Advertisement

 

 

最近のグラフィックデザインやWebデザインでよく見かけるデザインテクニックのひとつに、キラキラと輝くライティングエフェクトを利用したデザインがあります。

何気なく撮影した写真の被写体にまぶしいほどの光を加えることで、インパクトのあるデザインに仕上げることができます。

 

海外デザインブログSlovideで、効果的にライティングエフェクトを利用したPhotoshopチュートリアルを15個まとめたエントリー「15 Photoshop Lighting Effects Tutorials」が公開されていたので、今回はご紹介します。

英語のみのチュートリアルとなりますが、後半ではライティングエフェクトを利用した日本語チュートリアルを同時にまとめていますので参考にしてみてはいかがでしょう。

 

 

詳細は以下から。

 

 

ライティングエフェクトを利用したPhotoshopチュートリアルまとめ

 

キラキラに輝くロゴデザインを作成する方法

ライティングエフェクトを表現するときによく利用される「照明効果」、「逆行」フィルタを利用したチュートリアル。

輝かせたい部分をブラシで塗りつぶすなどお手軽だけどマストな内容。

 

 

プロが撮影したような夜景写真をデザインする方法

レイヤーを重ねて利用することで、照明が当たっている部分のみ輝かせることができるチュートリアル。

 

 

複数のイメージ画像を重ねてライティングエフェクトをデザインする方法

あらかじめ用意しておいたテクスチャ素材を重ねることで、神秘的な色使いを表現したチュートリアル。

ポイントはテクスチャ素材を重ねるときに描画モードを「スクリーン」としましょう、こうすることで背景を透明にすることが可能。

 

 

何気ない写真にライティングエフェクトを追加する方法

「ブラシ」ツールをうまく設定することで自然な照明効果をデザインするチュートリアルで、ブラシツールは作成せずにダウンロードしてもよいかもしれません。

 

 

幻想的な光を利用したビンテージ風写真を完成させる方法

アルファチャンネルを利用したユニークなライティングエフェクト用Photoshopチュートリアル。

以前ご紹介したトイカメラ風写真加工エフェクトを使うことで似たデザインを再現できます。

 

 

木漏れ日を効果的に表現する方法

樹木の隙間から差し込む光をデザインするチュートリアルで、アルファチャンネルを利用することで光部分のみにエフェクトを加えることが可能。

 

 

人物の周りをキラキラに輝かせる方法

バラエティに富んださまざまなライティングエフェクトを利用してデザインされたチュートリアルで、ブラシツールでペイントしたレイヤーを「覆い焼きカラー」とすることで、キラキラ感をアップできます。

 

 

ライトを使って描かれたタイポグラフィーをデザインする方法

レイヤースタイルを適用することで暗闇に光るタイポグラフィーを完成させることができるチュートリアル。

 

 

人から光が爆発しているようなエフェクトをデザインする方法

多少のデッサン力が必要となりますが、「楕円形ツール」を使ったユニークなテクニックで完成させるチュートリアル。

同様のテクニックを利用することでお好みの写真画像にエフェクトを適用することができます。

 

 

写真にアブストラクトなライティングエフェクトを加える方法

パターン素材やイメージ画像を重ねることで、オリジナルのポートレイト写真をデザインする方法が紹介されています。

レイヤーマスクを利用したライティングエフェクトはよく見かけるテクニックのひとつかもしれません。

 

 

キラキラ感たっぷりのポスターデザインを作成する方法

ブラシツールを利用して描いたパーツにいろいろな描画モードを組み合わせることで表現したライティングエフェクトチュートリアルのひとつ。

 

 

神秘的な光を放つデザインポスターを作成する方法

用意しておいたテクスチャ素材の一部分を利用、加工を加えることでまったく新しいデザインに生まれ変わります。

こちらも描画モード「覆い焼きカラー」、「カラー」をうまく利用することで輝きを表現しています。

 

 

ボケ(英: Bokeh)デザインを利用したアブストラクトデザインチュートリアル

このチュートリアルではオーバーレイエフェクトの適切な設定方法や複数の写真の上手な重ね方、描画モードの設定方法などのテクニックを学ぶことができます。

 

 

ライティングエフェクトを利用した日本語チュートリアル

 

個人的にライティングエフェクトが大好物ということもあり、これまでにもいくつかのライティングエフェクトに関するチュートリアルを公開しています。

「英語でのチュートリアルはちょっと、、。」という方も全て日本語での解説となっていますので、参考にしていただくと良いかもしれません。

 

フォトショップで夕日に輝く幻想的なライティング効果を作る方法

ブラシツールを利用し、レイヤースタイルを利用することでライティングエフェクトを表現しています。

 

 

フォトショップでつくるキラキラに輝く人物の作り方

あまり利用する機会の少ない「ファイバー」エフェクトを利用したチュートリアルのひとつ。

 

 

10分でつくるフォトショップの幻想的な光のラインの作り方

ほんの数ステップのみでライティングエフェクトを完成させることができるお手軽チュートリアル。

 

 

フォトショップでキラキラに輝くレトロな飾り文字を作る方法

レトロな色使いで表現された飾りをあしらったタイポグラフィーをデザインしたチュートリアル。

 

 

フォトショップでキラキラに輝く背景画像を作る方法

Webデザインなどでもよく利用されているボケ(英: Bokeh)デザインを1から完成させるチュートリアル。

 

[参照元 : 15 Photoshop Lighting Effects Tutorials – Slodive]