow

 

 

 

劇的に美しいヘッドセットをデザインする方法

これからますます需要が増えそうな、ヘッドセットをキラリと輝かせるデザインエフェクト。描画モード「覆い焼きリニア(加算)」にすることで、圧倒的なライティングを追加します。

dramatic-headshot-retouching-photoshop-19b

 

 

 

ファンタジー感満点なライティングエフェクトを加える、8個のポイント

レイヤーマスクにソフトブラシでペイントし、クリッピングマスクで光らせたい部分を選択し、描画モード「ソフトライト」で明るさをアップ。

download-1-1

 

 

 

より幻想的なぼかしエフェクトを手軽に加える方法

エフェクトより「ぼかしギャラリー」>「フィールドぼかし」を適用し、色を調整することで、自然なぼかし具合を表現できる小技。

web-2

 

 

 

効果的なレンズフレア・エフェクトの仕上げ方

ブレンドモードをいくつか重ねることで、より自然な光の反射を表現することができます。

lens-flare-photoshop-tutorial-tutvid-header

 

 

 

80年代風メタル・テキストエフェクトの作り方

ネオンピンク色の鮮やかな配色に、メタリック感を表現したクロム文字の組み合わせが素敵。

post-thumbnail

 

 

 

立体的に輝くメタル文字テキストを作成する方法

Photoshopの3Dツールを活用することで、手軽に3Dエフェクトに仕上げることができ、テクスチャ素材をつかった、リアルな質感にこだわったデザインエフェクト。

worst-heroes-ever

 

 

 

ライティングエフェクトを活用したい、美しい多重露光エフェクトのつくりかた

レイヤーマスク機能をうまく利用することで、幻想的な雰囲気を演出します。日本語チュートリアルで詳しく紹介しています。

dream-big-final

 

 

 

写真が透けて見える、透明エフェクトの作り方

透明にしたい部分、この場合はTシャツをペンツールなどお好みのツールで選択し、レイヤーマスクを適用する、基本的で応用の効くテクニック。

transparency-photoshop-effect

 

 

 

 

写真を部分的に白黒にする、カラースプラッシュ・エフェクト

雑誌やテレビなどでもよくりようされる技法を、動画で詳しく解説したチュートリアル。

3321212

 

 

 

水の流れが止まっているように見せるエフェクト

特別なカメラ撮影テクニックなど不要で、Photoshopのみでシルク・エフェクトを作成します。

silk-effect-photoshop

 

 

 

自由に雨を降らせるデザインエフェクトの作りかた

ノイズエフェクトにぼかしを加えることで、どんな写真でも超リアルな雨模様に仕上げます。

final-results-2

 

 

 

感動的なポートレイト写真に加工する方法

日光の当たり方などを個別パート毎に考えることで、よりダイナミックなエフェクトに仕上げるれタッチ術。

preview

 

 

 

映画のワンシーンのような、写真加工エフェクトの作り方

色相と彩度をカラー別に調整することで、より好みの色味をつかったエフェクトを、手軽に手に入れることができます。

final-results

 

 

 

水彩ペイントをよりリアルな写真風に仕上げる小技テクニック

ブラシツールでペイントしたレイヤーに、2つの異なる描画モードを適用し、不透明度を調整することで、よりリアルな質感を表現できます。

final-5

 

 

 

実際の人物をモデルにした、かわいいキャラクターの描き方

より本格的なデジタル・ペインティングを学びたいときに参考にしたい、動画で解説するチュートリアル。

2155_tid_main

 

 

 

雪が降り積もる山小屋の美しい風景をデザインする方法

あらかじめ用意しておいた複数の写真をうまく合成し、カスタムブラシを利用した、キラキラ感を演出するボケー加工がポイント。

winter-final

 

 

 

ラグナロクを表現するミステリアス・エフェクト

世界の終わりのような壮大でインパクトのある雰囲気を演出する、本格的なデザインチュートリアル。

final-results-1

 

 

 

ゴールドに輝くメタル文字テキストエフェクトの作り方

レイヤースタイルを順番に適用するだけで完成する、初心者のひとにもオススメしたいチュートリアル。

Bright-Metal-Text-Effect-QT---600

 

 

 

グリッター感を活かした、キラキラ文字テキストエフェクトの作り方

テクスチャ素材を利用することで、どんな文字でも光沢感のあるラメ風に仕上げることができます。

final

 

 

サムネイル@ : Dream Big Abstract Portrait Tutorial – PSDBox