Advertisement

30icontutorial_top

 

デザインの手順を解説したチュートリアルは、最新のトレンドやエフェクトなどをチェックするのに適したコンテンツです。特にステップごとに解説されているので、必要なデザインテクニックを個別に応用することもできます。

 

 

海外デザインブログGraphicDesignJunction.comで、高品質でクリエイティブなアイコンデザインを制作する、最新デザインチュートリアル30個をまとめたエントリー「30 Best Icon Design Tutorials」が公開されていたので、今回はご紹介します。

 

 

チュートリアルと一緒に、無料ダウンロードできるサンプルファイルが、公開されている場合もありますので、活用してみてはいかがでしょう。

 

 

 

詳細は以下から。

 

 

 

デザインスキルをあげる、アイコン制作用チュートリアルまとめ

 

メタリックに輝く南京錠をデザインする方法

パーツごとに分けてデザインを進め、異なるグラデーションを組み合わせ、本物そっくりの輝きを再現します。

icon-design-tutorials-2

 

 

 

立体的なTwitterツールチップアイコンの作り方

長方形ツールを組み合わせた、吹き出しデザインに、グラデーションを使って、立体感たっぷりにペイントしていきます。

icon-design-tutorials-14

 

 

 

ノート型アプリアイコンをデザインする方法

レイヤースタイルを適用する簡単デザイン設定で、テクスチャ素材がうまく紙の質感を表現しています。

icon-design-tutorials-6

 

 

 

カーボンファイバー製のメタリックアイコンをデザインする方法

立体感たっぷりにデザインされた、アプリ用アイコンデザインを作成します。グラデーションを使った、3Dペイントテクニックは参考にどうぞ。

preview

 

 

 

レコードプレイヤー型アイコンデザインの作り方

レコードの溝や輝きなど、どこまでも本物を追求した、デザイン制作の進め方をご紹介。

icon-design-tutorials-23

 

 

 

カメラレンズをデザインするチュートリアル

光の反射をグラデーションツールで描いた、本物に忠実なデザインテクニックが紹介されています。

icon-design-tutorials-8

 

 

 

モダンで光沢感のある、マウスをデザインする方法

ツルツルとした光沢感は、部分的にペンツールで囲み、描画モード「乗算」で重ねて作成しています。

icon-design-tutorials-12

 

 

 

ディテールにこだわった、カメラ型アイコンをデザインする方法

ボタンやレザーの質感、レンズへの光の反射など、細部にこだわりを感じる、高品質アイコンデザインチュートリアル。

icon-design-tutorials-20

 

 

 

真っ白なヘッドフォンを作成する方法

パーツごとに分けて制作し、それぞれテクスチャ素材を組み合わせることで、本物そっくりの質感を再現するPhotoshopチュートリアル。

icon-design-tutorials-5

 

 

 

スケッチ風天気アイコンをデザインする方法

紙のリアル感を演出するために、グラデーションを使い、影を再現します。またペンツールの基本的使い方で、クリップを描きます。

icon-design-tutorials-4

 

 

 

モバイルアプリ用アイコンデザインを作成する方法

当ブログでも何度か紹介している、リアルアイコンデザインの作り方が、詳しく解説されたチュートリアル。

icon-design-tutorials-28

 

 

 

透明感のあるゴミ箱アイコンをデザインする方法

Illustratorの便利ツールのひとつ、3Dツールを利用することで、立体デザインを作成します。ここでもグラデーションメッシュが大活躍です。

icon-design-tutorials-18

 

 

 

黄金コンパスを作成する方法

タイトルのままとなりますが、個人的にガラスへの光の映り込みを、再現するテクニックを参考としてメモ。

icon-design-tutorials-21

 

 

 

ペンツールアイコンを作成する方法

Photoshopで見かけるペンツールを、より立体的にデザインするチュートリアルで、メタリック感は、グラデーションレイヤーを設定しています。

icon-design-tutorials-25

 

 

 

レザーの質感にこだわる、ブリーフケースの作り方

テクスチャ素材を重ねることで、独特の質感を表現し、他にも応用が利きそうなテクニックです。

icon-design-tutorials-30

 

 

 

マイクロチップを作成する方法

ピクセル単位で作成された、デザインパーツを組み合わせ、立体的なマイクロチップを完成させます。

icon-design-tutorials-1

 

 

 

ビデオレコーダー型アイコンデザインを作成する方法

本物そっくりに再現された、そのデザインの多くは、レイヤースタイルを個別に設定することで、立体感をつくりあげています。

icon-design-tutorials-22

 

 

 

デジタル置き時計の作り方

レイヤースタイルのみを利用する、簡単テクニックのひとつで、フォントカラーを変更することで、印象も変わります。

icon-design-tutorials-29

 

 

参照元リンク : 30 Best Icon Design Tutorials – GraphicDesignJunction.com