Photoshopロゴ

フォトショップ初心者が確認したい
使い方・基本設定まとめ

デザインをはじめようとするとき、こうしたいというアイデアがたくさんあるかもしれません。問題は、Photoshopの使い方が分からないことで、望んでいるデザインを実現するために、細かい使い方を覚えるのに何時間も費やすことになってしまいます。簡単そうに見えて時間がかかることも多く、イライラしてしまうかもしれません。

Photoshopをうまく理解するために、ここでは基本となる機能や使い方をまとめてご紹介します。これらのポイントを押さえておくことで、よりスムーズなPhotoshopによるデザイン制作を行うことができるようになります。

Photoshop
For Life
“The Ultimate Guide to
Cutting Stuff Out in Photoshop”

覚えておきたいフォトショップの基本機能

マークは、切り抜きの詳細レベルを表しており、多いほどより細かい部分まで対応できます。

※ 左上のナビメニューより各ツールの詳細へ移動することもできます。

基本その1 画像の開き方

画像を開く

Photoshopで画像を開くには、メインメニューより「ファイル」>「開く」を選択し、画像を保存しているフォルダからお好みの画像を選択しましょう。

ショートカットを利用するときは、Ctrl / Command + Oでファイル選択用ポップアップが表示されます。

基本その2 レイヤーを知ろう。

レイヤー構造

レイヤー機能を利用すれば、よりクリエイティブな表現が可能となります。ファイルは、複数のレイヤーから構成されており、各レイヤーごとがアートワークの一部となっています。透明のフィルムに、一枚ずつパーツが配置されていると考えると分かりやすいかもしれません。

レイヤー選択設定

各レイヤーをクリックで自由に移動できるように、「レイヤーの選択」をしておきましょう。ツールバーより「クイック選択ツールmaginifier glass tool」(ショートカット: V)を選択し、オプションバーの「自動選択」にチェックを入れ、「レイヤー」に設定して置きましょう。これで、「移動ツール」を利用して各レイヤーを移動できるようになりました。

基本その3 ズーム機能の使い方

ズームツール

細部まで作り込まれたグラフィックやイラストを編集するときに、ピクセル単位で細かく調整するために、ズーム機能が必要になるかもしれません。

さまざまな方法がありますが、基本的な方法として、ツールバーより「クイック選択ツールmaginifier glass tool」(ショートカット: Z)を選び、ズームしたい個所を選択しましょう。

Photoshopズームツールの使い方その2

特定のエリアを拡大したいときに便利なショートカット Space + Ctrl / Command + クリック/ドラッグ。左右にドラッグすることでズームイン/アウトできるので、細かい作業では拡大し、編集語はズームアウトで全体のデザインを瞬時に確認することができます。

バードアイビューを活用する

通称バードアイビュー。カンバスをズームアップして作業をしているときなど、瞬時に別の箇所やパーツに移動したいときがあります。そんなときは、Hを押しながらクリックすることで、全体表示するだけでなく、カーソルを移動させた場所をピンポイントズームアップしてくれます。

Pic 使いやすいズーム機能を利用しよう。

ズームイン / アウトは、さまざまな方法で実現できる機能のひとつ。元のサイズに戻したいときは、Ctrl / Command + 0でスクリーンサイズ全体に、Ctrl / Command + 1で等倍サイズに戻すことができます。

基本その4 手軽に複製コピー

どんなレイヤーも瞬時に複製コピーする。

複製したいレイヤーを選択したら、Alt/Optionを押しながらドラッグすることで、簡単にレイヤーをコピーすることができます。また、まとめて複数のレイヤーを複製することもできるので、覚えておきたい作業スピード時短テクニックのひとつです。

基本その5 ワークスペースのカスタマイズ

ワークスペース

Photoshopでは、異なるデザインの目的に応じて、ウィンドウの配置を変更し、自分だけのワークスペースを作成することができます。

メインメニューより「ウィンドウ」>「ワークスペース」を選択し、お好みのワークスペースのスタイルを決めることができます。カスタマイズしたワークスペースは保存しておくことで、いつでも作業環境を復元することも可能です。

ワークスペースのカスタマイズ

より使いやすい作業環境を整えるために、Photoshopにはたくさんの拡張機能が公開されています。用途に応じてパネルを追加、拡張することもできます。

あらゆるデザイン制作の現場で使われているPhotoshop。標準では装備されていない、かゆい所に手が届く便利な拡張機能、プラグインを使用して、作業効率をアップしてみてはいかがでしょう。
どんなデザイン制作にも対応してくれるPhotoshopは、プラグインや拡張機能をインストールすることでより快適な制作環境を整えることができます。

基本その6 環境設定を整えよう。

環境設定を整える

よりPhotoshopを使いやすくするために、いくつかの設定をあらかじめしておくと便利です。メインメニューより「Photoshop」>「環境設定」(Windowsでは「編集」>「環境設定」)より各種設定を行うことができます。

環境設定その2

ウェブデザインでは基本的にpxでサイズを表すことが多いので「環境設定」より「単位・定規...」を選択し、「定規」と「文字」の単位を「px」に変更すれば完了です。

環境設定

画像または要素を正確に配置したり、整列させたいときはガイド機能を活用しましょう。特に設定は必要ありませんが、使いやすい環境にしておくことで、作業をより効率することができます。

「環境設定」>「ガイド・グリッド・スライス」を選択し、「グリッド線」と「分割数」を10に設定しましょう。

環境設定

こうしておくことで、要素を並べやすくなりました。グリッド線はCommand + @で表示・非表示の切り替えが可能です。

基本その7 配色について

色域指定

Photoshopでは、手軽に配色を設定することができ、RBGやCMYK、Pantoneなど複数のスタイルに対応できます。

また、描画色と背景色を設定したり、よく利用する色をスウォッチとして保存することもできます。ツールバーの描画色パレットをクリックすることで、カラーピッカー機能をいつでも呼び出すことができます。

基本その8 ブラシを活用しよう。

ブラシ機能

Photoshopのブラシツールは、よりリアルに魅せ、質感を追加することができる素晴らしい機能です。ブラシには、水彩ペイント風からスプレー、墨絵などさまざまな種類が揃います。ツールボックスより「ブラシツールブラシツール」を選択するか、F5でブラシパネルを表示できます。

あらかじめ収録されているブラシに飽きてしまったり、新しいブラシを自分で作成するのは面倒、不要で無駄なブラシはインストールしたくない。そんな人におすすめしたい無料ダウンロードできる高品質な Photoshop ブラシ素材をまとめてご紹介します。
デザイナーがより幅広いアイデアを表現したいとき、もっとよく利用されるツールのひとつがブラシ素材です。今回ご紹介する、新作Photoshoブラシ素材を利用することで、今どきのデザインテクニックやグラフィック・トレンドを、手軽に実現することができます。

基本その9 文字テキストを利用しよう。

クリッピングマスク

文字テキスト機能を利用すれば、プロジェクトで使用されているフォントを簡単に変更できます。ツールボックスより「横書き文字ツール横書き文字ツール」を選択、またはTで文字パネルを表示することができます。

当サイトでこれまで紹介したフリーフォントより、目的やテーマ別に揃えたこの素材集を利用すれば、デザインの幅をグッと広げてくれるでしょう。
2016年に公開された素材の中から、商用利用可能で無料ダウンロードできるフリーフォントのみを、カテゴリ毎に分けてまとめています。ますます増えているフリーフォントの中から、お好みのアイテムをデザインコレクションに追加してみてはいかがでしょう。

テクニック10 フィルター機能

フィルタ機能

Photoshopには、アートワークやデザインに追加できるビジュアルエフェクト用プリセットが多数が用意されています。よく利用するものとして、「ぼかし」や「シャープ」などがあります。メインメニューより「フィルター」を選択することで、各種フィルターを適用することができます。

サイトでこれまでに投稿したエントリーから、Photoshopの基本操作から各ツールの実践的な使い方やテクニックまで、入門者必修の機能を中心にまとめています。これからフォトショップをはじめる人が目を通しておきたいエントリーとなっています。
Photoshopでのデザイン制作をより快適にするコツやショートカットをまとめています。スムーズな作業を実現する、ちょっとうれしいポイントから、大幅に作業時間を短縮する時短テクニックまで幅広く揃っています。
Photoshopの各種ツールを駆使した切り抜きテクニックと、いつその技を使うのがベストなのか、各サンプルと一緒にまとめてご紹介します。これらの方法を実践することで、どんなデザインでも手軽に、そしてスピーディーに切り抜き作業を行うことができるようになります。
SPREAD THE LOVE
photoshopツールボックス